MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 1人から上場へ32 | メイン | 1人から上場へ34 »

01

1人から上場へ33

4年目
12 なにかあるでしょう

昭和55年、豊田自動車の社長豊田章一郎さんに呼ばれました。
トヨタホーム開発の初期、丹下健三氏や黒川紀章氏など著名な方を呼んで意見を聞かれていました。私も呼ばれ豊田社長が自ら運転して工場内のモデルハウスを見せて頂きました。
最後に「何かあるでしょう」と大企業の社長が私に謙虚に意見を求めたのです。
私は「床が鉄板でできていますが、日本人は木の柔らかい床に慣れているので、木の床の方が良い」と言ったところ「さすが専門家だ」とおっしゃっていました。
また、「トヨタホームのロゴが傾いているが、家が傾いているのはおかしい」とも言ったところ、翌月からロゴが変わりました。この対応の早さには驚きました。

後日豊田章一郎さんがアポイントなしでひょっこりと私を訪ねて来られました。
私はビックリして何事かと思っていると、先日のお礼と「三澤さんはトヨタの車を使っていない。日産車ばかりだ。うちの車を使ってくれ」と言われて再度ビックリしました。
大企業の社長が一台ずつ自社商品をセールスしている姿を目の当たりにし、後日行われた全国ディーラー会議で、ディーラーの社長にこの話をし、叱責したのを覚えています。
人の話を積極的に聞く姿勢、自社商品を自ら売る姿勢に多くを学ばせて頂きました。


<1人から上場へバックナンバー>・・・最新の3話です
32 なまずとカマス
31 株式上場要員採用
30 入金払いに徹底

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ