MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 資産価値が上がる住まいづくり8か条 | メイン | 谷、川のつく地名はこわい »

01

地盤を知る

バブル崩壊後しばらくして、地盤沈下で家が傾くなどのトラブルが続出しました。バブル時に盛んに行われた土地の売買は、住む目的というより投機の対象だったことも多く、地盤の善し悪しが問題にされることもありませんでした。また、土地が不足していたために、住宅建設が不可能な土地は切土・盛土などで造成し販売されたのですが、しっかりした造成がされないままに住宅が建設される例も多かったのです。

住宅が建てられない丘陵地帯を宅地にするには、斜面を削るか(切土)、土を盛って(盛土)ひな段状の宅地をつくります。こうして造成した地盤には、本来はすぐに住宅を建設するわけにはいかず、安定するまで待たなければならないのですが、業者は早く売りたいわけで、安定しない地盤の上に住宅を建ててしまい、沈下した例も少なくないのです。沼や池を埋め立てて宅地造成した場合にも、同様の危険性がさらに大きくなります。地盤は住宅を安全に支える大切な役割を担っていて、大型の集合住宅などは、重量が重いこともあり事前に地盤調査はしっかりなされ、建築確認申請の際には調査報告書を添えるなど審査も厳しい。しかし、個人の住宅となると、地盤を厳しくチェックするケースは意外に少ないのです。もっとユーザー一人ひとりが、地盤について知らなければいけないのです。

地盤の善し悪しは自分である程度は察知できます。その土地がどういう位置にあるのか。坂道を降りきったところで、周囲の家の壁や塀に亀裂が見つけられたら要注意です。また、以前に行った地盤調査の報告書、地図や地形図、造成計画図を参照することも大事なことです。そして、要注意箇所、不安材料があれば専門家に依頼しての地盤調査をおすすめします。

今まで、あまり関心をもたずにきた地盤に目を向けることが大切です。土地にも性能があるということであり、その評価がこれから厳しく問われることになると思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ