MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 出版計画、ライフステージの提案 | メイン | 福はうち、鬼はそと »

01

二度目の鹿児島懇談会

今日は、鹿児島に来ています。昨年12月1日に、鹿児島で10社ほど、HABITA提携希望企業と懇談会をして、そのおり、気になる会社さんがありました。木材に詳しく、山での造林から農業も手掛け、製材から集成材、プレカットまでおこない、公共工事まで手広くおこなう、100億円を売上げる会社さんです。私と同年代の社長がおられます。今回、再び出席され、帰りに、鹿児島空港まで送っていただきました。話を聞いたら、ご子息が住宅事業をされている、私の話を聞いて、ぜひHABITAをしたい、というご希望でした。創業時の話になり、自民党の政調会長でした小濱繁先生を尊敬しているとのこと。小濱先生は、満州の領事をされて、終戦後、国会議員ではなかったのですが、当時、いろいろな法案を立案された先生です。私は、駆け出しの30代の頃、小濱先生と赤坂の料亭に行き、芸者さんも中居さんも年上で、「ボーヤ、ボーヤ」と呼ばれ閉口しました。鹿児島の社長も小濱先生と友好関係にあったということで、意気投合し一緒に仕事ができることになりました。私は、12月、1月、全都道府県を一巡して懇談会をおこない、HABITAの事業説明をしましたが、充分な成果が得られなかったので、2月、3月で再び全都道府県で実施する予定です。やはり、1回の事業説明でご理解いただくことは難しいということでしょう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ