MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 住宅都市工学研究所が一般財団法人に | メイン | ほれこんだ免震構造 »

01

群馬県中を1日まわる

広い広い土地があった1,000万坪です。東京の山手線の中の半分の広さだという。中央に立って見ると、地平線になって見えます。なぜこの土地が残っているかわからないのですが興味がわいて、興奮しました。
都市ができる、ただ同様の土地です。群馬県には、総理が4人もでているのに、活かせてないのはなぜ…。
では、私は何ができるか、一日中このことを考えてみました、二つの思いが生まれた。
一つは、プライベートジェットが自由に発着できる空港もある、世界最先端の病院をつくる。命にいくらでも金をかけられる、例えばアラブの王様、世界中の資産家をお客様とし、世界で専門分野でNo.1の医者をプライベートジェットでおよぶことにします。世界で一番医療費の高いかわりに、一番高い技術のある病院はどうか。付添家族の高級ホテルがつくことになります。
二つ目は世界の有名校を誘致して、優れた学校をつくる。20年前、千葉の佐倉に、MITを誘致してサイエンスパーク、住宅地、ゴルフ場をつくる計画を、三菱地所さんの土地でやってみました。ゴルフ場と宅地はできましたが、 MITを日本では大学として認めないということで、プロジェクトは中断してしまいました。世界のMITを大学として認めない日本にあきれるばかりです。
群馬県には、お世話になっているHABITA提携企業も増えていますので、事業を推進したい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ