MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 経営会議 | メイン | 東京大学 キャンパスに »

01

Cプロジェクト発足

キャパシタもしくはコンデンサーが、蓄電池にかわって重要な役割になってきています。夜間電力で昼間生活できるようになったり、太陽光発電との組み合わせで、「ゼロ・エネルギー住宅」が実現します。キャパシタの寿命が半永久的なことから、2年前から開発をすすめ、国内。中国、台湾、韓国の会社に量産を呼びかけ、中国で2社、韓国で1社、可能性がみえてきました。量産に向けてすすめ、近い将来、実現したい。
DAISHU.jpg
千葉でキャパシタを実験中のモデル

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ