MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« HABITA提携希望の皆様へ 3
デザイン力
| メイン | HABITA提携希望の皆様へ 5
国産材の活用へ、地産地消へ »

01

HABITA提携希望の皆様へ 4
経営が成り立つ条件

住宅事業には、設計積算、販売、建設、アフターサービスの4つの柱がある。それぞれ10%の経費を計上し、合計40%の経費が必要である。お客様はそんなに認めていただけない、ではお客様を満足させるためにどうするか。ブログでは、全てを話ができないのが残念です。

事業の柱 1 設計積算

1.HABITAは、標準設計が決められているのでお使いください。

1.標準建設費が決められているのでお使いください。

1.1年に1度、全国最安値単価を出しますので、参考にしてください。

1.HABITAは、「世界からよいものを」をテーマに、海外の技術、海外のデザイン、部材を取り入れています。

1. HABITAは、理想的な設計をモデルとしており、現在6タイプの設計積算しているので、お客さん、提携企業さんの負担がない。

1.新技術は、2050年まで読み込み、テーマが決まっている。
ホームコントローラー、エネルギー、バイオテクノロジー、生命工学等。
2050%E5%B9%B4%E7%9A%84%E7%90%86%E6%83%B3.jpg
「2050年の住宅ビジョン」中国語版

事業の柱 2 販売

1.提携していただけますと、集客方法がわかる。

1.お客様に信頼される対応方法がわかる。

1.展示場の室礼、対応方法がわかる。

1.営業のクロージング方法がわかる。

1.企画型住宅、融資、土地、スピードがわかる。

1.HABITAでは、営業研修が計画的に行われ、参加できる。

事業の柱 3 建設

1.工事標準仕様書がある。

1.新技術について常に注目し、更新されている。

1.提携企業の初めての施工で、教育が行われる。

事業の柱 4 アフターサービス

1.アフターサービスの内容とメンテナンスの内容を明確に分けていることが大切。
経営の足をひっぱることにならないよう、部材別に年数を決めている。

1.アフターサービスは、供給者の責任として充分なことを行いたい。
内容は明らかにしている。

1.メンテナンスは、しっかりやり、今後、利益を生む仕事として育てていきたい。
リフォーム事業として、200年のお付き合いになる。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ