MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2012年12月31日

延暦寺

京都の延暦寺に来ている。宿坊に泊まり、108の除夜の鐘を一番でつくことができた。
一年のまとめと新しいことのはじまりを決意することができた。

2012年12月30日

ごくろうさま

メガソーラーの工事見積を受け取った。来年の大きい仕事の準備ができた。正月にじっくり考えたい、と無理を聞いていただいた。

2012年12月28日

メガソーラーの候補地

宮城県名取市  入札済
静岡県浜松市  事業化決定
福島県岩瀬郡  事業化決定
栃木県日光市
千葉県木更津市
千葉県市原市
北海道河東郡
静岡県伊豆市(4件)  1件他社決定、1件中止、1件事業化決定
岐阜県
山梨県
群馬県(2件)  他社決定
栃木県日光市
岩手県盛岡市   中止
福島県西白河郡
福島県いわき市
東京都青梅市
静岡県富士宮市
福島県相馬市  中止
福島県白河 大学  中止
福島県三株山
群馬県  事業化決定
岐阜県飛騨高山
宮崎県
沖縄県
千葉県千葉市
東北(5件)
来年は提携企業と連携をして200か所以上調べたい。

2012年12月27日

10年ひと昔

10年たつと世の中がすっかり変わり、自分自身の立場もすっかり変わることを言うらしい。今日は素晴らしい予感がする一日となった。

2012年12月26日

一年やってみた結果

この一年、正確には3.11以後、メガソーラーの実現に向けてやってみて、MISAWA・internationalの立場でできることが明確になった。
メガソーラー建設の土地をどうしたら有利に入手できるか。
太陽光発電に50年付き合い、15年前にはゼロ・エネルギー住宅を完成させ、ソーラーの品質、性能、調査ができている。
電設工事、土木工事の手配が合理的にできる。
ウルトラキャパシタの発売開始を活かしたい。
資金調達をする事業会社、外資4社、国内4社と提携できた。

2012年12月25日

山梨へ

メガソーラー事業について市役所の協力を得られるよう説明に来ている。山梨県は日照時間が国内最長でソーラー発電に適した良いところなので実現したいと思っている。

2012年12月24日

1年で10万キロ走る

今年は自動車で外出、遠出することが多く、1日平均300㌔走っていた。今日はクリスマスイブなので、ビジネスランチをして帰宅。運転手さん、ごくろうさま。

2012年12月23日

ふたたび福島へ

今日も福島に来ている。投資会社の方とメガソーラー事業会社の方に現地の説明をした。

2012年12月22日

福島

今日は幹部全員で3か所のメガソーラー用地の調査に出かけている。工事の専門家、放射能の専門家と合流しじっくり調べている。

2012年12月21日

株主総会

昨年の業績は良い結果ではなかった。HABITAの事業をおぎなうためにメガソーラーや放射能除染事業を加えて、来期以降の業績につなげていく話をした。

文化シヤッター  訪問

MISAWA・internationalを創業の折、岩部会長には個人的にお世話になった。年末の挨拶に伺って今後の方針の話をした。会長は81歳になられて、代表権のある現役会長として最年長の存在になっている。来年もお元気でご活躍ください。

2012年12月20日

HABITACRAFT  研修

営業研修、設計研修を終えて、今日は9時から経営の研修を行っている。いちばん関心をもたれたのは、朝礼議事録の話。朝礼議事録を社員に回覧して、全員が印を押す。忘れてしまうので1週間後に再度回覧し、さらに1か月後に1か月分をまとめて回覧する。社長の意思を社員に定着させることができる。単純な話だが、皆さん納得していたようだった。実際、社長の話というのは断片的でわかりづらいことが多い。私自身、自分の話をテープで聞いてがっかりしたことがある。朝礼議事録は新入社員の育成にも役に立つ。入社時に過去の朝礼議事録を読むことで、会社を理解し成長が早い。

2012年12月18日

メガソーラー用地

現在、候補地として北海道から沖縄まで約30か所ある。そのうち2か所が決定し、2か所は競合先にもってかれてしまった。難しいのは平坦な土地でないといけないということ。現在1か所150万坪のほぼ平坦な巨大な土地を事業化できるか調べている。
今日は千葉で谷を土で埋めた広大な土地を紹介してもらった。

2012年12月17日

沖縄、宮崎

かねてより、福島で進めているメガソーラー会社が、プロジェクトが多くてやりきれないので沖縄と宮崎のプロジェクトを売却したいという話があった。

2012年12月16日

富士宮の調査

富士山が見える場所で、第2東名の土砂を取り除いた跡地がメガソーラー用地として候補が上がっている。広さは十分あるが敷地内の整備に時間がかかる。来年までに2月に整備できればと願っている。

2012年12月15日

岩手、福島

天候不良のため現場視察が延期になった。関係者にご迷惑をおかけしました。

2012年12月14日

東京にもメガソーラー

東京郊外に9万坪の採石場跡地がメガソーラー候補地になっている。来年2月には平らな土地を確保することができる。関係者の協力を得てまとめていきたい。

2012年12月13日

HABITA説明会

関東、北陸、中部の提携企業が集まって打合せをした。提携企業からは、大断面の木構造に愛着がある、といううれしい意見の反面、デザインや設備、アフターメンテナンスの体制に今後期待しているという厳しい意見もあった。提携企業から意見をいただくのはありがたいことだと思う。遠いところありがとうございました。

2012年12月12日

原発

今回の選挙では住宅に関わることが争点になっている。まずはエネルギーの原発をどうするか、ということ。現在50か所ある原発のうち、残念なことに1か所は大事故となってしまった。惨事を処理するための国家予算は100兆円ともいわれている。あきらかに今後進めることはできない。各党では、10年~20年で原発をなくすと言っているが、日本未来の党の「卒原発」は原発を卒業して新しいことを始めるということだろう。消費税は最終的に10%まで上がるとなると、年収300万から400万円の若い世代に影響が大きい。2000万円の家なら消費税は10%で200万になり、着工件数は少なくなる。住宅産業は裾野が広い産業なので、着工件数の減少は約16万人の雇用を失うことになりかねない。この不景気のなか、そのような状況をつくらないよう政治家の方々にしっかり考えてもらいたい。

2012年12月09日

4000年の知恵

朝、エア・ウォーターの青木会長よりお電話をいただいた。「三澤さん、どうですか(業績を気にされて)。自信を持ってやってください。三澤さんは実績があるのですから迷わずにやってください。」私より10歳ほど先輩の会長には株主にもなっていただいており、ありがたい励ましの言葉に心が熱くなった。私は50年住宅の仕事をしているのでたしかに「実績」なのだろう。新モデルの開発に精気を出さねばと改めて思った。HABITAグループは200社あり、各社の社長が平均20年住宅の仕事をしていると考えると、4000年の知恵を持つことになる。提携企業の皆さんと力を合わせてベストを尽くしたい。

2012年12月07日

HABITA(株)関東分科会

12月13日にHABITA新体制説明会の関東分科会を行うことになっているので今日はその準備をしている。

2012年12月06日

エア・ウォーター、長期産業投資

今月は株主総会があるので、事前報告している。事業内容に、エネルギー事業としてキャパシタ、メガソーラーと除染の事業と加えた。

2012年12月03日

「ウルトラキャパシタ」発売

開発・製造元の中国企業の日本総輸入元として、リチウムイオン電池の10倍以上のサイクル需要を持つ長寿命蓄電デバイス「ウルトラキャパシタUBP5000」を12月3日に発売すると発表した。非常用のほか料金が安い夜間電力利用などの用途をアピール、個人住宅や集合住宅、マンション市場などの需要を見込む。現在は機能を持たない太陽光発電システムからの直接充電機能を備えた製品についても早急に商品化する方針。市場での販売はミサワインターナショナルの販売特約店エブリ(日本コンピューター・システムの100%子会社)が行う。ウルトラキャパシタUBP5000は蓄電容量5㌔㍗、出力2㌔㍗で小売価格250万円(税、運賃、取付工事費別)
(2012年11月29日住宅産業新聞社より抜粋)

三澤ブログを検索:
アーカイブ