MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 東京ビッグサイト、エコハウス & エコビルディング EXPO出展 | メイン | 日本原子力研究開発機構で実験 »

01

日本の気候データマップと地域住宅

日本の膨大な気候データを整理したアメリカの環境学者デンシャモニ氏によって、日本の膨大な気候データが整理されたデータマップが、財団法人住宅産業研修財団の予算で15年前完成している。日本で唯一の資料で今まで日の当たらないものだった。今後、国交省は地域住宅を本格的に開発することになり、このデータが極めて重要となる。
HABITAでは会社スタート時より地産地消をテーマに、日本の気候を15に分けて仕事を進めてきた。この度、地域の特別な技術を取り入れ、多くの参加者に呼びかけていきたい。一般財団法住宅都市工学研究所とすすめている。地域別に、地域の設計事務所がまとめることになり、林業、製材業、集成材工場、プレカット工場、瓦、土壁の材料メーカーも加わり良い仕事をしてもらいたいと思っている。
勿論、HABITAの230社も各地での地域住宅に参加する。
地域住宅のプロジェクト
1.北海道地域住宅
2.東北地域住宅
3.北陸地域住宅
4.北関東地域住宅
5.東京地域住宅
6.信州甲州地域住宅
7.中部地域住宅
8.京都京町家
9.奈良近畿吉野地域住宅
10.瀬戸内海地域住宅
11.九州地域住宅
12.沖縄地域住宅

現状は、12地域住宅になっているが、今後増加する。
%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE.jpg

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ