MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« あなぶき興産さん来社 | メイン | 住宅着工が伸びつつある »

01

世界から良いものを

HABITAでは、構造材は地産地消、国産材の木材を100%活用し、さらに県内材にシフトしてきました。世界も日本も、200年以上の古民家は地産地消でできているので、地元の国産材にこだわっています。
構造材以外の建材、設備、インテリアについては、世界から良いものを調達しています。
HABITA東京組さんの中野渡会長は、年に8回世界、特にイタリアを走りまわって良いものを探しています。HABITAに供給していただいています。中野渡会長の考えは、「イタリアのデザイン、中国のコスト、日本の品質管理」です。中国で生産されたものが、コンテナで毎週日本に入ってきます。世田谷に大きなショールームがあり、展示されている部品は、圧巻であります。展示も好評で、今年度は前年対比30%増、300棟を完工しています。独立して17年目になりますが、独自の考え方で成功した、良い例です。ご紹介します。
20090606.jpg

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ