MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 住宅の言葉 | メイン | 風呂敷 »

01

内型余暇は日本の伝統文化

経済的に余裕ができ、時間にも余裕が生まれると、いかに有効に余暇を過ごすかという問題が浮上してきます。余暇の過ごし方には種々あります。余暇には、内型レジャーと外型レジャーの二通りがあると思います。

外型とは、文字通りアウトドア、主に体を使います。海や山など自然の中、または街中など、外に出て行う遊びやスポーツです。文化の少ない米国流です。内型とはインドア、屋内で頭脳を使うものが多いのです。囲碁、将棋、麻雀や俳句、短歌づくり、華道、茶道、書道、絵画などが挙げられます。日本にはいろいろな文化があります。ヨーロッパも古い歴史とともに文化を持つ国が多いのです。

現在では余暇というと、外型をイメージするのが一般的です。しかし、豊かな生活における余暇とは、刹那的に高価なレジャーを外に求めるのではなく、自分にあった自由な時間をゆっくりと家の中で過ごすことの方が、むしろ本格的で豊かな生活における過ごし方だと思います。

最近、ホームパーティを開いたり、同じ趣味をもつ近所の人たちが一軒の家に集まり趣味に興じたり作品を披露しあうなど、余暇の舞台を家に求める人たちが少なくありません。また、家には家族それぞれ落ち着ける空間というものがあります。父親は専用のデスクの置かれた廊下の突き当たり、母親は対面キッチンのカウンター、祖母は南に向いた和室の堀コタツ、子どもはリビングの床の上などなど、それぞれの大事な居場所です。家の中にあって、そこはふっと自分を取り戻す空間、癒される空間なのかもしれません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ