MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 熊本忘年会 | メイン | スマートシティー計画 »

01

広島忘年会

今日は広島で研修会と忘年会をやっている。
HABITA時盛建設 田中統括マネージャー「スマート住宅10Kwは面白い。いろいろ意見を聞いてもらいたい」
HABITA家豊 堀友代表「HABITAの大断面は、優れていることはよくわかるが抽象的、在来工法との違いを数字で示してほしい。アッパーの市場で伸ばしていきたい」
HABITA KENSO 安食社長「着工件数が一番少ない県で発想を変え、HABITAを伸ばしてきた。来年の受注の目途がついたので、再来年の受注に取り組んでいる。みんなの家を8棟まとめた、みんなの街をつくる」
当社MISAWA・international営業部 安食から、KENSO式見積書を説明した。お客様がわかりやすく、営業が使いやすい、優れた制度だと思っている。
HABITA家豊 堀友代表「長野県のHABITAマルマサさんが新聞大の大きなチラシで高級層を集めたというが、今後、1万部ほどやってみたい。本社で企画してみてください」
中井産業 山根取締役「椙でやるか檜でやるか迷っていましたが、今日の話を聞いて、地産地消の椙でやるのがいいことがわかった」
HABITA益崎建設 益崎社長「実績はまだないのですが、今日の研修会でわかってきた。子どもに勉強させようと思う」
HABITAきらら宇部 今橋社長「これからHABITAに力を入れる」
最後に、私三澤からスマートシティ、スマートHABITAについて概要を説明した。皆さん関心を持ってもらった。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ