MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 山本幸男という男 | メイン | 住宅産業はクレーム産業ではない »

01

ハウスでなくホーム、そしてHABITAへ

「ハウスではなくホーム」これは山本が言った言葉です。勉強をしていなかったせいか、「ホームズ」とすべきところを「ホーム」と言ってしまった。でも、山本が「ホーム」という言葉を持ってきて、ミサワホームが世に出て以来、三井ホーム、パナホーム、住友ホームなど、世の中「ホーム」だらけになっています。

ハウスは「物」でありハードウエアですが、ホームは「家庭」、つまりソフトです。私たちが提供しようとしたのは、ホームでした。そして今、住まいづくりには、街づくり、資産形成という要素が大切になっています。それで今回私が皆さんにお誘いしている住宅事業は「ハビテーション」という言葉を基に「HABITA」と名付けています。子どもたちのために日本の住文化を継承し、長く住み継いでいける資産価値のある住まいづくりを目指します。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ