MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« HABITAの技術 12
| メイン | HABITAの技術 14
カラマツ »

01

HABITAの技術 13

桧は、椙より耐久性があって上等だといわれています。それは、杉に比べ生長が遅いので、木の目がつんでいて、腐りにくいといわれています。桧は、桧の特殊な香りがして、桧普請というのは、一つの特色になっています。椙に比べ、値段が高いのが課題です。椙が上等なのか、桧が上等なのか、ということについて、少し述べさせていただきます。関東では、桧が少ないので、資産家が少ない木材を集めて得意満面としたということで、関東では桧が椙より上等ということになりました。関西は、逆に椙が少なく、桧が多いので、少ない椙を集め資産家が自慢しました。関東は桧が上等で、関西は椙が上等となりました。資産家の道楽による位置づけであって、地産地消で使い分けるのが正しいと思います。中部地区では、木曽の桧が普及していて、桧で作るのが常識です。また、適材適所で、土台、柱、梁に使い分けることも正しいと考えます。一般的には、桧の方が、椙より堅い。私自身は、椙の方が親しみやすく、人情味ある木材のように思います自己贔屓かもしれません、最終的には,好みの問題です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ