MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« HABITAとTPP-2 | メイン | CS 200年住宅の調査 »

01

CS HABITAの国際化-3

東京組の中野渡社長は20年前よりヨーロッパの技術、デザインに注目し、中国の工場で生産を始めている。最初は  中国の工場に毎月出かけ、
大変なエネルギーを必要としたわけだが、日本で初めての国際分業 ヨーロッパのデザイン、中国のコスト、日本の品質管理を実現している。イタリアに支店があり、設計部長が常駐して優れたデザイン技術を探し求めている。輸入された設備建材は神奈川県の東京組子会社の東京貿易に丁寧にストックされている。また、東京組は新住宅という新ブランドを立ち上げた。どこの工事会社でも参加でき、優れた建材を採用できるようになっている。HABITAの提携企業でもすでに参加されている企業もあり、「世界から良いもの」を実行していきたい。大会社にはない大きな特徴である。中野渡社長はミサワホーム時代に参加された海外建設の工事で御苦労し、国際分業の花を開かせた。06p128-135HABITA_METROPOLIS-Cabinet%EF%BC%B7%EF%BC%A5%EF%BC%A2%E7%94%A8.jpg

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ