MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2014年02月28日

国際メディア財団基金 東京直下型地震研究に寄付

国際メディア財団の役割も一つの成果をあげることが出来たので、余剰財産を直下型地震の研究に寄付することにした。最後の理事会を開催。

2014年02月27日

地熱発電事業会社K社と打合せ

当社が保有している地熱発電用地の活用について打合せを行っている。エネルギーを中心に発展してきている会社なので、是非成功していただきたいと思っている。

2014年02月26日

アメリカのメガソーラー投資会社打合せ

多くの実績がある会社で日本で展開したいということでメガソーラーの案件を数件ご紹介した。実現にむかって成功していただきたい。海外企業は日本での合理性、文化の違いがあり日本を理解し事業を進める事にご苦労されている模様。

トーマツ・野村総研OB

優秀な人材とエネルギー問題について意見交換をしている。現在の技術について、可能性が大きな分野で今後も日本の産業の重要課題となっていく。

2014年02月25日

和田顧問、長崎さん会談

和田さんはミサワホームで東北、札幌ミサワホーム2社を上場会社に導いた有能な人。ミサワホーミングを黒字化し、発展させ退職された。長崎さんはリフォーム事業で考案の特別なサービスを導入され、今後伸びる人。3人で将来の夢を話合った。

小野田社長、矢部社長来社

小野田社長の会社は特殊な技術で全国のゴルフ場全社にお付き合いがある。ゴルフ場の経営が難しい今、ゴルフ場の再生について提案をしている。その一つにメガソーラーがある。今日は全国のいくつかの提案をご紹介頂いた。今後長いお付き合いが楽しみ。

2014年02月24日

AAH

アジア・アライアンス・ホールディングスは不動産を中心に活躍している上場企業。社長は野村證券出身の船戸さん。若い社長である。役員には大変立派な経歴のある方々がおられ、今後期待される会社。日本を中心にアジアで色々な事業を手掛けようとしている。色々な案件をやっておられる。

デトロイト・トーマツ

日本に7000人、世界に20万人、優秀な人財を抱えている公認会計士事務所。関係会社で新規事業としてエネルギー事業を行っている。当社では従前よりご指導いただき、事業化を進めている。

2014年02月23日

福島メガソーラー地主さんと打合せ

福島の地主さんは会社でそれぞれの意思をもっており、複数の会社と意見交換をしている。太陽光発電は社会貢献する企業との意識は高いのだが、事業をまとめようとすると色々な意見がある。今日は調整話合いを行っている。

2014年02月22日

地主の皆さんに報告

地熱の社会貢献になるのでやったら良いということであった。有識者の意見として天下国家の立場から色々な意見を伺うことが出来た。雪の為東京まで20時間かかった。

2014年02月21日

一重ヶ根待ちの皆さんに報告

地熱発電が土地にどのような課題があるのか利益があるのか話合いの場を設けてもらっている。夜19時より熱心にご意見を伺う事が出来た。何より嬉しかったのは私以上に地熱の活用について熱心であり、どう活用するか日頃から考えておられた。結論は「地元の発展になれば」良いとのことであった。

2014年02月20日

奥飛騨温泉郷と契約

地元温泉企業の協力無くして、地熱発電は出来ない事から今日は3つの温泉組合と2つの企業5者と話合いの結果合意にこぎつけることが出来た。

2014年02月19日

九州電力

地熱発電のパイオニアで日本にある地熱発電内半分は九州電力だ。九州電力がスタート時より自然エネルギーに強い思いが経営者層にあり今日にいたっている。縁あって役員の方々の提案の元、当社の地熱発電に知恵を頂いている。今日も勉強会。日本の地熱エネルギーのパイオニア的存在になっている。

2014年02月18日

鮎川 純太さん

鮎川さんはMIT出身で国際メディア財団の設立時より理事を引き受けて頂いている。国際メディア財団は東京直下型地震の対策にメディアがどうか関わり人命を助けることが出来るかという大プロジェクトを産学で進めることになり基金は全額早稲田大学に寄付し直下型地震の革命者であられる伊東特命教授の元で推進することとなった。今日は鮎川さんより新技術の紹介があり、勉強している。人間の耳には聞こえない音がスマホに表示出来る技術、災害時にサイレンの音と共に地域の情報を細かく知らせることが出来る。ガレキの中の助けを求める声を受けとることが出来る。大きな設備投資がなく、可能とのことであった。鮎川純太さんは鮎川義介さんの孫、三代に渡ってご指導を頂いている。鮎川義介さんは日本で初めて株式会社を設立した人。日立、日産自動車、日本油脂等社名に日本と付いている会社が多い。

2014年02月17日

明日会える

仕事に息詰まるのは社内外に問題を解決出来る人財が居ない時、皆様はどのようにされていますか。勿論古い人脈、薄い人脈、友人、知人にも頼んでも見つからない。これで、この事業はおしまいと思わない。もう一手ある。私は「困った、困った」と隠さず言う事にしている。すると、「役立つと思いますので一緒にやりましょう」と言う人が必ず現れる。神様が連絡してくれたとしか思えない。今まで何回もあった。明日はその人に会える・・・。

2014年02月16日

HABITAを10万戸建てたい

帝国ホテル会議室でHABITAダイエープロビス会長の申し出を聴いている。大きさに驚いていると、具体的なもので勿論日本ではない。世界を飛び回っている会長の発想。建てる国は住宅不足の国。部材を生産する国・企業・人財も具体的なものであった。私への希望は木質で200年住宅HABITAのブランドと技術が必要との事であった。おだてられるとやりたくなる私は、今日は一日中「夢」を追っている。世界一の住宅会社は中国のVANKE(万科)年間6万戸である。VANKEの王石会長は友人で長いお付き合いの方で、中国を代表するベンチャーで、25年で世界一になっている。やる気があれば、出来ると言う事なんだろう。

2014年02月15日

14日夜高山を出て、雪の為20時間車中で18時帰京。

2014年02月14日

飛騨高山にて

地熱発電の知恵を得るべく、ガーデンホテル焼岳の石田社長の知人・友人を紹介してもらっている。地元温泉企業、電設会社、土木建設会社、木工産業の皆様、色々な貴重な活動を伺う事が出来て、今後とも長いお付き合いをお願い申し上げている。22時車で帰京。

2014年02月13日

住宅とエネルギー

現代人が暮らすにはエネルギーがどうしても必要で太陽光、太陽熱、地熱、風力、水力の自然エネルギーに期待がかかっている。私は太陽光と地熱に50年関わっている。私の父は戦後水力発電工事ダム工事の納材をやっていたのも何かの因縁を最近感じている。

2014年02月12日

地熱発電は今

注目されている自然エネルギーの一つだが、国立公園の中に8割があり、大規模発電なのでリスクが大きいとされて実用化が遅れていた。地元温泉企業の理解を先ずいただいて、新技術とリスクは国の協力もあるので皆で知恵を出せば、自立出来る日本になる。そうしたい。

2014年02月11日

地熱への思い

昨日地熱発電の潜在量は原発ゼロに出来るのではと話した。今日は温水つまり、地熱発電をした後の温水をどのように使われるか紹介したい。夢の様な現実がある。
・食の安全の立場から無農薬の野菜、果物が期待されているが、温室は生産性が高い。
・すっぽんが温室で大きくなっている。企業として大切にしている。冬眠がないので、成長が2倍早い。餌は企業秘密だが、安上がりとか。
・キャビアはチョウザメの卵だが、7年に一度しか生まないことから、世界三大珍味。日本では、温水で生産が始まっている。チョウザメは130年生きる。不老不死でもあり、今後良い食材として注目されている。
・うなぎの成長は温水だと早く、一年で2倍になり、食べられる大きさに成長する
・温水は古くから療養によく、日本人には大切にして来ているが、ここに来て新たな発見が始まっている。

2014年02月10日

地熱発電の可能性

第一次石油ショック、第二次石油ショックの時、日本のエネルギーは原子力発電か地熱発電かと調査研究を行っている。地熱について日本全国可能性ある所に試し掘りをして熱の測定をしている。結果は2400万kwの可能となっている。150度以上原発に相当するものであった。ところが、産業界、政界は原発を「原子力の平和利用」として選んでいる。勿論、3.11の事故、原発のゴミについてはコストに入っていないので、コストが安いとなっている。その後、バイナリー発電という新技術が開発され、温度53度~120度でも発電出来る技術が確立、実用化されており、日本の地熱発電可能性は833kw大きくなった。日本地熱学会と日本地熱開発企業協議会の資料がある。

2014年02月09日

大雪

大雪で車で4時間の所、電車を乗り継いで10時間。帰京。

2014年02月08日

100年前地熱発電の思い

100年前に今日問題になっているエネルギーについて、提案した賢人が居る。日本の発展はエネルギーが必要でエネルギーを開発したいと油の奪い合いになりやがて油の争いが戦争を引き起こすと言っている。賢人は地熱を活用できないかと呼び掛けている。九州電力がその思いに協力している。技術的に難しく、成功に至らなかった。賢人のいう通り、日本は世界大戦に突っ込んでいくことになる。
日本の地熱はアメリカ・インドネシアに次ぐ世界第3位の保有国である。実用化では世界第8位にとどまり、今後が期待される。
日本は幸いタービン発電の生産量は地熱発電の世界の70%を生産している。高い技術を持っている。最新のテクノロジーでタービン発電機を使わずに発電する技術も2年後に実用化される見通しでもある。今日は100年前の賢人の思いを実現すべく、飛騨高山温泉郷に来ている。

2014年02月07日

京都にスマートシティ500戸計画

京都・大阪・奈良にまたがる住宅地の開発が進んでいる。HABITAとしてはメガソーラーの技術、200年住宅、街づくりとしてランドプランニング、住民協定等を提案していきたい。

京都リブさん21年記念

波多野社長の早い決断で仕事を伸ばし、センチュリー21の会社5社、賃貸専門会社、住宅会社、HABITA、設計事務所、と事業を進め、大きなグループとなっている。京都グランヴィアに600名が集まり、盛大に行われた。21年記念と言うより更なる再スタートとするというもので、各部門の責任者が目標の発表があった。200年住宅HABITAの説明をさせてもらった。先々が楽しみ。

2014年02月06日

HABITA 一世紀住宅とHABTIA CRAFT

新潟にミサワホーム出身でトップの住宅会社になっている一世紀住宅が、東北でHABITA CRAFTと協力し合って仕事をしたいとのことでJVでやることになった。今後このようなケースが増えてくると思っている。

2014年02月05日

マンダリンホテルで朝食会

日本の経済の強さに期待している外資に多くやってきている。今朝はアジア系の会社に投資案件を紹介、説明している。時間をかけじっくりやりたい。金メダルにしたい。

2014年02月04日

CABANE de Zucca デザイナー 小野塚さまに会う

20年以上ファッションデザイナーとしてパリコレに新しいデザインを発表し続けた小野塚さんがZuccaのデザイナーを引退した。Zuccaブランドで世界で有名なデザイナー。吉村順三の設計した伊豆の別荘を使っておられる。「綺麗で構成美の素晴らしさは息をのむほどだった。」と言われておられた。出身は新潟県十日町で、会社の社員大平さんと同級生の友人で私とは同じ高校。50年前の雪国に思いを語り合った上で、共感したことは、「ファッションも住宅も売る為のデザインで問題だ」。住居費が高い日本で耐久性を200年にして生活を豊かにする事にもっともだとおっしゃられ、今後時代が変わっても変わらないデザインがあるとすれば、一緒に仕事したいと願っている。楽しい時間ありがとうございました。

2014年02月03日

MISAWA HABITAとMISAWA ENERGY

住宅は200年住宅を実行していくことで、生活がより豊かになる。住宅費が下がる。生活に必要なエネルギーをどう取組み、どう住まうかによってさらに豊かな生活を求める事が出来る。これから10年エネルギーの革新が求められるのだろう。

2014年02月02日

奥飛騨温泉郷

北アルプス焼岳は5才の頃より大正池、上高地と並んで自然の美しさを感じさせる存在でした。この度、縁あって地元の方々の意見を聞きながら、焼岳のエネルギーをどう活用するか話合う機会がありました。
温泉でスッポンを育てていると2倍早く育つということでした。チョウザメもキャビアは7年から10年かかるが、一匹から200万円ものキャビアが生まれるとのことでした。チョウザメは150年生きると伺いました。うなぎも今後育てるそうですが、10kwのものが半年で30年になると伺い驚きました。バイオテクノロジーの世界でした。今後熱を利用した植物を育てる技術を開発されるとのことでした。私は地熱発電を考えており、ベンチャーを育てた野村総合研究所の研究者をはじめ、世界的な研究技術と提携していて、事業の目的と地元の大切さを願いつつ、進めて参ります。

2014年02月01日

ブログ

仕事にかまけてブログを書くのが遅くなって迷惑をかけている。三澤はピンピンしているのだが、情報化は恐ろしい。発信していないと大変な事になっている油断大敵である。「冗談大敵」となってしまう。

三澤ブログを検索:
アーカイブ