MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« デパートの包装紙がうれしくない | メイン | FRK理事長に、バレックスさん紹介 »

01

トータルデザインコーディネイトをすすめているニトリ

家を建て、インテリアのファニチャー、ファブリック、小物を優れたデザインに揃えるのは難しいことです。古いものを活かして、コーディネートするのは、さらに難しい。アメリカでは、インテリア・コーディネーターが活躍しています。日本でも、ぼつぼつそうなってきていますが、優れたコーディネーターがいないのが現実。HABITAでは、トータルデザインコーディネイトをすすめています。トータルデザインコーディネイトをすると、2倍、3倍の価値がでます。日本で唯一ここに注目して、ファニチャー、ファブリック、小物まであつかって、社員教育をしている会社は、ニトリさんです。ニトリさんは、毎年、コーディネートの勉強のため、アメリカに社員を多数送り込んでいます。今、手元に「コーディネイトカタログ2010」があります。ニトリさんの6通りのコーディネートが提案されています。今後、HABITAの建物に合致するコーディネートも開発することにしています。
ニトリさんの部材の価格は非常に安い、それは東南アジアの自社工場で生産しているからです。その点、イケアさん、IDCさんに比べて、一歩すすんだ経営がなされており、しかも全国シフトはあと2県と、全国シフトがほぼ達成しつつあるHABITAに、ぴったりと思っています。社長様との古くからのおつきあいもあって、今後協力することにしています。お客様おかれましては、ご期待いただけると思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ