MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 1人から上場へ28 | メイン | 1人から上場へ30 »

01

1人から上場へ29

4年目
1 4年度目標

4年目になり社員が70名程になると、社長の目が行き届かなくなります。
そこで事業所を2ヶ所に分け、それぞれに店長をおいてください。
店長とは社長の代行者です。
前年に設立したディベロッパー事業部と合わせて、3事業部で営業推進することになります。
また3年間のアフターサービス・メンテナンスの実績を活かし、将来のリフォーム事業につなげていきたいと思います。新しい組織の新設が必要です。


2 提案制度
4年目になると社内全体の空気が停滞気味になります。3年間突っ走ってきた疲れが出てきたせいもありますが、業務がマンネリ化してきたせいでもあります。

社員によい仕事をしてもらうために、仕事のあり方について社員提案制度を設けたらいかがでしょう。つまり社員の知恵を借りて会社を運営していくわけです。
3年目まで社長のワンマン体制でよかったのですが、4年目ともなるとそうはいかなくなります。社員全員の力で自走できる体制に入る頃です。


3 1/4入金の徹底
支払いが滞りがちな過小の契約金が増えていませんか。
正しいルールを再度確認してください。
契約時1/4、着工時に1/4、上棟時に1/4、引渡し時に1/4入金に徹底してもらいましょう。
お客様に手持ち資金がない場合、金融機関から代理受領を実行して頂きたいと思います。
4年目は事業所を増やすため、資金が必要になります。1/4入金制度を徹底し、資金繰りを良好にしておかなければなりません。借入を起こすことなく、新たな事業所をつくることが望ましいのです。


<1人から上場へバックナンバー>・・・最新の3話です

28 間違ったらすぐに謝る
27 ディベロッパー事業部新設
26 信用が上がる

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ