MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 地元関係者打合せ | メイン | 国際メディア財団解散式 »

01

取材 これからの産業

日本は戦後時代にふさわしい技術が生まれて今日がある。アベノミクスは景気が良くなるという様に言われているが、新しい技術が生まれていない事に不安を感じる。これからはエネルギーが特に大きく発展すると考える。戦後の産業を振り返ると、20年代は鉄を加工する技術が重工業、30年代はコンビナートが出来科学工業、40年代はエレクトロニクスの技術で家電が普及、50年代は重工業、化学工業、エレクトロニクスを合わせた組立工業技術を生かした自動車、プレハブ住宅の普及、60年代はITになり、ここ20年は新しい産業が生まれていない。失われた20年は新しい技術が出来ていない、新しいものとして自然エネルギーだけでなく、省エネ技術である。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ