MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2012年09月30日

千葉県の土地

かつてデベロッパーが開発していたという土地があり、ゆるい丘陵地なのでメガソーラー用地として良さそうだと考えている。やたらと広いのでどう生かすか思案のしどころである。

2012年09月29日

月末、年度末  締切

新年度の事業計画について打合せと再調整

2012年09月28日

エナジー・デザイン・ソリューションズ

エナジー・デザイン・ソリューションズ渡邉さんは投資会社ご出身で、国内外の情報に詳しい。今日は、ヨーロッパや中近東を中心に活動されている投資会社が日本で投資したい、という案件を持ってきてもらった。HABITAまちづくりの池畑社長と合流して打合せ。

オーナーズヒル新百合ヶ丘

新入社員の山本と、オーナーズヒル新百合ヶ丘の調査にきている。オーナーズヒル新百合ヶ丘は、28年前にミサワホームで建てた、私としては力を入れた41戸の街だ。コーポラティブで、ランドプランニング、住民協定、管理組合があり、これから目指すべき街づくりのかたちになっている。岩城造園のオヤジが直接てがけてくれたもので、自分で言うのもなんだか良くできている。山本は、自分が生まれるより前に完成していたということに驚いていた。オイルショックやバブル崩壊を経て、当初より価値が上がっている。家が財産形成になるという見本である。素晴らしい一日だった。

2012年09月27日

栃木県集成材

栃木県集成材さんは、HABITAの立上げ当初からお世話になっている工場で、関東地域に木材を供給してもらっている。業界の会長もつとめられた優秀な工場。今後の取引について打合せした。

月森さん

月森さんは多方面に顔が広く、現在メガソーラー案件を進めてもらっている。サッカーのジーコ監督とお知り合いで、フットサルの施設を建てる仕事をされており、広い敷地を知っておられる。本日も1件ご紹介していただいた。

2012年09月26日

時盛建設さん

時盛さんはミサワホームで長いことお世話になったディーラーさん。当社の株主でもあり、HABITAの提携店としても早くから取り組んでいただいている。山口県の老舗ゼネコンで、公共工事をはじめ幅広く扱っておられる。今日は近況の説明に伺った。今後のお付き合いをお願いした。送ってもらった時盛社長の車のナンバーが330(ミサワ)であったことには感激した。

2012年09月25日

岩瀬牧場の伊藤社長  来社

岩瀬牧場は、福島県で不動産、建設業、牧場の経営、広告代理店、他さまざまな事業を展開されている会社さん。被災地から近いこともあって、ワイレックス・エンジニアリングの本社を岩瀬牧場内に登記させてもらっている。いま、実物の6分の1の放射能除染プラントデモ機を2トン車に搭載して、牧場内で実証実験を繰り返している。11月に発表される環境省の実証実験の結果が公表されたら一般公開したいと思っている。

2012年09月24日

建設会社のM&A

住宅業界全体で着工件数が半減しているなか、会社を売却したいという話が増えている。今日は、建設業界に詳しい方が、HABITAの提携店でM&Aしたい会社があれば紹介してほしいということで見えられた。大阪のHABITAスクエアプラス木下さんが鳥取の朝日住宅さんを買収した話が話題になっていた。

環境放射能除染・廃棄物処理国際展

科学技術館で開催されている国際展に、ワイレックスの放射能除去プラントも出展した。会場には約200の企業がいろいろと展示していたが、ほとんどがパネル展示であったので、ワイレックスの実物展示は大きな反響があった。東北の被災地の皆さんにも見ていただいた。26日まで開催している。

2012年09月22日

HABITA新体制事業計画

HABITA株式会社が9月12日に発足し、事業計画もまとまってきている。私は会長で、役員の方からご報告いただいているので、今日は勉強と取りまとめをしている。新体制による価格構成、新モデル、新サービス、新技術についての提案があり、楽しみである。

2012年09月21日

月森さん

月森さんは、ミサワリゾートが与論島にリゾート地を開発してからの20年来の付き合い。現在は、メガソーラー基地の優良案件を2件ご紹介いただいている。月森さんは変わった経歴の持ち主で、昔時代劇の役者をやっておられ、映画やテレビ、舞台で活躍されていた。私より少し先輩、人のつながりはありがたい。

HABITA新体制構想

HABITAの新体制では原価主義という考え方で、工務店が建材を工場、メーカーから直接仕入れ、お客様には原価提示をする、という透明度の高いアメリカのシステムである。
HABITAグループ4500棟を、合理的に施工を行えばコストも下がるということで、7月から共同購買、原価主義を進めている。海外の資材調達も検討していて、お客様用の資料は10月中に出来上がると聞いている。

2012年09月20日

トリスミ集成材  来社

トリスミ集成材は日本の集成材業界の草分け的存在。現在は2代目社長で、創業者もお元気でおられる。今日みえた専務は、HABITAがスタートした5年前より全面的協力をいただいており、関西地区へ木材を供給してもらっている。専務は勉強家で、昨年は東京大学の講座を受講されていた。今日は、現在のHABITAの状況を説明し、これからのお取引の打合せをして帰られた。今後HABITAで活用する東京組の大ショールームで海外の建材設備を見てもらった。

2012年09月18日

ホリー森田会長  来社

ホリーは仮設部門の日本トップメーカーで、長い付き合いをしている。今後メガソーラーでの取り組みにも期待している。幸い社員の交流もできた。

アメリカ友人  会食

アメリカの経済事情について話を伺った。住宅産業の在り方、ソーシャルネットワークサービスの状況など、新しい話を聞くことができた。時代の変化を感じた。

2012年09月16日

神河地へ

松本の上高地に来ている。上高地は神河地とも言われる神聖な場所。マイカーからバスに乗り換えて、大正池を見ながら河童橋に着いた。河童橋では、谷合から清水が流れ大きな川になっていて、水は足がしびれるほど冷たい。約2キロほど上ると明神池に到着する。明神池は、森の中に沼が広がって神殿もあるので、本当に神様がやどっているかのように感じる。上高地帝国ホテルは、2年先まで予約がいっぱいなほど人気で、由緒ある方々の避暑地として戦前から繁栄している。上高地に隣接する、200万坪の森の開発方法を検討するため、現地で打合せをしている。200万坪というのは想像以上に広く、民間保有のものでは最大の規模かと思う。国内では標高が一番高いので、環境を破壊することなく進めていきたい。スキー場3か所、新穂高ローピプウェイ、平湯温泉、白川郷も近く、リゾート地として最適だ。

2012年09月15日

帯広  メガソーラー基地へ

住計画FURUTAの古田社長より、メガソーラー用地があるということで調査にきた。平らな土地で、10メガ建設が可能ということであった。帯広は雪が多いのだが、日照時間は日本一長いのでメガソーラーは可能。再度調査をし、事業を進めるつもりだ。

2012年09月14日

UR

都市開発部門の方がいらして、街づくりのさまざまな話を聞くことができた。街が完成するまでの大変な苦労を再認識した。URでは、現在、東北の復興に尽力されている。

2012年09月13日

RANDEC(原子力研究バックエンド推進センター)

菊池理事長を訪問し、除染事業の報告と今後についてのご指導をいただいた。

2012年09月12日

HABITA株式会社  設立

HABITAの普及推進する専門の会社、HABITA株式会社が本日スタートした。社長は京都リヴの波夛野社長で、役員は提携企業の代表者11名。私は取締役会長。MISAWA・internationalは住宅関連事業として、スマートシティ、キャパシタ、メガソーラー、エネルギー関係、除染プラント建設(子会社)、保険、地球環境に関する事業を行っていく。

2012年09月11日

大阪で異業種交流

センチュリー21さんが推進する異業種交流の会に出席している。京都リヴ波夛野社長のご紹介で、住まいに関するあらゆるサービスをお客様が受けられるようにするという構想。会場にはセンチュリー21のメンバー、税理士さん、学生賃貸管理専門全国ネット、地盤調査会社、保険会社さん、など多彩な顔ぶれの皆さんが集まっていた。お互い連携することにより、お客様により多くのサービスが可能になる。大阪発で、さすが商売熱心な所なので話が盛り上がっている。HABITAも積極的に参加したい、と波夛野社長と話し合った。

2012年09月10日

新モデル打ち合わせ

東京組のスタッフとHABITAの新モデルの設計、積算を行っている。仕様についてもやり取りして、満足できるものになってきた。中野渡社長が出張先から戻り、最終的な価格が出る予定。HABITAを広く普及するために価格を下げる努力をしている。

2012年09月09日

人財、自宅に

住宅産業を幅広く奨めるために、いろいろな能力がある人財が求められている。今日は、以前から親しくしている方を自宅に招いた。住宅産業に興味を持っていただいたと思っている。一緒に仕事ができることを願っている。

2012年09月08日

情報社会へ

昨今の小売業は、通信販売の売上が勢いよく伸びている。庶民が豊かさを求めた昭和20~30年代は百貨店が活躍した。40~50年代はスーパーが出現。大量に、より安く消費を促すことで成功した。60年代~平成10年代はコンビニエンスストアが身近な利便性を強調、大量出店し、スーパーを超えた。そして今年度、通信販売がコンビニエンスストアの売上を超えると予想されている。時代のニーズは極めて早い展開をみせている。住まいが情報とどう関わるかが課題だ。

2012年09月07日

シャープ来社

太陽光発電システム日本最大手のシャープの幹部の方が、太陽光発電システムの説明に見えた。魅力のある内容になればHABITAのお客様の為にもなるということで、打ち合わせに入ることになった。日本製は品質に自信があるという。

2012年09月06日

震災のときあったらいいもの手帖

日本列島では、東京直下型地震、南海トラフ地震などが予想されている中、緊急時においてどう対応していくかをまとめた小誌ができた。発行は一般財団法人住まいの学校。多数のお客様の意見をまとめたもので、イラストで解りやすく120ページ程度にまとまっているのでご活用いただきたい。

2012年09月05日

日本アルプス200万坪

上高地の河童橋の奥にある、自家用車で乗りつけることのできない秘境の地。子供の頃に一度だけ行ったことがあるが、毎年予約を取ろうとしているが毎年取れない上高地帝国ホテル。夏が終わると、翌年、翌々年の予約が入り、すぐに埋まってしまう。この200万坪の敷地は、上高地帝国ホテルから焼岳の安房峠を抜けて6キロほどの場所。今後の開発を検討中。

2012年09月04日

和田顧問  来社

和田顧問はミサワホーム北海道を上場させた社長で、現在はHABITAの北海道地区の開発とワイレックス・エンジニアリングの監査役をお願いしている。上京され、現状の報告と打合せを行った。和田顧問は今年で70歳になるそうですが、今もスキーの現役ということだ。近く、北海道のメガソーラーの現場に行くことになった。

全管連上野会長  会食

今日の話題は、放射性物質の最終処分場が鹿児島になったこと、熱海と伊豆の大規模シニアマンションの開発の件、HABITAまちづくりの今後の展開について。

2012年09月03日

ドクター中松さん  来社

中松博士とは30年来の知り合いで、瓦に問題があるとお会いしている。今日は太陽光発電についていろいろ教えていただいた。最近、自宅を新築されたこともあってご意見を伺った。

2012年09月01日

HABITA東京組とモデル開発

朝早くに、東京組中野渡さんから電話があって、今日からイタリアに行くとのこと。電話でモデル開発の意見交換をした。今回は、材の使い方に工夫を凝らしてコストパフォーマンスの良いモデルになっている。仕事がわかる人と話すとまとまりが早い。昨日は、PLACEのデザイナー山本さんから、構造の良案をもらった。私の周りの人たちが、新モデルの完成に向かって盛り上がっている。今回のモデルは、九州地域型住宅ブランド化事業で集まった皆さんの意見を参考にしている。

三澤ブログを検索:
アーカイブ