MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2018年06月15日

ライバル会社として

石橋会長は現在ゼネコンを抜き全国1位になられ、大変バイタリティーのある会社で、大企業病にならないのは創業者石橋さんの対応がよかったと思います。石橋さんがなくなられた後、会社の持ち株は2%、極めて少ない数字であります。98%の協力者でできていることは今になって大飛躍の原動力なっていると思います。積水の田辺社長は積水化学の社長になる予定がなれず、定年後積水ハウスを創業され積水化学より大きな会社になられそのバイタリティーにはただただ尊敬する思いであります。お二人ともライバルというより心からの友人でありました。私のことを同じように思っていただいたと思います。


2018年06月14日

理想都

リゾートの平田社長、理想都に挑戦中であります。国内10箇所、海外2箇所が完成しました。サンフランシスコにおいては街づくりを行い、理想都を築くことができましたが、日本では実現できなかったのは残念であります。吉田社長、花杉社長は辛労なされ、残念なことになりました。今でも手を合わせています。


2018年06月13日

販売伸ばす

販売を伸ばすために全国へ販売施工会社を完成させ、上場会社が出来上がっていきました。北海道の和田社長、東北ミサワの千葉社長、斉野支店長、東京ミサワの佐藤社長、坂本社長、中京ミサワの斗光さん、北陸の林社長、山陰の金沢社長、広島の加藤社長、正野社長、土居社長、セラミックの石橋社長が成果を上げてもらいました。


2018年06月12日

ご指導いただいた方々

ご指導いただきました方は沢山おります。特に牧野次官、森次官、亡くなられた北畠理事、前田理事には長いことお世話になりました。千葉大学服部先生がおられなかったらミサワホームは生まれませんでした。


天才デザイナーとの遭遇

住宅のデザイナーについては持って生まれた才能と多くの実績を持ってごく一部の人が仕事ができるようになります。ミサワホームには1000人の設計者がおりました。その中で間違いなく仕事ができるのは17名おりました。その中で教えることもできる人財として、 川本、上村、里村、3名の有能な人がいたことがミサワにとっての財産です。


2018年06月11日

街づくりの試み江島、塩地をご紹介します

宅地造成に取り組むと所謂反社といわれる方が活躍している分野です。江島は自分の意思で属されることなく事業を推進していただきました。不動産取引では稀に見る逸材でありました。幸いいくつかの街づくりを作り上げました。石油ショックで値下がりしなかった優れた案件を作ることができました。土地神話の実践者です。


2018年06月08日

技術革新

国があげて工業化住宅の技術革新を行うということでハウス55計画が実行されました。
国の予算をいくら計上してもいいので、住宅のコストダウンはできないかという意欲的なもので昭和55年までに達成するというものでした。ミサワホームで考えたことはたくさんの材料を使うから高くなる。建築材料は強度があり、不燃材、断熱材、防水材、仕上げ材として美しいということで5種類の材料を取り寄せることになりますが、ミサワホームでは一括してその性能を持った多機能素材の開発に取り組みました。このようなものは経験者ではできないということで異業種から人材を招きました。自動車会社より花田氏、岩田氏  が、化学の会社より中野氏が入りました。福澤、小沢、石橋社長という人財が加わり、100点満点ではありませんでしたが、80点程度の目標を達成することができました。世界に例のないコストダウンでありました。夢の建材のスタートです。M&Aで多機能素材を完成するため上場会社鈴木鉄工、ハマノ工業、豊和産業、東洋防水布、エタニットパイプを買収し、技術を生かし工場を完成しました。


三澤ブログを検索:
アーカイブ