MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« HABITA京都LIVさん、モデル3棟完成 | メイン | 忙しい日でした »

01

企画住宅は、なぜ良いか

HABITA200年住宅の企画住宅を建てたいが、特長がよくわからない。こんな問い合わせにお答えします。
企画住宅は長く使えます。
企画住宅は住宅会社がたくさんの経験からお客様に推薦する企画です。
まず、第一の特色は、住まいが古くなって、売却する場合、お客様の考えで自由に夢をふくらませた家は、価格がつきません。次のお客様は、その家に住めないからです。ごく一般的にいえば、10年住んだ家はゼロ資産となります。それに対して企画住宅は、2-3割引きで売れるでしょう。合理的な考えをする米国では、企画住宅が主流です。家を手放すことは考えないのがお客様の考えですが、一度冷静に考えてみてください。
第二に、企画住宅は理にかなった設計になっています。間取りは子ども部屋が日当たりの良いところにし、次に居間、食堂が日当たり、風通りを良くしています。主寝室は日当たりはいりません。住みやすさを考えた平面計画をしており、ムダな空間がない、専門家が考えた「間」で設計した建物に仕上げています。将来、子どもが大きくなった場合、車が増えた場合、来客が車で訪れた場合を考えている。可変空間を可能にしています。
第三は、構造的に正しく、強度があり。耐久性が200年あります。構造計画をして、構造計算をしています。
価格は材料と手間によって決まるわけですが、ムダな材料、手間のかからない設計、仕上げを取り入れているので、割安感があります。
建物の東西南北が美しい型をしており、家自体の価格を上げていることは勿論、街並み形成に協力して近隣の隣人ともうまくいくように配慮してあります。専門家プロが考えた提案が随所に取り入られております。
同じ建物に住むのは、いやだとお考えの方に、屋根の材料、色、外壁の色、エクステリア、敷地の高低の違いで、同じ家には決して見えません。
第四に、施工のミスがないように、無理のない設計をしております。入居者のクレームが少ない。多くの経験から、研ぎ澄まされた計画、配慮となっています。はじめての設計、はじめての施工は、何か不具合がありがちですが、繰り返してつくられている企画住宅は不具合が少ないはずです。設計料がかからない、積算の手間もかからない、建築費は安くつく施工のはずです。
お客様には標準化と工業化のメリットは多い住まいです。私は友人に、企画住宅をすすめています。流行に流されていないセンスで、時代を先取りしてお役にたつよう努めています。
企画住宅を作り上げるには準備から3年はかかります。開発費に少なくとも1億円はかけております。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ