MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 二度目の高知懇談会 | メイン | 不況の中で好況、西川材 »

01

フランク・ロイド・ライトとHABITA

日本にオーガニックデザインで、住宅を設計しているグループがあります。建築家フランク・ロイド・ライトが地産地消で、オーガニックデザインの建物を多く設計建設しました。日本では、帝国ホテルを設計し、栃木の大谷石を使って建設されました。愛知県犬山市の博物館明治村に保存されています。フランク・ロイド・ライトの落水荘は、私が建築を志した際、心を奪われた美しい住宅の一つです。ライトの建物は、土の中からキノコがでてきたような自然な建物が多くあります。ライトは、日本の建物を見て、障子と襖で音は聞こえるが、プライバシーが保たれることに感心。ライトは、コンクリートで、扉のない家を設計し、壁が視線をさえぎるので、プライバシーは保たれる設計をしています。元建築学会長 清家清さんのご自宅に伺ったところ、扉が一枚もない建物でした。
この度、四国の松山で、フランク・ロイド・ライトの思想の流れをくむ、オーガニックデザインの住宅に取り組んでおられる佐保開発さんとHABITAをやっていこうということになりました。今後ライトの思想を、地産地消の木材と土壁を使ってHABITAで実現していこうということです。
HABITAとフランク・ロイド・ライトとのコラボレーションが、どんな建物になるか楽しみです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ