MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« HABITA Goodホームさん、メルセデスベンツのコラボイベント | メイン | 原子力発電所が再稼働しなくても停電にならない »

01

大自然、飛騨高山200万坪の開発

200万坪の開発利用の事業計画を作成している。大学のキャンパスと1宅地1万坪(大名屋敷)の大きな敷地に邸宅、別荘を計画している。理想の敷地は1万坪といわれ、殿様の敷地は1万坪あった。朝起きて、庭を散策して朝食を食べるのに丁度よい広さである。東京の椿山荘は山縣有朋の屋敷跡で1万坪、ニューオータニは旧伏見宮邸跡で1万坪、伊豆の岩崎別邸三養荘や京都の野村別邸も、皆1万坪の敷地だ。この度、広い敷地があるので計画をすすめている。なぜ、飛騨高山かというと、春夏秋冬があり、大自然の日本アルプスがあり、最近のことでいえば、原子力発電所の100km圏に入ってないのは、日本では長野、和歌山、徳島、香川、沖縄で、この5か所は特別な地区ということになる。
%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E3%81%8B%E3%82%89%EF%BC%91%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BC%AB%EF%BD%8D%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%AB%EF%BD%8D.jpg

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ