MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 育児相談付き住宅 | メイン | 音声応答住宅 »

01

変わる学習スタイル

子育て支援の1つとして教育ソフトも確実に組み込まれていくことでしょう。すでに学習塾などがこの動きを加速させていますが、インターネット時代は子どもの学習スタイルも間違いなく多様化していくということです。

昔、私たちの時代の英語の参考書といえば赤尾の「豆単」。この名前を懐かしいと感じる方も多いでしょう。読んで暗記したらそのページを破いて食べてしまった、などという豪傑もいました。

しかし今は、本で学習するだけでなく、テレビやパソコンの映像も駆使して学習する時代です。子どもや若者の活字離れが取り沙汰されて久しく、それはそれで確かに問題には違いないのですが、赤ん坊のときから映像に親しんできた若者や子どもにとっては、学習の参考書も映像の方がすんなり入れて馴染みやすく、映像を通しての学習の方が、より効率よく進むケースも多いのです。活字よりも白黒画像は100倍、カラー画像は400倍の理解度を促す効果があるといわれるほどです。

とくに、幼児や小学校低学年のときはテレビで勉強する、こんなオープンな勉強法だっていいと思います。疑問や不明点をその場にいる父親や兄や姉に聞いたり、母親も一緒に勉強してもいいではないですか。テレビ画面を見ながらだと、はるかに人に聞きやすく、教える方も楽です。本を使うとどうしても1人の世界に閉じこもりがちになりますが、映像を使えば今までと違った形で学習できます。もちろん、中学、高校と大きくなっていけば、これはもう子ども部屋で1人でテレビやパソコンに向かい集中して学ぶことが必要でしょう。

映像による学習が、学ぶスタイルの幅を広げていくことは間違いありません。インターネットで教科ごとに家庭教師を選べたり、セカンドスクールとして、趣味やエンターテイメントなどの学校に入学したり、さらには一流大学の生涯教育に家に居ながらにして入学することも出来るようになるでしょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ