MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 営業プロセスが大切 | メイン | お客様に「おめでとうございます」と言っている »

01

朝礼の議事録で徹底

会社の方針、指示は朝礼で話されるが、社長の話はわかりにくいことが多い。私は自分の話をテープで聞いてがっかりしたことがある。急いで話している上に感情が入るので、余計に分わかりにくい。話もとびとびに話しているので社員はよくわからない。わからない社員は社長の話なのでわかるような顔をしてしまう。
以来反省して、朝礼の話を議事録に残し、回覧して印をもらうことにしている。文章にすると良く伝わる。ところが一週間たつとケロッと忘れる社員もいる。そこで、一週間分7枚まとめてもう一度読んでもらう、そうすると社内に定着する。念のため30日分をまとめて1か月分読んでもらうと完璧だ。
前の会社でディーラーが160社あったが、朝礼議事録の回覧を徹底している会社は黒字で業績が上がっている。あいまいな会社は業績が不安定、うまくいってなかった。
今、HABITAでこの徹底が必要と思っている。朝礼議事録は新人に読んでもらうと新人が「この会社の現状」を早く理解して、成果が上がる。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ