MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« カーサ・プロジェクト 眞木代表来社 | メイン | 地域型住宅ブランド化事業提出 »

01

住宅にユニクロはあるか

高崎に、30坪、坪30万円の家を見に来ている。ローコスト住宅は粗悪なものが多い中、必ずしもそうでないものもある。この家は原価坪20万円、完成で坪30万円。考えていたよりもいろいろな工夫がしてあり、学ぶことも多い。ユニクロは、流通革新、技術革新で価格攻勢を行い、低価格を実現しているが、デザインは高級ブランドから影響を受けているのも事実。ファストファッションと同様に、家具のイケア、ニトリがヨーロッパで定着しているデザインを参考に、安い価格で提供しているのは、皆さんご存知の通り。
デザインの優れた住まいがあり、その住まいが世界に年間10万棟、20万棟建設することができるとしたら、あらゆる合理化をして価格的にも魅力ある商品(ここではあえて商品と言います)がうまれるのかもしれない。課題は多いが、誰かが成しとげることになると思っている。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ