MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 2代目から地域NO.1へ7 | メイン | 2代目から地域NO.1へ9 »

01

2代目から地域NO.1へ8

2年目

3 社長は一番働く

社長は誰よりもたくさん仕事をしていることでしょう。それは仕方のないことです。
ただし、忙しいのは今のうちだけだと思いきや、上場会社になっても社長がやらなければならない仕事はたくさんあります。

私がミサワホームの社長時代は、「社長というのはゴミ箱みたいだ」と思ったことがあります。社内で誰もやらない仕事をやらなければならないのが社長です。
一言で言うと、社長は「後片付け」をさせられます。社員の仕事の後始末をするのも社長の仕事です。なんとも割に合わない仕事です。

社長は社員に働く後ろ姿を見せなければなりません。ですから朝一番早く会社に来て、一番遅く帰ることになります。                    


4 センスの良さを身につける

建築、住宅はどんなに頑丈なものを造ろうと、美しくなければ意味がありません。

美しくないものは捨てられてしまいます。美しいものは人々から大切にされます。
HABITAでは耐久性と美しさを兼ね備えた住宅を造っていきたいと思います。
そのために普段から美しいものに目を向けてください。

センスは美しいものを見ていると、自然と向上するものです。
美しいものとは華道や茶道などの日本伝統や、ファッション、自動車など色々あります。
ここだけの話ですが、提携企業さんにお邪魔して、あまりのセンスにショックを受けることが多くあります。
経営を良くするには、自らセンスを磨かなければならないと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ