MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2014年03月31日

金沢発表会打合せ

4月1日にHABITA絹川商事がHABITA宣言を行う予定により、連絡打合せをした。

2014年03月30日

飛騨高山地熱発電関係者打合せ

神戸から荒井取締役他3名上京され、4月4日記者会見の内容を打合せした。

2014年03月29日

佇まいCS

佇まいのCS
快適な生活の為、住宅業界ではCSを真剣に考える時期に来ている。私はやってきているものの一層充実したものにしたく準備を進めています。
CSとは「Customer satisfaction」の略で、「お客様は全て正しい」とする考え。顧客満足、顧客第一主義と日本では言われている。世界No.1の企業はCSに強力な意志を持ち、長きに渡り積み上げた企業であり、事業の最終目標となっている。私も事業の最後の仕事として、取り組んでいきたい。

風雪水害は無料で修復出来る
今年は雪が多く、風雪水害の改修が多発している。お客様の大半は自費で改修をしている。本来は保険の対象になることで、自費でされたお客様はおしとよし。雨漏りで天井壁床のリフォームになってしまったことがあると思いますが、保険の対象です。実績としては、200件やってみました。およそ金額にして、50~100万円ですが、お寺の雪の工事も8000万円というものもありました。手続きが難しいのでお打合せさせてください。

366日24時間体制
住まいは昼夜使うものであるので、24時間体制でなければならない。夜中に空調の調子が悪い、水道の水漏れが始まった、などよくあること。カギを無くしたどうする、佇まいのトラブルは年中起こるのが当たり前で、24時間受付がなければやっていけない仕事と思っている。24時間コールセンターを設け、常時受付ける。対応は翌日早朝1番で手配し当日に終わるものと部品を用意して職人を手配するため何日かかかるものとある。日数がかかるものは工程表を出して了解を得る。これが出来なければ住宅の仕事をやめるしかない。

年会費1万円台で80のサービス
住まいは年中使うのでトラブルは付きものと考えています。いかに安くトラブルを解消するか考えています。職人が大工、屋根屋、水道工、電気工等と分かれているので高くつくことになります。そこで多能工と言ってなんでも修理出来る人材を用意すれば何分の一で済むことになります。多能工の育成に時間がかかっていましたが、一応全国手配が出来る体制となりつつあります。キッチン、洗面所、トイレ、浴室、玄関、窓、ドア、収納、障子、網戸、照明、スイッチ、停電、換気、等多岐にわたり、80項目が対象です。入会をお勧め致します。

ライフサポートを行います
佇まいを快適にするには多岐にわたることが多いとお考え下さい。プロのハウスクリーニング、ハウスキープの仕事。ハウスコンシェルジュとしては買い物、お手伝い、食事の宅配手配、洗濯のお手伝いをはじめ、ゴミ新聞の仕分け、植木の水やり、出張パソコンサポート。シニアケアの住まいとして医院の紹介、車いすお手伝い、食事介助、見守り、不在のお世話、訪問の見回りも行います。さらにペット、ギフト、セレモニーの取次等、ご相談下さい。

節約、ランニングコストを下げる
電気代、水道代、ガス代を下げる事を考えております。方法は後ほどします。電話代は勿論下がります。住宅ローンも金利を見て銀行を変える事で考えてみてください。大きく差があります。さらに太陽光発電をし、売電することつまり、住宅ローンを1/3、半減することは可能です。

法律相談
年金のことを知らないお客様の相談にのっております。税の申告についてもご相談下さい。相続、土地の相続等についてもご相談下さい。無料です。防犯相談、人間関係、トラウマや心の傷、ストーカー等専門スタッフがアドバイスさせていただきます。専門家もご紹介致します。

今、日本で伸びている住宅会社
後発でありながら大手より高い価格で売れている高層住宅会社があります。CSが出来ているからです。今までのアフターサービス、メンテナンス、リフォームといった次元とは全く別で、新しく取り組んでいます。地方で大手住宅メーカーより高く評価されている会社とお会いすることがあります。CSをとことんやっている会社です。世界No.1の住宅会社は中国の万科、創業者王石さんは長い友人ですが、経営の基本にCSを置いて取り組んでいます。CSはこれからの住宅産業の成長のキーワードです。

小さい会社がどうしてCSが出来るか
風水害改修、24時間366日体制、合理化されたメンテナンス費用、多能工育成、ライフサポート、ランニング、コストの引き下げ、法律相談までをなぜ小さな会社で出来るか紹介します。すでに全国に多能工を育成して組織化した会社があります。24時間コールセンターは多方面の仕事を請け負っており、業績も上がり、1部上場会社です。コールセンターをキャンバスと呼び800名の社員が動いており、最近第二のキャンバスを展開中です。風雪水害無料サービスの原資は優秀な会社が開発したシステムで、当面他にはない特色となっています。

より快適な住まいの知恵108
50年に渡り私自身が学んだ事柄をお客様に知っていただきたく108項目にまとめてみました。大切な子供さんの為に自然と触れ合った生活がいかに大切で、良き人間関係こそが人生の大切の秘訣だと思い当たりました。ご紹介させていただきます。2カ月にわたり、毎週土曜日のブログを見てください。私は120万戸の住宅を建てさせて頂き、大変勉強させていただきました。おそらく世界で一番多くの住宅を建てさせて頂いたものでありますだけに、1人の知識、知恵にとどめることなく広く知って頂きたく、お知らせする事にしました。

2014年03月28日

岐阜県庁訪問

飛騨高山地熱発電事業について、岐阜県庁の意向を確認にお邪魔している。環境アセスなど開発の難しい問題をクリアしなければならない。

2014年03月27日

JOGMEC

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構は地熱の調査研究を実現に向けて援助を行っている。特に、地元企業に対しては特に支援があり、今後大きな成果をあげていくと思うので、本日は勉強会をし、合わせて経済産業省の担当部長を訪問した。

2014年03月26日

九州電力 松田様

松田様は九州電力の常務をなされた方で入社以来、地熱発電事業の開発をされました。日本で地熱発電の実務に詳しい方なので、今日はご招待して勉強会を26、27日で行っている。

2014年03月25日

HABITA CRAFT提携申込多数

積極経営で効果が出ているHABITA CRAFTは多方面から提携の話が持ち込まれ、全国展開にしたいと考えています。HABITAの新しいビジネスモデルで展開するべく検討会を行っています。

2014年03月24日

CS長崎社長と打合せ

長崎社長は30代で自己負担無しで風雪水害を改修出来るノウハウを蓄積させた人。大げさにいえば、アメリカ大陸発見の様なもので、リフォーム市場に画期的な成果をあげることになると思います。お客様にご紹介させていただきたいと考えております。

2014年03月23日

家の消費税がない国

家に消費税をかけない国がある。アメリカ、イギリス、ドイツ、オランダなど先進国である。日本は家に消費税をかけるから国民は家を消費物だと思い込んでいる。家をしっかり作り込み、丁寧に手入れをし、庭づくり、街づくりをし、住みやすいコミュニティとなれば家の価値は上がり財産となる。財産となり二代、三代と住めば生活は豊かになる。

2014年03月22日

住宅の消費税はおかしい

家は消費するもので無く資産となるものなので住宅に消費税はおかしい。先進国には家の消費税はない。民主党の政権下の時話をしてみた。国交省前田大臣に話をしたら「うーん・・・」と黙ってしまった。輿石幹事長に話したら「ゼニがないからのー」であった。自民党は3%を8%にあげる事になってしまった。

2014年03月21日

休みが3日

休みが3日もあるので、墓参りに松本に来ている。毎週土曜日のブログで佇まいを造るのに必要な知識、知恵をお伝えします。
3月29日 佇まいの為のCS
4月05日 佇まいに選ぶ場所
4月12日 佇まいには木材が一番

2014年03月20日

岩手三陸のHABITA CRAFT説明会

建築予定者20名が集まり10名の申し込みがあった。若い方3名は即契約可能でお年寄りについては住宅ローンの問題が解決して契約に持っていきたい。国の手厚い制度もあり、可能となっている。

2014年03月19日

高山市、岐阜県に説明

地熱発電事業に入るに当たり、事前の説明に伺っている。諸手続きがあるので今後何度か伺う事になる。

2014年03月18日

住宅研修財団理事会

住宅研修財団は住宅に関する先導的役割をやっておりますが、大工育成塾を設立して、現在卒業生は500名を超えた。優良工務店の会という品質保証出来る勉強会を進めており、500社を超えている。

2014年03月17日

メガソーラー推進

来年度メガソーラー実現について地主、発電事業会社、発電工事会社、行政など沢山の案件が錯綜し忙しくしている。買い取り42円案件が3月4月で出来る可能性があるものがはっきりすることになる。

2014年03月15日

奥飛騨温泉郷会合

地熱発電を行うことについて、4つの温泉組合から同意を頂きました。一重ヶ根町の方々に大勢集まっていただいて事業に了解を頂き、私は町内会に4月1日よりいれていただくことになりました。今後新年度に向かって推進協議会を設立して推進することになった。

2014年03月14日

地熱発電会社2社と打合せ

地熱に熱心な会社で、東京で1社、神戸で1社本日事業内容についてすり合わせしている。広大な土地に発電所を建設する話ですが、保安林の中に地熱の掘削が出来る事になったので、地熱発電を多数建設することが出来る。両社とも業界を代表する企業でメガソーラーの実績が多い。

2014年03月13日

国際メディア財団解散式

22年前、設立された財団でメディアの発展に寄与してきたものと思います。初代理事長はシャープの佐々木副社長、2代目は防衛庁次官吉野様、ここ15年は私が勤めさせてもらいました。成果としては、千葉県に100万坪のサイエンスパーク住宅団地を三菱地所の土地で進めました。MITの大学誘致は失敗しましたが、ITの人材の養成をしており、有能な人材が多数輩出できました。デジタルハリウッドの杉山学長などいらっしゃいます。

2014年03月12日

取材 これからの産業

日本は戦後時代にふさわしい技術が生まれて今日がある。アベノミクスは景気が良くなるという様に言われているが、新しい技術が生まれていない事に不安を感じる。これからはエネルギーが特に大きく発展すると考える。戦後の産業を振り返ると、20年代は鉄を加工する技術が重工業、30年代はコンビナートが出来科学工業、40年代はエレクトロニクスの技術で家電が普及、50年代は重工業、化学工業、エレクトロニクスを合わせた組立工業技術を生かした自動車、プレハブ住宅の普及、60年代はITになり、ここ20年は新しい産業が生まれていない。失われた20年は新しい技術が出来ていない、新しいものとして自然エネルギーだけでなく、省エネ技術である。

2014年03月10日

飛騨高山地熱発電

当社保有の200万坪の土地に皆様と協力して地熱発電を進めております。アルプス焼岳のふもとで、日本で有望な3本の指に入っていると言われており、昭和50年エネルギーを確保する為地熱発電か原発かという時代でありました。全国に試掘井を1200本掘り、調査を進めた結果、北アルプスは有能な地域となっている。当社保有の土地にも試掘井が掘られ、高い熱が確認されている。

地元関係者打合せ

地熱発電はいくつかの発電所が出来るが、地元で1つ旗をあげてもらうために打合せに来ている。飛騨産業、商工会議所岡田様、林工務店様、松下電機様、緑化土木様、ガーデンホテル焼岳石田様、大西様、竹原様、他にも参加意向もあり、地元の希望を実現したいと思います。

2014年03月09日

けせん杉材

東北岩手けせん杉材は江戸時代から使われており、木材の名産の一つです。この度けせん杉を使い製材、乾燥、集成、合板を生産し、バイオ発電も取り入れる計画が進んでいます。地元の地場産業にしたいとの思いです。東北復興はこれから住宅が多く建てられるので可能性があると思います。岩手に提携企業があり、協力してやって頂いており、予断ですが、中学を卒業すると6割が大工になる土地柄で、気仙出身大工さんが多い。縁が深い土地柄です。

2014年03月08日

三陸高田住宅建設

東北被災地に200年住宅を建てています。最近熱心に地元出身の松田さんが進めておられ、HABITA CRAFTと協力しモデルを建設します。全体に宅地は不足していましたが、三陸高田では充分手当てすることが出来ました。

2014年03月07日

200年住宅HABITA取材

200年住宅HABITAがどのように発展しているか取材、現在全国に230社の提携企業があり、200社が工務店、35社が木材、建材関係会社です。他に設計事務所15社が協力していただいています。200年住宅が理解出来ないという方々が多いので説明。
1.コンクリートの耐用年数 130年 サン・ジャン教会
 鉄の耐用年数       230年 アイアンブリッジ
 木の耐用年数      1400年 法隆寺 で、木造建築が一番長い。
2.木材は腐らない。
 乾燥した木材は腐らないのです。
 水の中を歩いても、下駄が腐ったと言う話はない。
3.仏像は集成材で出来ており長い。1000年の歴史がある。
4.700人乗りの木製飛行機  現存しており、ジャンボよりはるかに大きい。
5.耐久性
 大断面 15cm・現し・間面でなければならない

私は200年住宅の調査を兼ねて、世界160地方を周り、国内344か所を調べてみました。間違いなく、出来ると思っています。

2014年03月06日

HABITA営業委員会開く

営業委員会会長のタカスギさんは、総合展示場2か所に出展して確実に実績をあげています。高級仕様・坪65万円、企画型・坪55万円で60棟売れた。受注の1/3がHABITA、2/3がHABITAの宣伝による木造住宅。プレゼンテーションが効果的に活用されている。
第一建設さんより4000名収容の説明があった。リブさんからは同業者との3グループ共同勉強会を行う大イベントの話があった。
バレッグスの大本社長は太陽光と蓄電池を使った自給自足の自立型モデルを建設中とのこと。外部より電気ガスが無くても生活出来る家。
HABITACRAFTの荻原副社長からは損害保険を活用して受注を1億円にした話があった。営業委員会メンバーは他に神東建設さん、福山住宅さん。

HABITA技術委員会

会長は建装の安食社長。構造材、合板の仕入れ単価について説明がありました。技術委員会メンバーはリブさん、神東建設さん、タカスギさんです。
技術委員会はこの度構造材以外の設備の価格を説明、全国統一価格にしたいと思っています。木材は地域差があり、なかなか難しい。

2014年03月05日

金沢HABITA宣言

HABITA絹川商事さんが関係者、取引先を集めてHABITA宣言を行います。購入希望者は現場説明会も行います。HABITA宣言と現場を同時に行うのは今まで好評で受注に大きく繋がっているので今後続けたいと思います。私も参加して皆さんにお会いしたいと思っています。

京都Liv・合同勉強会

Livさんが中心となってレンガ造りの建物の住宅関係者とHABITAと共同で勉強会を行います。期間中京都大学院の先生もお呼びしてお話を聞くことになっています。私は住まいの話を広くさせていただきたいと思います。
Livさんは先日京都グランビアで20周年パーティを行い、積極的経営を進め貪欲に住宅営業を広めておられます。

2014年03月04日

静岡で4000人来場へ

4月に19日、20日の2日間でHABITA第一建設主催の住宅建材、住宅部材、住宅設備、その他住宅関連を展示するフェアを毎年行っている。毎年大勢の人を動員していますが、今年は4000人を動員、中部では最大イベントとなっている。一住宅企業が行うイベントとしては極めて珍しく、見学の価値があります。会場にはマルシェや色々なコーナーが出展しており、子供さんの楽しめる場所を用意して回を重ねる度に成果をあげています。HABITAも好調に売れている。

2014年03月03日

社会貢献

太陽光発電事業、地熱発電事業が社会貢献になるという事で、企業として取り上げるケースが出来てきている。利益の上がっている会社が利益追求だけでなく、社会の為になる意向2社より事業化を持ちかけられている。

2014年03月02日

休み

今日は久しぶりに一日家に。

2014年03月01日

上海電力日本

140年の社歴のある上海電力が日本に進出してきてエネルギー事業を進めようとしている。太陽光発電について実績があがりつつある。海外ではインドネシア、オーストラリア、トルコが事業化に成功し、新規にモンゴルでもスタートしている。日本での成功を期待している。

三澤ブログを検索:
アーカイブ