MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« HABITAの技術 6
集成材の接着剤
| メイン | 熊本、HABITAタカスギ 見学開催 »

01

HABITAの技術 7
コンビナート構想

林業は、歴史的に技術がすすむにつれて、山からの搬出、製材業、乾燥方法、防腐加工等、新しい技術として集成材、プレカット工場が時代とともに進化してきたので、それぞれの技術によって、工場がバラバラにできている。今回、HABITAの提案は、木材コンビナートとして一貫工場にすることにより、物流費を大幅に削減できると考えている。工場到着の原木代の立米8,000円程度が合理化できる。
現在、HABITAの工場で、このようなことができるのは、鹿児島の大隅半島の工場だけで、新潟の長岡で、計画中であります。他には全国にこのようなコンビナートは、みあたりませんので、来年度15か所を計画しています。勿論、JASの認定工場です。

%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%88.jpg

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ