MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 三陸高田住宅建設 | メイン | 飛騨高山地熱発電 »

01

けせん杉材

東北岩手けせん杉材は江戸時代から使われており、木材の名産の一つです。この度けせん杉を使い製材、乾燥、集成、合板を生産し、バイオ発電も取り入れる計画が進んでいます。地元の地場産業にしたいとの思いです。東北復興はこれから住宅が多く建てられるので可能性があると思います。岩手に提携企業があり、協力してやって頂いており、予断ですが、中学を卒業すると6割が大工になる土地柄で、気仙出身大工さんが多い。縁が深い土地柄です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ