MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2014年09月30日

北海道 HABITA北楽工舎さん来社

モデルハウスが新しくなるということで設計の打ち合わせをした。新しい技術で宇宙衛星で使われているアルミの輻射熱対策の建材を使用しようとしている。熱は75パーセントは輻射により伝わるのでこの技術をうまく活用すれば、今日までの断熱材に頼るやり方から一変するかも知れない。北海道の帯広におられて、いつも新しい技術の開発について考えておられる古田社長に感謝。

大林組研究所

ワイレックスの技術は放射能の除染が出来るということで、大林組さんが高い関心を持っておられるのでワイレックスの山下会長と共に訪問し関心を示していただいた。技術について広く広められれば幸い。

2014年09月29日

HABITA CRAFT株主総会

4期目の総会で私は社長を勤めさせていただいているので総会を開いている。3年目に東京プロマーケットに上場し、昨年は仙台に支店を作り先行投資が多いので今年から大きな黒字が見込めることになった。東北の復興にいち早く取組んだことが幸いであった。今年度は宅地の開発など事業が増えたので業績は一変する。出来れば東京支店も開発したい。株主の皆様これからもご支援お願い申し上げます。

2014年09月28日

国立大学 技術海外移転

最近、国立大学ですばらしい技術が開発された。これまでですと、日本の会社が使用して国益に寄与するということが行われてきた。この度、全世界に紹介したいということで、海外企業で出来てメイドインジャパン、メイドインチャイナ、メイドインアメリカ、メイドインドイツとなった。全人類のために技術を使うということで、海外の会社に技術が移転されることになった。私はかねてより日本の企業も島国根性を捨てて、改めなければならないと思っていたがそんな時代になっている。以前より世界基準ということを提言して20年以上になりますが、時代は新しく変わろうとしている。大変喜ばしいことだ。

2014年09月27日

宮城県宅地開発

東北の復興はこれから10年かかるということになっておりますが、現在、津波に襲われた地区のかさ上げを行い、宅地開発を進めている。当社にもいくつか案件が持ち込まれ進めている。出来れば将来を展望したスマートシティが完成すればいいと思い、打ち合わせを行っている。

2014年09月26日

鮎川純太さん

鮎川義介さんのお孫さんで、大手企業はもちろんベンチャー企業まで国内外に顔が広い。今後の事業の展開について話を伺っている。財団の運営について大変お世話になりました。

2014年09月25日

環境省訪問

東北除染の進行状況について、ご意見を伺いにきている

新技術開発

太陽光発電の次世代開発を行っているということで技術の内容について打ち合わせを行っている。大幅に発電効率があがると伺った。来年発売か。

2014年09月24日

飛騨高山地熱発電

地熱発電に参加したい企業さんが2社と打ち合わせ。荒井取締役と共に。

2014年09月23日

仙台 現地まわり

仙台の開発に現地をまわって調査にきている。コンサルの意見を伺った。

2014年09月22日

野村不動産株式会社

最近積極経営をすすめている野村不動産と宅地開発の話をした。お互いに検討進めることになった。

2014年09月21日

景気

日本の景気はアベノミクスといわれているが、東北復興が原因である。当分続く国の莫大な予算が投入されているからだ。神戸淡路地震の折、日本は先進国で第一の成長率の高い国であった。

2014年09月20日

古い友人三枝さん

リゾート開発に協力いただいた三枝さんにしばらくぶりにお会いし旧交を暖め、東北復興について熱く語ることができた。

2014年09月19日

地価の動向

昨日今年度の基準地価が国土交通省から発表があった。ご覧になったかと思います。新聞に報道されている内容は住宅事業、再開発、追い風といった経済的要因のみ取り上げられております。土地、特に住宅地の価格上昇は、日本は住民の意識が低く、海外で見るような美しい街が出来ていない状況です。5つの住環境と3つの手法が住民の中にないからです。少し面倒な話になりますが、お時間下さい。
5つの住環境の1番は交通環境で、これは駅から何分ということで、皆さんが意識していることだと思います。最近の車社会での要因も考えに入れておいてください。新幹線の影響も大きいと思います。何キロかということでなく、時間距離が大切です。2番は教育環境。安全な幼稚園があるかどうか、小学校が近いかどうか、進学校の中学、高校があるかどうか、全て優れているところはないので、子供の成長に合わせて移住せざるを得ないということが現実です。意欲的に取組めば優れた学校を住民が誘致するということによって、教育環境をあげることが出来ます。3番は医療環境。やぶ医者か名医かクリニックがどうか、総合病院があるかどうかということです。4番のショッピングの環境はスーパー、コンビニがあるのは当たり前となりました。おしゃれなお店があるか、楽しい時間がもてるかということかと思います。5番の自然環境は公園、緑地、安全なところかどうかということになります。
以上5つの住環境に加えて、3つの約束が大切です。まず、ランドプランニングという造成方法で50年、100年の大木を伐採することなく、生かして宅地造成を行う手法です。日本ではまったく取り入れられてなく、土地の効率だけを考えて森を伐採してしまう残念な結果となってしまいます。街を育てるには、100年以上かかることとなります。2つ目は住民協定で、門塀、生垣、駐車場、ごみの集配など住みやすい街にするための約束事をディベロッパーが定め、お客様全員が参加する手法です。3つ目はマンションの管理組合のように住民が毎月一定に積みたてて、業者に依頼して街を育てる手法です。日本では行われていません。私は5つの環境と3つの手法を実現するため、札幌、長崎、サンフランシスコ郊外に大規模な宅地造成を試み、最終的に銀行の協力を得られず、未完成で引き渡した残念な思いがあります。これから優れた街が残る仕事をしたいと思っております。街は不動産が価格を決めるのではなく、住環境を育てて初めて良い評価となるということです。

2014年09月18日

ダイキアクシスさん来社

15年前よりご縁のあるダイキアクシスさんと除染のプラントを作っていただく打ち合わせをしている。福島に工場があるとのことであった。技術の高い会社なので、一緒に仕事をしていきたい。

雑誌取材

21世紀はエネルギーの問題になるということで、当社が進めている自然エネルギーについて話を聞いていただいている。

長期産業投資株式会社

会長は相沢英之さん、社長は三澤さんが進めている会社。今日は新しい投資案件の説明を行っている。

2014年09月17日

朝5時スタート

車で仙台に開発の土地を関係者と5箇所回って、郡山を経由して24時帰省。仙台で除染の事業を行う人材を探している。

2014年09月16日

星様100歳 相沢様96歳

星様は日本とアメリカで事業をされており、現在あと2ヶ月で100歳になる。耳も遠くなく、頭の回転も速く、御殿場の開発を大きく手がけておられる。日米太陽光発電研究所を作られ、メキシコ州に1100万坪の事業を進めておられる。
相沢様は元金融庁長官。今度の東京オリンピックで100歳になるということで、その後のことを考えられているようだ。先週はモスクワに行かれて大変活躍されておられる。私は76歳ですが、まだ子供の年であり、まだまだと思い知らされる。

日本生命

日本生命さんが資金運用として、地熱発電に融資したいという話があり、地熱発電に事業化を検討している会社を3社御紹介していただいた。

2014年09月15日

5万8千人敬老の日

100歳を超えた方が58000人になった。世の中に認知されるには「5万とある」という表現がある。100歳以上の方がたくさんおられることが当たり前となった。
ミサワホームを始めて世の中に認知していただけなかったが、5万棟を越えたころ認知されはじめたことを思い出した。HABITAでまた同じようなことを思い努力している。

2014年09月14日

ワイレックスエンジニアリング

東北のプラントを2機契約になった。山下社長ともども説明をしている。連休のところわざわざ立ち寄っていただいた。

2014年09月13日

建設費の値上がり

全国的に値上がりして、高層住宅は坪100万円でないと出来ない状況に陥っている。どのような理由で値上がりしたかはともかく、急激な値上がりである。ゼネコンはコストダウンについて特別な努力をしていないのではないか。工業化住宅は自社で部品を製品している、国内海外に工場もつくり、合理化に努力をしている。今後建設業もそのような方法に向かうものと思っている。
今日はディベロッパーを国際分業に成功している東京組へ案内した。

菱和テクノサービス

ミサワホーム総合研究所出身で技術社長の武蔵社長が太陽光発電の合理化に成功しており、業績を延ばしている。来年は株式を公開できるということで立ち寄っていただいた。よく知っておられる方なので協力していきたいと考えている。

2014年09月12日

株主業績説明

当社の会社の現況について、10期になりますので、会社の業績の話しをさせていただきました。住宅部門では株式を公開できたこと、除染事業は「石の上にも3年」で国の予算が決まったこと、再生エネルギーは新規事業については努力中であることを報告して、ご了解を得た。

2014年09月11日

奥飛騨温泉郷

奥飛騨は地熱発電の案件がいくつかあり、当社の関係する案件以外にいくつか持ち込まれ、検討を始めた。

2014年09月10日

仙台宅地開発・地熱発電

実現に向けて1500戸の規模の大きな開発なので、市場調査に仙台に来ている。地熱発電の候補地があり、調べて帰ることにした。

2014年09月09日

あすか倶楽部勉強会

50名ほど不動産の会社が集まって日本経済の勉強会をしている。私も時間があったので参加させてもらった。

GK

GKは日本の戦後のあらゆる分野のデザインの向上に貢献してきた。日本のものまねの時代から日本独自の製品を作り出すようになった。日本の工業デザイナーの草分けである、代表の榮久庵さんは有名で、今回コンパッソ・ドーロ受賞により記念講演。

2014年09月08日

ハビタクラフト役員会

6月決算の役員会を開き、株主総会を開く手続きをした。今期は拡大する態勢をとり仙台支店を開設したこともあり、先行投資した。今期以降が楽しみになった。

2014年09月07日

パシフィックコンサルタンツ

戦後国鉄OB河野社長が設立した会社で、戦後の国鉄は土木工事が優れた技術を持っており、大手ゼネコンに指導していた。まもなく出来たダム、水力発電所はパシコンの設計が多い。海外でも活躍しており、アブダビの都市開発もパシコンである。私も親しくさせていただいており、4軒建物を受注して、3軒が完成した。現在は現代的な町並みとなっていますが、当時は砂漠の真ん中であった。その後アメリカグアムにゴルフ場をパシコンに設計していただいて、完成させた。
最近、東北の除染工事について、多面的にご指導いただいている。パシコンの本社は京王線聖蹟桜ヶ丘駅の多摩川を見渡すところにある。通勤電車が混雑するのを避けて通勤時は下り電車で帰りはのぼりの電車で都心へ帰るという一般的な会社とまったく反対の会社で、郊外にわざわざ本社を設けているのがパシコンらしい。

2014年09月06日

ワイレックスプラント商談

除染事業に使われるプラントは最近引き合いが多く、本日2社の建設の会社と打ち合わせを行っている。

2014年09月05日

信託銀行

都心の開発に信託銀行が意欲的に参加する意向があり、朝から打ち合わせを行っている。東京都内の土地はオリンピックに向けて、4年間のうち2年間は確実に値上がりすると信託銀行も考えている。
都内の古い建物は取り払われ、再開発も進んでいる。

ディベロッパー2社訪問

大手ディベロッパー2社に大きな開発案件について伺っている。2社とも検討する意向となった。

飛騨高山賃貸ビル

飛騨高山の中心街に1000坪の土地があり、有料駐車場と賃貸ビルを建設することになった。飛騨ハウジングが窓口となり、建設会社と打ち合わせ中。

2014年09月04日

都市開発勉強会

東京都内の広い土地に超高層ビルが建てる件が進んでおり、当社も参加している。税理士、ファンド、不動産会社、実現に向けて検討会を行っている。

2014年09月03日

取材

エネルギー事業はエネルギー問題が今後日本で大切になるという話をした。3.11事故の今後の見通しなど、また、今後どういう影響があるか話を聞いていただいた。東北で20年のローンを全額太陽光発電で返済できるプロジェクト等。

2014年09月02日

丹羽前中国大使訪問

伊藤忠の社長時代からなにかとご指導いただいている丹羽さんにお伺いして中国の今後について多面的な話を伺った。前回と同じで慎重に準備してから仕事を進めるようにとアドバイスをいただいた。

2014年09月01日

原子力バックエンド推進センター訪問

3.11事故の作業も進めている財団。過去3年間新しい技術の試行を環境省は行い、原子力バックエンド推進センターはワイレックスの技術に注目して頂き、ワイレックスの技術を中心に作業を進めれば成果を上げることができるとしてご協力いただいている。本日はいよいよ予算も確定して、福島のため池の除染を行い、農業を再開するため、3000か所のため池の除染が予定されているので打合せを行っている。宮城県は予算が未だついていないが、6000か所のため池がある。水の汚染については今後上水、下水が大きな課題になるはず。

三澤ブログを検索:
アーカイブ