MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« サンシティ熱海、熱川見学 | メイン | 別荘工事やっています »

01

ガツンときた話

今日は締切りで、今月はガツンときた話がありましたので、紹介します。
一、私は36歳で、株式を上場して、最年少社長でした。この度、700日で株式を上場して、最年長社長を目指しています。「このブログを見て感動して、仕事をやる気になったということで、ミサワホームの旧ディーラー、家宝の堀本社長が、HABITAに参加してもらうことになりました」。
一、5年後に、株式上場したいというHABITA提携企業があらわれ、協力をしたい。
一、昨年11月、基本合意している企業さんから、1都1道2府43県での販売の正式申し込みがありました。
一、インターナショナルに相応しく、海外から大型コミュニティ施設の成約ができました。年内完成の予定。
一、1か月、1日も休みがとれなかった社員。
一、積算で徹夜、設計で徹夜と、2日徹夜した社員。
一、1日3時間しか、睡眠時間がとれない社員。
一、4人目の子どもが生まれ、5人目の子どもが欲しいという社員。ごくろうさま。
一、最後に、中坊公平弁護士の話を思い出しました。先生は事柄をまとめるのに、「正面の理,側面の情,背面の恐怖」が必要と話しています。「正面の理」は、文字どおり、理路整然と道理にあった理詰めの付き合いや話をすることを言い、「側面の情」とは、相手の立場で、親切にやさしく話をすすめる。相手のおかれている立場を端的に指摘する、これが「背面の恐怖」です。HABITAは、日本の住宅は耐久性が短く、汚い、街を美しく、長持ちする街にしようと思っています。そう訴えても、お客様、業者が理解していないのが現状。そこを突破するには、「背面の恐怖」が必要です。住宅業界は、このままでは行き詰まることを、明確に打ち出していきたい。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ