MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 二度目の高松 | メイン | プレカット工場を視察して思うこと »

01

財団の経営

私は、一般財団法人住宅都市工学研究所と国際メディア研究財団の理事長をしています。住宅都市工学研究所は、国交省のOB、私大の教授に理事、評議員を引き受けていただいて、新しい住まいの研究を23年間おこなってきました。成果は、シンポジウム等で報告しています。国際メディア研究財団は、一業種一社で評議員を引き受けていただいて、民間のいろいろな技術の研究が集まっています。メディアについての研究を18年間進めてまいりました。アメリカのMITの分校を千葉につくり、ゴルフ場を含めて、大学を中心とした街づくりをするということではじめたわけですが、ゴルフ場と宅地とサイエンスパークはできましたが、肝心のMITは、日本の大学基準にあわないということで頓挫してしまいました。三菱地所さんの千葉佐倉の土地で実施されました。
現在の低金利時代で、財団の財源を運用した資金が以前のように潤沢でなくなり枯渇してきているので、今後どのようにすすめるか、課題になってきました。新しい研究開発をしたいが、資金がともわなわない、国の研究所も財団も民間も同じですが、この不況から、どうやっていくか知恵の出しどころということです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ