MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« アベノミクス | メイン | 株主総会 »

01

死ぬ?

私は今朝死ぬと思った。東京に直下型地震が30年間の内に26%で来る予想が46%に上がったという記事が出ている。相模トラストが浅いところにあることが発見され、首都直下型地震が現実化する。2万3000人が亡くなると予想されている。新聞記事をみて一瞬私も死ぬのかと読み取った。対策は国、企業、法人がバラバラの対策をしているので、問題である。先ず瞬時に避難場所がわからなければならない。ほとんどの方が住宅にいるとは限らないので避難場所が瞬時にわかる必要がある。その為のデーターベースを官民上げて行うのが急務。早急にまとめなければいけないと思っている。地震になると無線が使えなくなるのでその折、音声で助けを求めたり、パトカー、消防車が音声で誘導するQRコードという方式がある。音声をスマホが受け取って人間には聞こえないものがスマホの表示されるものが開発され1000mくらい届く、瓦礫の下の人の声を表示し助けることが可能である。地震対策には食料水、食事のことなどが報道されますが、非難場所のデーターベースの構築と、QRコードの開発が急務であり、地震対策の万が一の場合、どのように行動するかという特集でテレビ、新聞のマス媒体は取り上げなければならない。雑誌などはもちろん、小学校などのテキストに採用されてもおかしくないと思っている。皆さんはいかがでしょうか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ