MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2010年11月30日

認め合う

毎週火曜日に会っている提携企業がある。私は先方を認めていることが二つあり、それを元手に大きな企業ができないかと思っている。先方も私を認めてもらっているのだろう。互いに認め合い、協力し合って仕事が生まれれば、うれしいことだ。今日は、それでは上場企業にしようということになった。

2010年11月29日

日光の杉並木

杉並木が復元していると伝えがあった。今から25年前、日光の杉並木が歯抜けになっていた。栃木県は、金がないのでしかたがないということでであった。私は「生きている大木を個人に売ったらどうか、そのお金で植木を植えたら―――枯れたら持ち帰る条件」。土地の有志で50億円金が集まり、財団ができた。そのお金で世界一の街道が復元した。渡辺知事の英断に感謝している。全国の市町村で、公園、街路地の木を売ったら、どうかと、今日思い、ブログに書いてみた。
%E6%97%A5%E5%85%89%E6%9D%89%E4%B8%A6%E6%9C%A8.jpg

2010年11月25日

HABITA「みんなの家」が生まれた

1.子どもの才能を発見できる家
終身雇用は過去のこととなり、実力主義の社会になっている。親御さんは、子どもに個室を与え塾に通わせ、一流校を目指し一流こう企業に入ることを目標にしていた時代は、一流企業のリストラとともに、昔の話となった。"子どもの才能“を生かすことに気がつき、できるだけ早い時期に、子どもの才能を見いだそうとしている。それには、住まいの中に子どもが自由に学ぶ場を設けることになる。HABITA「みんなの家」は、15か所の場をつくり、「住まいは子どものためにつくる」本来の目的を明確にした。
%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AB%E5%AE%B61%E3%80%80.jpg

2.女性の社会進出は
女性が社会で活躍することが、あこがれとなった今日、住まいに主婦の部屋はひつようとなり、仕事部屋と寝室が一体となった空間が望まれる。夫婦は寝室をそれぞれ持つことになる。男は化粧をし、お洒落をしている。
今、"女性が変わった、男が変“なのだ。
%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%AE%B6%EF%BC%92.jpg

3.情報社会は
携帯電話を中学生は1台、小学生も持っている。常に友人と連絡を取り合う、主婦も友達が増えた。古い友達ともよく会うようになった。人が家によく集まる。人生は良き友達にあると気がついた。Living、Dining、Kitchenは、一体としてCAFEとなっていく。
%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%AE%B6%EF%BC%93.jpg

4.車社会は

一世帯に、2台車がある。車は日常生活に欠かせないものになっている。来客を考えれば、4台~5台の駐車場が必要となる。住まいのカタチが大きく変った。新しいフォルムができた。
%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%AE%B6%EF%BC%94.jpg

5.200年住宅がいい
時代は、耐久力のある家をつくり、自然を壊さないことに気づいた。地球環境を大切に思うようになった、住まいを長く使うことは、住居費が下がることになる。資産形成に役立つ。日本の家は、竪穴住宅→床高住宅→寝殿造り→武家造り→数寄屋造り、と変わり、これから200年住宅に変わっていくことになる。
%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E5%AE%B6%EF%BC%95-2.jpg

HABITA「みんなの家」チャームポイント10
      1.新しいフォルム、オーバーハング。
      2.力強い大断面デザイン。
      3.真壁、継ぎ目のない本建築。
      4.長い軒、雨に濡れないで車に。
      5.可変空間、自由に間仕切れる。
      6.高い天井2,600mm、ゆとりの空間
      7.高い窓2,300mmが高級感
      8.ぬくもりのかおりのある木
      9.壁収納(食器、物入、コート入、下駄箱、etc.)
     10.屋根裏ロフト、何に使う?


2010年11月24日

奈良のトリスミ集成材さん訪問

奈良のトリスミ集成材さんは、集成材の名門で、製材から集成材まで一貫生産をされています。いろいろな木材を見せていただきました。HABITAでは、集成材を仕上げ材として使っているので、出来栄えはきれいに仕上がっていました。社長、専務とも研究熱心の会社ですので、集成材の接着時間について、私から提案しました。最近は、特に今年は国産材の利用促進する法案ができ、忙しいとのことでした。今後も、親しくお付き合いを願っている会社です。

2010年11月23日

大坂、HABITA懇談会

MISAWA・international大阪事務所で、HABITA提携希望企業20社の方々がみえられて懇談会。私の話の内容は、200年住宅の開発は勿論ですが、住まいの設計が大きく変った、子どもの才能を発見できる家、女性の社会進出、情報社会、車社会への対応などを聞いていただきました。今は、新しい設計が生まれる時だと思っています。

レイズコーポレーションさん訪問

午後、レイズコーポレーションさんの密井会長をはじめ、会社の幹部の方々と、夢のある話をしました。新規の提携企業として、会長の活躍を願っています。

2010年11月22日

住友不動産販売訪問

以前より、大橋社長とは親しくしていただいている関係で訪問。「新築そっくりさん」がどうやって成功したか、お話をうかがいました。私から、活用していただきたい不動産があり紹介してきました。

2010年11月21日

木材関係打合せ

木材の生産、工場に詳しい会社2社来社。木材の調達は難しく、長い経験が必要な仕事です。ベテランがいないとできない仕事です。今日は勉強会。

住宅都市工学研究所打合せ

午後、一般財団法人 住宅都市工学研究所と打合せ。住宅都市工学研究所は、今、住宅クラウドをすすめています。他に、住まいづくり、街づくりは、以前より長きにわたり、研究者から一般の人々まで、幅広く意見交換をしている研究所です。

2010年11月20日

住宅会社訪問

福岡に、デザインが優れた住宅会社があり、その会社の社長は、住宅をプロダクトするといって、商品といっています。私は、住まい、佇まいといっています。商品というのは軽い、作品というのは生意気、物件というのは最悪。この会社は商品といっていますが、私としては、刺激になっています。どう協力していくか考えていきたいと思っています。HABITAの研究プロジェクトです。

2010年11月19日

大分、HABITA懇談会

大分で、HABITA提携希望企業が多数出席して懇談会。大分の近県からも出席いただきました。数社有望企業がありました。大分は、これで3回目だいぶ盛り上がってきました。今後が期待できると思っています。

福岡コーポラティブ

九州大学が新しいキャンパスに移転。移転先は、海に付き出ている半島で、朝日、夕日の両方が見られる、イーストサイド、ウエストサイドの広大な6万坪の土地があります。コーポラティブで住宅をつくろうと思っています。大学の先生方と勉強会をしました。どんなコンセプトにするか全てこれからですですが、夢のあるプロジェクトです。広大な土地のあるカナダでは、6割がコーポラティブです。日本でも、今後、コーポラティブが普及することと思います。HABITAの研究プロジェクトです。

2010年11月18日

ジブラルタ生命さん新提案

住宅を、住宅ローンで建てた時、火災保険の他、ご主人が万万が一、お亡くなりになった場合、団体信用生命保険に入っておりますので、奥様は、家は確保される仕組みになっています。ジブラルタ生命さんから、ご主人にご不幸があった場合、新たな収入がなければ、家があっても生活していけないので、収入保険はどうですかという新提案がありました。検討することになりました。HABITAのソリューションの一つです。

2010年11月17日

カナディアン・ソーラーさん来社

HABITA提携企業のレイズコーポレーション密井会長とカナディアン・ソーラー・ジャパン要社長が来社。今後の太陽光発電の取り付けの問題点を話し合いました。まず、価格の問題。二つ目が落雷、そして、雨漏り、台風対策。全体として、デザインをもっとまとめなければならない。今期中に結論をだしてすすめるつもり。HABITAの研究プロジェクトの一つです。

2010年11月16日

名古屋、HABITA懇談会

名古屋で、HABITA懇談会。HABITA提携希望企業10社参加。数社か有望な企業、設計事務所の参加が多くありました。今後、設計事務所の関係者も多くなってまいり、ありがたいことです。地域で仕事を進めるとき、不動産会社、設計事務所と、どう対応していくかが、成功の一つのカギとなる訳ですから。

2010年11月15日

遮熱

宇宙開発、航空機、自動車で、熱を遮断する技術が開発されていて、住宅に活用できないかと注目しています。宇宙開発では、地球に帰還する際、ロケットが鉄もとける温度になりますが、それを遮熱する技術が開発されています。その勉強会を時折やっています。現在の住宅基本法では、熱の伝導が、日本では一般的ですが、先進国では、遮熱も基準を設けています。日本の住宅にも、遮熱の基準を設けなければと思っています。HABITAの研究プロジェクトです。

ブライズワートさん訪問

午後、ブライズワートさんを訪問。提携企業さんになられるブライズワートさんは、結婚式場を全国に展開し、大阪では、安藤忠雄さんが設計したホテルを運営されています。結婚した方が、関心のある住まいの事業に取り組まれています。新しい業態からのHABITAへの参画として注目されています。人財を紹介させてもらいました。

2010年11月14日

良い佇まい、悪い佇まい

日曜日、子どもが来ていて住むところは、どこが良いかという話になった、続いて、どんな家がよいかとなった。
次のようなこととなりました。本音です。ご意見ください。日曜日夜
%E8%89%AF%E3%81%84%E4%BD%87%E3%81%BE%E3%81%84%E3%80%81%E6%82%AA%E3%81%84%E4%BD%87%E3%81%BE%E3%81%844.jpg

2010年11月13日

光冷暖房

光冷暖房という技術が、進んでいます。建物の内装、壁、天井に、ある種の石を塗り込むと、光が反射し、吸収し、また反射する技術で、開発から5~6年経ち、各地で実験されています。エネルギーは、ヒートポンプ1台で、全館冷暖房ができる技術です。新しい技術ゆえに、技術を証明するのに時間がかかります。二枝社長は、普及したいと努力しています。HABITAは、研究プロジェクトを増やしています。

2010年11月12日

ライフステージについて取材

14:00、取材。私は、一生に8回、家を住みかえて、アメリカのように財産形成に役立てることを普及させたいと思っています。今後、パブリシティしていきたい。

HABITA懇談会

15:30、新宿のMISAWA・international本社で、HABITA懇談会。HABITA提携希望企業4社参加、HABITAの事業説明。地方から、わざわざ東京に来て参加いただいている会社さんもあり、恐縮しています。

あなぶき興産さん来社

18:00、あなぶき興産の土居さんが来社。土居さんは、穴吹ミサワホーム以来のお付き合いで、時折会って、高層住宅についての意見交換をしています。土居さんは、人柄のいい方なので、皆さんに好かれおり、業績も順調とのことでした、あなぶき興産は業界8位。

2010年11月11日

片岡氏、帰京

10月24日、アメリカに一緒に行った片岡氏が帰京。今後のアメリカ動向について、話をうかがいました。さすがにアメリカ、失業が多いにもかかわらず、いろいろな民族の移民を受け入れ、将来の知的労働力を確保しています。日本は、人口が減少する中で、アメリカを見習わなければということでした。片岡氏は、私より少し年上ですが、アメリカに行くと。古くからの友人が多く、いつも元気になって帰ってきます。友人が一番ということでしょう。

2010年11月10日

Gマーク長官賞「みんなの家」、10のチャームポイント

本日、今年のグッドデザイン賞の授賞式がありました。HABITAからは、「みんなの家」「松江 堀川の家」「インテリアキャビネット」が受賞しました。特に、HABITA「みんなの家」は、特別賞の長官賞をいただきました。「変化する時代をよくとらえている」ということでありました。お客様にアピールするチャームポイントが、10か所設計に取り込んでいます。
1.子どもの才能を発見するための15か所の勉強スペース。
2.主婦の社会進出に対応した、2つの主寝室。
3.情報社会に対応した、リビング、ダイニング、キッチンが一つになったカフェスタイル。
4.クルマ社会に対応した、4台の駐車スペース。

5.家具を利用した、本格的可動間仕切り。
6.新断熱材の屋根による、ロフト。
7.オーバーハングで、大断面を強調したデザイン。
8.オーバーハングをしているので、雨樋がない。
9.30坪程度からの、小さい敷地に入る設計。
10.1階より2階が大きい、まったく新しいこれからのカタチ。

Gmark2010%EF%BC%88%EF%BC%A7%E4%BF%AE%E6%AD%A3%EF%BC%89.jpg

富士火災さん来社

14:00、富士火災さん来社。HABITA関係の火災保険を一括しておこなうことにしました。逐次、HABITA提携企業に案内し、増やしていきたいと思っています。今月からスタートし、提携がおこなわれます

HABITA KENSO安食社長来社

18:00、HABITA KENSOの安食社長来社。36室の大規模なグループホームの提案と、2棟のモデル棟を建てる計画をうかがった。今日、Gマーク受賞式があり、今年Gマークを受賞したHABITA KENSOの「松江 堀川の家」の話で盛り上がりました。安食社長に、初孫ができ、何重ものお喜びでした。

2010年11月09日

岡山で、HABITA懇談会

岡山で、HABITA提携希望企業13社が参加して懇談会。半数が設計事務所で、四国からもみえられ、早朝から12時まで懇談。有望な会社さんが数社。

ASADA HABITA関空訪問

16:00、関西国際空港周辺で、有力なデベロッパーのASADA HABITA関空さんを訪問。多数の街づくりをおこなっております。お土産をいただき、恐縮いたしました。

HABITA山崎ハウジング分譲地へ

18:00、山崎ハウジングさんは創業8年の会社ですが、山崎社長とは、古くからの友人で、奈良県の大きな分譲地を2か所と、モデル住宅を見せてもらいました。社員全員でお迎えいただきました。
食事に、奈良の築400年の料亭の一番の部屋をとっていただきました。素晴らしい部屋で、樹齢400年の吉野椙をつかい、柱はすべて四方正。幕板は、樹齢200年の正目で、大木から伐り出された、文字通りの銘木で、思わず床柱に頬ずりいたしました。400年の建物の中で、歴史のある建物は素晴らしく、改めて、200年住宅の意義を、山崎ハウジングの皆さんと語り合いました。
%E5%A5%88%E8%89%AF%E6%96%99%E4%BA%AD.jpg

2010年11月08日

尾道、HABITA益崎建設さん、HABITA宣言

午後、広島の尾道で、新しい提携企業HABITA益崎建設さんが、取引先50社を集めて、HABITA宣言をおこないました。私から、HABITAの今後について、話をさせていただきました。益崎社長は、「難しい時代だけに、新しい仕事に、取り組まなければならない」と挨拶され、会場には、地元マスコミの方も集まり、盛りあがりました。私より「200年住宅誕生」にサインをして、皆さんにお渡ししました。

レイズコーポレーションさんと会食

18:00、大坂のレイズコーポレーションさんの密井会長と会食。海外のソーラシステムについて、日本での普及に強い要望があり、今後の課題として承りました。密井会長は、有力な建設会社をご存知とのことでした。なだ万での会食にご招待いただき、恐縮いたしました。

2010年11月07日

「全員がクリエイタ―になる日」

マーケティング・コンサルタントの谷口 正和さんが、最近、「感性市場戦略 全員がクリエイタ―になる日」という本を出版された。「いつしか消費者が自分でクリエイトする時代になってきた。作る人と使う人がイコールになってきた」という提言です。谷口さんからは、いつも時代を見据えたご意見をいただいております。HABITA事業に役立つ話が多くあり、参考になりました。
%E5%85%A8%E5%93%A1%E3%81%8C%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%BF%E2%80%95%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%97%A5%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E7%94%A8.jpg

2010年11月06日

出版の原稿書き

朝より、出版の原稿書き、土日でまとめるつもり。

2010年11月05日

エネルギー会社さん来社

今、世の中にない新エネルギー設備を開発中です。できれば年内に、HABITAのモデル住宅で発表したい。家庭のエネルギーが1/3になる技術。

東京で、HABITA懇談会

HABITA提携希望企業が8社参加。木材、電材関係、設計事務所の方がみえられて、それぞれの分野から、HABITAのシステム産業に参加してもらうことを打合せ。

2010年11月04日

大阪、HABITA提携企業訪問

住宅産業について、大きな転換をしたいという建築会社さんがおられて、ゆっくり打合せしてきました。50社ほどコンサルティングをされているということで、その中から、優秀な会社さんをご紹介いただけるということでしたので、大切にしたいと思っています。新幹線の中で、往復5時間あったので、出版予定の原稿と合わせて、今まで出版した本が21冊あり読み返してみたら、忘れていたこともあって、改めて、気を引きしめなければと思い帰京。

2010年11月03日

安藤忠雄さん、文化勲章

建築家の安藤忠雄さんに、文化勲章が授与されました。安藤さんとは、長いお付き合いで親しくしていただいています。東京の仙川に安藤さんの建築のストリートを設計していただき、はじめに美術館、つぎに幼稚園を建築いただいて以来のお付き合いです。東大の教授の際、私が主催する住まい文化研究会で講演をいただき、東京フォーラムの大会場がいっぱいになり、慌てて別室のモニターで講演内容を流したこともありました。またご縁があって、今、中国の文化村にHABITAが教会を建てている隣に安藤さんが、文化ホールを設計されています。
独学で、建築を勉強され、建築のノーベル賞といわれているプリツカー賞を受賞し、この度、文化勲章を授与、人間は努力すればできるということを示していただきました。これからのますますのご活躍を祈念いたします。

2010年11月02日

トップセミナー開催

新規HABITA提携企業の経営者を対象としたトップセミナーを開催。6社参加。参加された能登の樫の木工舎さんで、春は桜、秋は奇特な方が丹精を込めてサルビアを育てているサルビア街道沿いのきれいな所に、HABITAのモデル住宅の展示場ができることになりました。モデルの完成を楽しみにしています。
%E8%83%BD%E7%99%BB%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%83%93%E3%82%A2.jpg

能登のモデル建設地

2010年11月01日

監査役

監査役は、会社の運営が、法に沿って、会社の諸規定に沿って、正常におこなわれているか監査することになっている。株式を公開する場合。特に大切で、外部の監査法人の監査の前に、社内で事業全体を見ることになっている、というのが、一般的な見解でありますが、以前、パナソニック松下さんでは、監査役が年間○○○件、改善アイデアを述べなければならないと聞いています。さすが松下さん。MISAWA・internationalは、上場を目指し、資本金が大企業と同じなので、監査役は3人にして、常勤を1名、非常勤2名となります。実務に詳しい人を選びたいと思っています。

三澤ブログを検索:
アーカイブ