MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2014年11月30日

京都

京都駅の近くにHABITAの大きな京町屋の展示場がある。お客様を案内。

2014年11月29日

坂本顧問来社

坂本さんはミサワホーム時代転勤を7回しており、ご苦労をかけた方で東京ミサワの社長も歴任された。分譲事業に意欲的な仕事をされた個人的には転勤の都度、アパート、借家を投資され、全国に賃貸物件を多く持っているらしい。しばらくぶりに遊びにきたのでネクタイをプレゼント。

2014年11月28日

センコン物流へ

仙台の物流会社で30年来のお付き合いで最近では除染事業、宅地造成、資材の流通など幅広くお世話になっている。今日は仙台本社で打合せをしている。

2014年11月27日

ダイキアクシスとプラント打合せ

東北の除染事業の打合せに効率のいいプラントが必要で、水処理のプラントメーカーアクシスさんと今後の展開を打合せしている。車に搭載して消防車の様に移動できるシステムとして2月までに完成したいということになった。当面100台を普及したい。東北の水処理はため池から始め、上下水が大きな問題となっており、今後代理店の開発を意欲的に進めなければならない。

2014年11月26日

北海道旭川

長きに渡って何回かに渡って商工会議所の方々と懇親を深めてきた。100名出席で、HABITAのCtoC株式会社の落合社長は地元8社の企業をまとめて大きな会社になっている。モンゴルで1億円の家を7棟建設した。意欲的な会社で今後ますますのご発展を祈念して帰京。

2014年11月25日

財団法人住宅研修財団

国家プロジェクト、大工育成塾が盛んに行われている。話を伺いに来ている。

TOMIYO商事訪問

住宅を主にしている建築会社で、世界の有名家具のレプリカを輸入し、拡販に努めている。今後協力していきたいということで、話を進めている。

2014年11月24日

技術輸出

最近ここ2、3ヶ月の間に海外の住宅建設の話が多くある。JICAの資金でアフリカに1000戸家を建てる、中国の重機、建設機器のトップメーカーがアフリカに中国で生産し、2万戸を建てる計画。中国の2億4千万人、最大の生協が中国で住宅建設をする。いずれも日本のモデルハウスを見て素晴らしい、建設するということでありますが、実際は海上輸送をするのは不可能で住宅は地元にある材料で地産地消でないと成り立たないと説明して、設計をお手伝いするということ、つまり技術輸出なら出来ると申し上げている。ちょうど40年前日本人がアメリカの綺麗な街並みを見て住宅が輸入できないかと夢を描いたのに良く似ている。非常に特殊なもので日本にしかない設備はあることはあるが、それは非常に特別なこと。

2014年11月23日

東北地主さん自宅に

東北の地主さんに上京してもらって、今後開発する打合せ中。膨大な土地なので、自宅ゲストルームでゆっくり話しを聞いている。今日は時間がかかりそう。

2014年11月22日

東北の街づくり

今日一日かけてHABITA CRAFTの東北支店長をはじめ、実力者等と当社の関係者とコンサルタントを入れて確実な実施案にすべく打合せをしており、良き成果をあげたいと思っている。

自然の多いところへ

落葉樹の大木は夏は木陰をつくり家の中は涼しい。冬は葉が落ち、家の中に光が差し込み暖かくなります。大木にあわせて生垣で向こう三軒両隣同じ風情につくられる街には一体感が生まれ、相乗効果で美しい。生垣のなかの庭は花が一年中咲くように計画し、お花畑とし、運動するところは芝を貼り込みたい。

2014年11月21日

シニア住宅は死ねあ住宅

家の中の段差をなくすことがお年寄りに優しい設計として基本と言われている。畳、洋間、トイレ、お風呂場、お年寄りが躓かないような優しい配慮であるが、お年寄りにしてみれば、段差があると認識して暮らす方が健康の為。痴呆にならないのではなかろうか。毎日気を付けて暮らすことがむしろお年寄りにとって良い結果になるのではなかろうか。日本一の長寿県の沖縄はお年寄りが2階に住んでいる。急勾配の階段を毎日上がり下がりすることが運動になっており、ケガなどはしていない。生きるための運動神経が働いているのではないか。
バリアフリーの生活にけじめがないだらしない生活にも見える。私の個人的な好みと思っていただいて結構ですが、死ねあ(シニア)住宅は住みたくない。子育ての為にもけじめのある空間が良い。

2014年11月20日

友人知人 困ったらわめく

マンションに住んでいる子供さんは外に出るのが面倒だと外に出たがらない。戸建のお子さんは泥んこになって外で遊ぶ。友人が多いのは戸建の御子さん。この時期の友人は、人生の友人になる場合が良くあると思います。困ったときには困ったとわめけば誰かが助けてくれるかもしれない。内緒にしているより言った方がいい。
私は会社を経営している中で、困った時には困ったと言う様にしている。そんな時役立つかもしれないと言ってくださる方が必ず出てくる。困ったときは悩んでいるより困ったとわめいた方が解決につながる。友人は頼りになります。ハーバード大学で優秀な卒業生どうなっていくかという研究を100年間続けたレポートが最近まとまって、発表されました。ハーバードで優秀な人は30年、40年後には精神的に悩む人が多く出た。50、60年経つと健康に障害が出てきて辛い人生になると見受けられた。70、80年元気に過ごされた人たちはいい友人がいたという事でした。真の成功者はいい友達がいることだと思います。私もそうありたいと願っています。

和田顧問上京

ミサワホームで上場会社を3つ手がけられ、都市開発、ホーミング事業でも活躍された和田さんが札幌から上京された。元気なのでワイレックスの監査役をお願いしている。出身が岩手なので東北には知人も多く、これから色々お世話になる。

2014年11月19日

エリートが育つ大家族の家

大家族は昔とは全く別の意味で見直されている。核家族は戦後アメリカからやってき
たと言われているが、アメリカでも上流の家族はバラバラでなく3世代同居が多い。
WSPと言われる階級の家庭は大家族が主流である。エリートとしての徹底した教育を受ける。特にやかましいのは礼儀作法。イスラエル王国、ユダヤ王国、滅びたにも関わらず、今日まで強烈な経済、文化、宗教を継続しているのは三世代同居という家族制度にある。

早稲田大学 直下型地震の対応

東京都の中心にある早稲田大学での対応はいかに安全にするか、都民の被害が出来るだけ少なくて済むように研究体制を進めている。私はどのような研究をされているのか感心があり、先生のご意見を聞きにきている。

アフリカ住宅

発展途上国であるアフリカの会社が日本の住宅技術を導入したいという話をいただいた。お役に立つことがあればと考えているが、住宅の輸出は難しく、地産地消でなければならない。気候風土が大きく影響するのでしばらく調査研究をしなければならない。別件でやはりアフリカで2万戸の住宅を建てたいという話が持ち込まれ、中国で生産しアフリカで建てたいという話があった。私は沢山失敗させていただいた経験が生かされればありがたい。

アフリカ住宅

発展途上国であるアフリカの会社が日本の住宅技術を導入したいという話をいただいた。お役に立つことがあればと考えているが、住宅の輸出は難しく、地産地消でなければならない。気候風土が大きく影響するのでしばらく調査研究をしなければならない。別件でやはりアフリカで2万戸の住宅を建てたいという話が持ち込まれ、中国で生産しアフリカで建てたいという話があった。私は沢山失敗させていただいた経験が生かされればありがたい。

2014年11月18日

挨拶できる玄関

玄関が散らかっている家は気持ちが悪い。玄関は戦場に向かって出陣する場所。履物を揃えて外にむかっておくもの。玄関で人を出迎える時上目目線は困る。床に座して迎えるのが礼儀。

床に座る場合、一定の広さが必要で、少なくても1m800以上でなければ座って挨拶が出来ない。つまり、玄関ホールが必要という事になる。玄関でたったまま、こんにちは、いらっしゃいませというのはいかがなものか。
玄関ドアは外開きになっているのが一般的ですが、来客を押し出す形になるので失礼であり、内開きが正しい。地震災害の事を考え、玄関は外開きが義務付けられている。私は土間を広く取り、お客様を迎え入れるドアにしたいと思っている。その意味では場所を取らない引き戸の方がより便利である。来客するお客様の為に10cm程開けておくことが、来客するお客様への歓迎のサイン。古き良き時代のマナーです。

東京証券取引所ヒアリング

東京プロマーケットに上場に関し、質問があった。まず、知名度が上がり営業がしやすくなった。信用が付き営業がしやすくなった。社員の募集に対し応募が増えた。金融機関から見直されるようになった。新しい事業、大きな案件が出来るようになりつつあると、予定通りでありますと申し上げた。HABITA提携先で今後株式公開する会社、あるいは持合をする会社、関連会社とする会社など進めたいと打合せをした。

PASCO

航空測量からスタートした会社で地図情報に詳しい会社。現在セコムの出資を仰ぎ、順調に業績を上げておられる。災害時にスマホなどで、どちらにどのように非難したらいいか案内していく方法が開発され、今後HABITAのお客様にも提供できるように考えている。

2014年11月17日

HABITA CRAFT役員会

四半期決算と第三者割当て増資について打合せをした。石川県のHABITA樫の木工舎さんがHABITA CRAFTモデルを見学に来ている。

動物を人間にする躾

生まれた赤ちゃんは動物に近い。色々なことを経験して親兄弟から教えてもらって立派な人間になっていくという事であるから、どのような躾をするかが極めて大切。行儀、見習い、挨拶が出来ない学生さんが社会人になり、会社の教育を受けて一人前になる。という事が多いのですが、子供の頃より身についた物とは違い、本質的な勉強にはなっていない。躾は大切だと思っています。

2014年11月16日

少年犯罪の個室

子供が引きこもりになりゲームをして、殺人ゲームをしている。ネットでゲームをしているニート、不良青年の集まりだったとすると、やがて友人が増えていい結果にならないと思います。多感な時期に個室が色々なことが起こっていると思われますが、できるだけ家族と過ごす、寝る時だけ一人になるのが理想です。

2014年11月15日

スマートシティ仙台事業計画書作成

日本の都市が海外に比べて見劣りするのはランドプランニング、住民協定、管理組合がないためだと言われており、私もそう思っており実現させたい。今日はプレゼンテーション資料を一日かけて作成している。

個室は子失

「個室は子失」と言っているのは住宅研修財団の松田理事長。リビングや台所で勉強するのが良いと。もともと子ども部屋というのはなく、ベッドルームは寝室である。昼は親と一緒に暮らし、学ぶことが多いはず。しつけをして初めて動物が人間になる。センターリビングをお勧めする。居間、台所のことで、家族のたまり場。学校から帰ってきた子供たちは台所にたつ母親の前を通って部屋に行く。嬉しそうに帰ってきたら学校で良いことがあったのだ。勉強できたのと聞いてやる。恐い顔をして帰ってきたら大丈夫?と顔色を読んであげたい。

2014年11月14日

岩村アトリエ

都立大学 岩村教授が長きに渡って研究されておられた安心、安全住宅のレポートを頂きに事務所に来ている。東京直下型地震の役に立つデータである。

孟母三遷の教え

子供のために住むところを変えた、という話が「孟母三還の教え」。世の中のためになる人物を育てるために、お母さんのたいへんな苦労があったことがわかる。教育環境の大切さを今に伝える話。
子供のため6年ごとに引っ越すのが理想。保育園、幼稚園の完備した安全な街で6年間住む。小学校時代は学校区の良い街に6年。中学・高校の6年間は進学校地区。大学、大学院は親と別に暮らす。住まいは子供のためにつくるものだからしっかり考えてみてください。
住環境の充実により佇まいの価値は上がることになっています。交通環境、自然環境、教育環境、医療環境、ショッピング環境の5つがあります。土地の評価は変わるというのが正しい考え方です。良い環境を選びたい。
好きな時間に好きな内容をテレビで見れるようになってきた。超大型サーバーに世界の情報が収録されている時代が来ている。ところで、ヨーロッパにテレビのない街があると聞いている。家庭のテレビが家庭の会話を妨げているという事からです。日本の家庭は食事の時間にテレビを付けている場合が多く、日本では家族の会話の時間を壊している。

2014年11月13日

HABITA 東京組

東京組で新しいモデルが出来たので、寄ってきた。木材を組合わせた新しいサッシュが開発され、アルミサッシと同等の値段になれば大きく普及する。デザインも良い。現在国内で認定が獲得して、いずれ海外生産になる。最近住宅各社のモデルを見せていただいている。今回の東京組のモデルは特に良く出来ている。

家庭内事故

セイフティ・レポートの警鐘。事故による死亡について、第二位は以外にも家庭内の事故で、交通事故の約半数です。さらに、65歳以上の高齢者になると、交通事故とほぼ同数である。小さな子供にとっても、死には至らない怪我から軽い怪我まで含めると、その数は交通事故よりも多いかもしれない。階段で転んだり、ベランダから落ちるといった事故死が1600人と25%を占める。住宅火災やストーブの火が燃え移った火災の犠牲者も1000人超え、風呂やプールで溺れた人も1800人も上回る。幼児の死亡事故1件の陰には膨大な数の一死に至らない事故が隠れており、一説には19万件の軽い事故が発生しているという。ほとんどのお母さん月に数回はなんらかの形で子供の事故に遭遇しているという推計もあるほどです。

2014年11月12日

WWB 屋根

HABITAに対応しないかということで提案していただいている。屋根に太陽光発電を取り付けた場合、問題点が多いことを解決しており、今度期待できる内容として承った。

子供のためには庭付き一戸建て

子どものためには庭付き一戸建て。日当たりが健康な子どもを育てる。一戸建ての子供は外に遊びに出る機会が多く、友人が多い。高層マンションの子供は外に出るのが面倒臭いと友人が少ない。

2014年11月11日

山の茶屋

東京の赤坂に日枝神社があり、境内に築100年の山の茶屋という料亭がある。広い敷地に木造の住宅が風情のある形で手入れも良く残されている。秋の紅葉もきれい。お客様を案内している。

WWB

中国の建設機械、SANYの代理店。SANYは一兆円企業。3.11では、WWBは日本にない高いクレーンを急遽輸送して、原子炉に水を給油してもらった。最悪の事態を回避できた。今度住宅に進出したいということで建物の案内をしている。

珪藻土

珪藻土が好評で受け入れられています。北海道が産地ですが、海中の貝殻が土に変化したもので、空気中の水分を吸収して湿気を取ります。反面湿度を吐き出し、人間に心地良い湿度調整が出来るものです。シックハウス症候群と言われる方々には強い味方です。土壁として塗る方法はクロスに塗る物、健康、快適に暮らす方法としていいものだと思いますのでお勧め致します。

2014年11月10日

直下型地震対策

東京の直下型地震は被害が巨大であるということから、経済界、学会で研究が進んでいる。対策も進められており、早稲田大学と連携して成果を役立たせたいと思っている。

カビとダニはセットで増えている

昔の家は自然換気は1時間当たり2、3回はありましたが、最近の高気密高断熱は極端に換気が悪い。人間が快適に感じるのは20から26℃で、湿度は65~70%といったところであるが、この環境はカビダニの生息に絶好の状態となっている。冬でも暖房をするのでカビダニが蔓延っている。気密性の高い家には24時間換気が圧倒的に優れていることが証明されているので、用意されたい。

2014年11月09日

HABITA CRAFT MK社

MK社は群馬県で一戸建て、賃貸住宅が得意な会社で、業績を上げている。この度、HABITA CRAFTと事業を行うことになった。従来の賃貸住宅、連棟住宅は街並みを悪くしていた。土地の評価が下がる原因になっていた。一戸建て賃貸住宅が街並みに貢献している。家賃は伝統のアパートに比べて1万円くらい高くなるが、駐車場と庭があるので、需要が多い。HABITA CRAFTの得意な分野にしていきたい。

家原病

家が原因で病気になること。深刻なのが子供さんに日光浴が出来る南側の部屋でないとビタミンDが出来ないので骨がしっかりしない病弱な子供になる。
日中光に当たらないと不眠症になり、夜十分な睡眠がとれないことになる。子供部屋は南に並べ、居間ダイニングも南側に設計しなければならない。無論日当たりの少ない高層住宅、アパートは言うまでもない。不健康な住まいのワースト3は「日当たりが悪い」「風通しが悪い」「湿気が多い」であるが、風通しと換気は工夫によって改善できるが、日当たりだけは自然の恵みで変えることはできない。北欧の家で南に向いていない家が多いのは一年の内、日照量が少ない為、外に出て日光浴をする、休日時間をとる習慣から家をどちらに向けてもいいいとなっている。日本ではやはり南向きに家を作るべきで、南向きの家は家の中が明るく、洗濯物が乾き、布団も干せるので健康的である。
化学物質が家の中を漂うことが問題になっている。シックハウスといっている。人体に影響を及ぼすという言われている。現在はそのような建材は無くなっているが、特に気になる方は壁材として珪藻土を用いて部屋の湿度調整、科学物質を吸収することをお奨めしたい。塗り壁が中心ですが、最近クロス張りでもできるようになっている。

2014年11月08日

日米太陽光発電研究所

20年前からアメリカのニューメキシコ州で、日米で太陽光発電の実証実験をやっており、関係者が来日したので、成果を伺っている。今後のイノベーションに期待されている。

子供が危ない

家の事故で子供が亡くなる。お風呂のお湯がもったいないので20cmほど残しておく、よちよち歩きの赤ちゃんが水がおもしろくてのぞく、頭が重いので浴漕に落ちておぼれる事故。洗濯かごの上にのり、洗濯機に巻き込まれた事故。
家で子供たちの事故は多い。皆さんも階段から落ちたことがあったでしょう。途中に踊り場がある方が安全。サンデッキで子供が足をかけて落ちる事故が多く、こわい。内開きのトイレの中で倒れられると外から助けられない。キッチンの端に見えた包丁に小さな子供が手を伸ばして・・・。
子どものためには庭付き一戸建て。日当たりが健康な子どもを育てる。一戸建ての子供は外に遊びに出る機会が多く、友人が多い。高層マンションの子供は外に出るのが面倒臭いと友人が少ない。

2014年11月07日

大阪 地熱発電

地熱発電に進出したいという会社があって、大阪に来て2社と打合せしている。

良く眠れる家

赤ちゃんは一日中寝たり起きたりを繰り返す。15時間以上は眠っている。人間として未完成な状態として生まれてくるから快適な睡眠を確保することが重要です。快適な睡眠が取れるような配慮が必要で、部屋には通気性、室内温度、部屋のあかるさ、十分な睡眠がとれるような配慮をしたい。

2014年11月06日

HABITA CRAFT打ち合わせ

銀行さんからの紹介で土木業者3社を紹介していただいている。

よく這う子

アメリカの人間能力開発協会のドーマー博士が十分はいはいして育った子供と、いきなり歩き始めた子には言語能力に差があるという研究成果を発表している。
サーキュレーションプランというものがあります。
赤ちゃんが家の中をぐるぐると這い回り飛び回れる設計になっている。
子供は好きなだけ這い回れることが出来る。お奨めしたい。

2014年11月05日

郡山除染説明会

32社、62名参加。郡山で除染を推進するための代理店と施工業者の説明会を1日行っている。東北に代理店10社、施工業者100社をとりあえず提携したい。

五感の育つ家

五感が育つ日本の木。国産材は香りがする。木目が美しい。音が響く。国産材はフィットチッドがあり、空気を美味しくする。触ると暖かい。五感に訴えている。小さい子供の頃から五感を刺激する空間に育った日本人は、繊細に感じ繊細にものをつくるようになったのでしょう。高い品質の工業製品をつくる技術も育ったのだと思います。正に日本の文化であり、日本の経済の発展の一因となっている。鈍感な外国人とは違う日本人でありたいと思っています。

2014年11月04日

経済産業省 太陽光発電地熱発電

経済産業省の中にエネルギー庁があり、5階が太陽光発電の行政を行っており、4階で地熱発電の行政を行っている。皆様ご承知のように、太陽光発電は今曲がり角におり、新しいイノベーションがないことには限界が見えている。地熱発電はこれから希望が持てる自然エネルギーと認識されており、経済産業省の雰囲気も4階と5階で反映している。

大物に育てる

部屋の色が子供の性格に影響するというレポートがある。赤、オレンジといった色は落ち着かない子供になる。国会議事堂、結婚式場が赤絨毯なのは分かる。グレーやブルーであると落ち着き、本をじっくり読むなど、机に向かう勉強が好きな子どもになる。
天井が高い家に住むと大物になる。将来何になろうかと想像し、いろんな夢を描く。天井が高いと創造性が生まれるといわれている。大学を出て、さて何になろうかでは遅すぎる。小さいうちにやりたいことが決まれば素晴らしい。

2014年11月03日

ワイレックスエンジニアリング打ち合わせ

中国からワイレックスの技術を導入したいということで、国営企業冷凍ナンバー1の社長他が来日されたので技術の打ち合わせを行っている。早ければ来年技術輸出が出来る。

木の箱、鉄の箱、コンクリートの箱

静岡大学で有馬東大名誉教授の元、学生にマウスの実験をさせています。みかん箱の木の箱、同じ大きさの鉄の箱、コンクリートの箱でマウスを育てました。24時間学生は夜を徹して実験を進めました。結果は木の箱のマウスの赤ちゃんは100%育ちました。コンクリートの箱の中のマウスは全部死んでいました。体が冷えてしまう上に母親が寒いのでピクっと動いてしまい、子供が乳首から離れてしまうという悲しい結果でした。
鉄の箱の赤ちゃんは半分育ちました。生物は木材から出来ているものに住んでいないとひどいことになることが分かります。後日談があります。夜を徹して実験をして男子学生と女子学生はその後結婚をしています。

2014年11月02日

自宅では井戸を2本掘って冷房と暖房を行っている。地下水は年中18℃。冬は気温より高い。夏は気温より低い。生活用水としても使い、池にも使っている。緊急時にも使えるように準備もしている。池には鯉が増えて泳いでいる。

子供が生まれる

お母さんのおなかの中で大変なことが起こっている。生命を受けてからしばらくして男になるか女になるか決まる。白熱灯を点けておくと男が生まれる確率が高く、蛍光灯を点けておくと女の子が生まれる確率が高くなるとニューヨーク大学のレポートにある。自然光の中では男と女は二分の一ずつ生まれてきたのだから何かあるのでしょう。
 赤ちゃんが生まれたらできるだけ早く自宅に連れてきた方が良い。天井、壁の白い病院では脳の発達が遅い。自宅ではいろんな色があり、いろんな音がして脳の発達が早くなる。

2014年11月01日

M&A

HABITA CRAFTが群馬県の工務店と協力し合うこととなった。経営者が意見の最終交換を行って前向きに行っている。

佇まいの知恵をお届けいたします

内容は次のようなものになります。150回になります。
佇まい子供の為につくる
豊かな生活への第一歩
日本家長の良いところ
自然を楽しみ財産を増やす
土地を選び財産にする
200年住宅の出来るわけ
長持ちする家
地球環境を守らなければ生きれない
おめでとうございます
CSを考える

三澤ブログを検索:
アーカイブ