MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2015年01月31日

HABITA CRAFT仙台

東北本社は実力より名前が大きい。本来は支店だろう。ただ名前が大きいこともあって、最近HABITA一戸建て住宅の他、高層住宅が好調。東京で4棟着工した。今月も2棟受注する。横田支社長は経験が豊富で友人知人が多く、営業が活発に行われている。幸い施工会社も整えつつあり、今後拡大できる。昨年売上が8億円でありましたが今年度は35億円になる予定です。仙台で大規模な50haの開発事業も地主との契約も済み、4年半かかる仕事が始まる。

2015年01月30日

GAINA

JAXCAより正式に技術移転した製品で、寒さ対策で断熱になり、暑さ対策で遮熱になります。騒音対策で遮音と防音になります。空気質の改善にもなります。
結露 不燃 耐久性に寄与します。大変優れたもので現在日本のこの種の製品の25%となっています。5年前グッドリビングの相澤会長よりご紹介を受けて今日に至ります。電気代は30%減になりますので1棟の建築費が50万程上がりますが、3年から4年で回収できることになります。

2015年01月29日

広島県人会

広島県人会が社団になる。新年は各県の県人会が行われますが、私は縁あって広島県人会に出席させていただいておりますが、最大の県人会でアフラックの大竹会長が会長を務めておられ、友人知人を増やしたいと日ごろ思っている。一生は結局何人の人と会えたかだと思う。500名ほど集まり、色々な方と挨拶させていただきました。

2015年01月28日

荒井取締役

当社の非常勤取締役で荒井さんはABC放送出身で芦屋の住まいで関西ヨット倶楽部の会長も歴任され、ABC放送におられたということで人脈が広く、今日は飛騨高山の今後について話し合いを行った。現在8社ほどの地熱発電会社をどのように軌道に乗せるか打合せを行った。その後、マスコミ関係の方と会食。楽しい時間を持てた。

2015年01月27日

コストダウン1/2000から1/8000へ

太陽光発電がクリーンエネルギーとして待望されています。買取価格が下がっており、従来の火力、原子力より高いということで買取制度が問題になってしまった。政府の方針が一環していないので事業性がなくなってきている。今年中に大きな転機を迎えるだろう。そんな折、東北大学が開発した太陽光発電は太陽光発電の変換は従来の15%から30%に上がっている。製造コストは半額にコストダウンできた。4倍の効率を上げることに成功し、来年度実用化に向けて福島に工場が出来る。事業を推進視している会社はWWB株式会社で当社の親密先。HABITAでは実用化の折、提携店全社で扱いたいと思っている。
私は太陽光発電の機会は南極越冬隊の50年前、京セラの1W20万円で、宝石のような値段だったと記憶しています。現在も稼動しています。
現在1W100円ですから1/2000にコストダウンされ技術革新されている。この度東北大学の研究で1/8000になる。いつの世の中も大きな技術革新があって社会が豊かになっていくものだと思っている。買取価格が100円になっても成り立つので原子力、火力発電に変わる発電。もっと大きく考えれば太陽の光だけで油、石炭、原子力を使わずに生活できる夢の社会も実現していく。

2015年01月26日

つくば春風台

20年前よりつくばで理想的な街づくりが進んでおります。建物の敷地は100坪で道路より緑地が60坪と奥に畑が40坪ついている。緑と住と食がテーマとして、地主さんが直接勢力的に開発しており、UR、市が協力している。広い土地を使っているということで売れ行きはいまひとつでありますが、最後までやり通していただきたいと思っています。私は協力者の立場ですが、日本で本格的な街づくりを地主さん自らが世界各国を回って勉強し行っている極めて稀なケースです。本日現地の責任者酒井さんより改めてお話を聞き、私は現地を2回見ておりますが、関係者の方のご努力には頭が下がる思いです。2世帯住宅として、またお父さんお母さんが趣味を生かす場所として魅力的だと思います。東京までエクスプレスで45分という案件です。自らお奨めしたい案件ですのでご興味のある方はお調べ下さい。
http://harukazedai.com/
%E7%B7%91%E5%9C%B0%E3%81%AE%E7%8F%BE%E6%B3%81%20%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%A4%89%E6%9B%B41.jpg

2015年01月25日

オーランチオキトリウム

国立大学の教授によれば、石油をつくる藻が燃料として活用した場合、非常に経済的で今後活用される見通しと教えてもらった。1リットル80円相当でガソリンより安いということです。すでにマツダのディーゼルエンジンに試しており実用化が近いそうだ。バイオテクノロジーはこれからの技術として注目が集まっており、その一つとなる可能性が高い。私共の生活は緑に囲まれた環境がふさわしく、食べ物も植物の時代になり、バイオの研究成果が期待されている。

2015年01月24日

中国の会社案内

最近中国の国営の大企業が続けざまに3社見えて住宅のことを勉強したいということで来ている。一つは世界一のディベロッパーBANKAは王石社長が30年来大成建設とミサワホームに来社されノウハウを吸収し日本の品質以上のものを作り上げる中国にない職人の育成に成功した。結果年間8万戸を作り出す世界NO.1企業になった。その影響もあり中国から日本の品質、コスト、安全について勉強したいということであった。

2015年01月23日

WWB

WWBは上場会社リアルコムの子会社で、太陽光発電技術革新に成功した。この度東北大学と正式に契約でき、発電効率現在の15%を30%可能にした。製造コストは1/2になる。効率は4倍になる。正式な発表とともに株価が2日連続ストップ高になった。今話題の会社。WWBの龍社長とは何かと交流が深く、HABITAの提携店230社が代理店として販売を行うことになっている。工場は東北に建設予定で、来春には製品が出荷する。太陽光発電コストは10円を切るということも可能で、現在の36円とは桁違いに安くなる。太陽光の歴史は長く、南極越冬隊では20万円かかったものが現在20円となっているので1/1000になっている。今回の技術によれば1/8000となり原子力と比べてもコストが安くなることになる。将来石炭、石油も使わず人類が生活できることになる極めて大きな話と思っている。WWBさんは日本だけでなく中国、ヨーロッパ、アメリカでも工場を建設したいとおっしゃっており若い社長に期待したい。

三菱地所

三菱地所さんが名古屋に物流基地を作るということで土壌改良技術が活用できないかということで訪問している。夏前に、ゼネコンを紹介していただけることになった。

2015年01月22日

菊池製作所

福島の復興はロボット産業に注力すると報道された中心に菊池製作所があります。大手メーカーの試作品をつくることをされており、高い技術を持っておられる。ロボット産業を手がけるということで訪問させていただいた。当社とは除染の事業について話しており、グローバルリンク矢部社長のご紹介で説明に上がっている。

2015年01月21日

地熱発電事業

飛騨高山の地熱発電事業は200万坪の大規模なもので、現在その開発をどのようにするか具体的な開発に取組んでいる。昭和50年代原子力発電を導入する際、日本に試掘を1200本行っており、3000万kwつまり原子力と同等のエネルギーがあることがわかっております。飛騨高山では5本試掘しており、全て120℃から180℃の蒸気が出ている。三井金属鉱業は12本の生産井戸を彫っており、また48本の温泉井戸があるため、間違いなく熱源の高いところです。なぜ原発に政府が決めるかはアメリカの意向であったと思われ、今改めて注目されている。御嶽山の噴火があり45km離れているだけなので、大きな熱源があるということが認知され、富士山の噴火の話もあり注目を浴びている場所です。電力会社、ガス会社、自然エネルギーの会社が検討を進めてもらっています。

2015年01月20日

地熱発電

太陽光発電を大規模に行っている会社さんに地熱に関心があるということでお話に伺っている。

2015年01月19日

地熱発電

地熱発電に有効な会社2社と条件の刷り合わせを行っている。地熱発電は太陽光発電に比べて効率が良い反面、投資金額大きいのである程度の規模でなければ事業化できない。

WWB東北大学と提携

東北大学が開発していた発電効率30%の現在の約2倍の性能を持っており、製造コストは1/2になる技術が大学からWWBへの技術移転が正式に決まった。発電コストが高いことが問題になり、先行きが不透明な折、明るいニュースとなった。いつの社会もイノベーションが無い限り産業は発展していかないので今回の東北大学の発電システムは大きな評価を得ることに成り、WWBは大きな発展を行うこととなるだろう。当日WWBの株式はストップ高となった。HABITAでは前面的に活用できればと思います。

2015年01月18日

東北復興許認可

東北の復興が遅れているのは許認可実行が遅れていることもあり、本日は関係者が集まって打合せを行っている。

2015年01月17日

復興住宅

復興住宅より本格的な住宅の建設が進められており、敷地が広いので50から60坪の設計をHABITA CRAFTで進めている。

2015年01月16日

仙台から16時間

豪雪のため高速道路が閉鎖して仙台から16時間かかって朝5時に帰宅。

初釜

例年の初釜があった。

増改築リフォーム

200年住宅HABITAもスタートして10年になるので、リフォームをどうするのかHABITA以外の住宅のリフォームをどのようにするのか課題になっており、この業界は事業に成功する会社が少ないのは会社としての経費が営業、設計、工事、サービス、の4分野にわたり課題となる。特別な付加価値をどうつけるかが課題だ。3つの仕事として理解して取組んでいる会社が多い。4つの仕事の経費をどのように捻出するか。お客様に充分な付加価値が提供できていない。増え続けるリフォーム分野が成長分野であることは間違いないが、成功しているところは今のところ無い。

トリスミ集成材

HABITA の仕事を今後力を入れてやっていきたいと木材業の3代目として新規の分野の仕事をしたいということであった。

メガソーラー説明会

土地の手当て、電力会社の認可を得た案件をどの企業が事業化するかということで、説明会を行っている。メガソーラーの案件3件に対して5社の企業が参加して、質疑応答してそれぞれ取引条件を詰めていただくこととした。

2015年01月15日

銀行まわり

HABITA CRAFTの主力銀行を新年遅くなったが挨拶に伺っている。HABITA CRAFTの仕事の関係で親しくさせていただいている取引業者さんが宮城県で増えた。

2015年01月14日

除染のプラント

放射能を除去する技術を消防車の様にまとめられないかとプラント会社と最終まとめをしている。2月中には出来上がる予定。

電力会社が地熱発電打合せ

地熱発電について電力会社と当社の奥飛騨について、打合せを行った。大規模な開発になればと期待している。

鮎川純太さん

長いお付き合いで鮎川家のお孫さんで、顔が広く多面的に色々な方をご紹介いただいている。鮎川さんが保有している大島の土地に風力と地熱を計画しているという話を伺った。

2015年01月13日

ウエストホールディング

吉川社長はミサワホーム時代からの長いお付き合いでお世話になっている。恩田社長はウエストソリューションの社長で、エネルギーに特化した仕事をされています。日本の太陽光の事業でもっとも成功したうちの1社で今後の発展を楽しみにしている。

WWB立野部長

新しい太陽光の設備について立野氏から提案があった。

登美代商事園田社長、小松さん会食

高級家具を中心に業績を伸ばしている会社でHABITAと縁を作りたいということで訪ねていただいた。話を伺っている。食事中。

2015年01月12日

事業計画書

地熱発電の事業計画書の作成を行っている。

2015年01月11日

山下社長

自宅で山下社長と会っている。東京農業大学卒業の山下社長が農作物の豊作が2倍3倍に増えるという大変大きなアイデアを持ってこられた。本当に実行実現できれば地球上の食料不足を解決することになる話でじっくり研究したい。4、5年研究する。

2015年01月10日

福島除染現場打合せ

福島の二本松の除染事業をどの様に進めるか地元の企業と打合せをしている。夕方帰京。

2015年01月09日

復興住宅現場

永住する住宅を100戸建てる計画があり、現地確認に来ている。官庁の方と打合せをしており、是非実現して欲しいというものであった。まずはモデルとして10棟の小さなコミュニティを作りたいと思っている。

2015年01月08日

野田一夫学長

野田先生は多摩大学と宮城大学を設立した特別な方ですが、3つ目の大学設立構想を今練っておられる。万年青年で私より歩くのが早い。ソフトバンクの孫さん、HISの澤田さん、パソナの南部さんの先生、私は出来が悪いので生徒にしてもらえない。時折お時間を頂いて教えていただいている。

東北復興総合打合せ

関係者が集まって大きな事業の打合せをしている。仕事は多岐に渡るわけだが、地道に積み上げるしかない。コンサル、ゼネコン、設計者、ファイナンス等時間をかけて色々な方と調整中。決断すれば出来る、と思っている。しぶとくやるしかない。大義のあることだから。

2015年01月07日

六無斎、八無斎

江戸幕府の伊達藩で反体制派の武士がおり、版画で体制批判のビラを作って主義主張をしておられた。幕府はその武士がけしからんということで解任されてしまった。
武士は「親は居ない、妻は無い、子も無い、仕事も無くなり、金も無く、やる気も無くなった」といい、周囲では6つの事柄が無い厳しい状態を「六無斎」というようになった。いわば人生失望のどん底の状態をさす言葉となった。
ところで3.11の事件は六無斎にさらに、家が無くなり、遺体が無いという想像を絶する厳しい事件でありました。八無斎であります。東北の復興は当事者でなければわからないものがあり、特にいまだに肉親の遺体が無いというのは一生あきらめられない。心の傷は私共の想像を超えるものがあるのでしょう。私の出来ることはせめて家が持てるようにすることぐらいでお役に立ちたいと思っています。復興に寄与したいと考えて多方面に働きかけしてきました。幸い政府の理解もあり、土地は無償で提供してくれるということになりました。家は800万円ほどの補助金が出ることになりました。家が流された方の二重ローンが課題になっておりましたが、ようやく古いローンは本人1割負担で9割を銀行又は政府が免除することになりました。家を建てられる方はもう少し工夫をして実現してあげたいと思っております。
この度松島で100戸の計画を進めることになりました。太陽光を30kw搭載して売電を20年間行い、住宅ローンを返済するというもので、中央大学井村教授の発案でまもなく推進協議会が発足し、実現しようとしています。HABITAとしては、是非参加したい。太陽光メーカー、設備メーカー、建材資材メーカーの協力を得て先ず10棟ほどのモデルをつくりたいと打合せをしています。4月初めにもモデルの完成予定。

ゼロエン住宅

井村教授発案の設計3案打合せ中。コンペを行ったので入選案も入れることになり、久しぶりに図面を書いている。ゼロエン住宅は実現出来ると思っている。

2015年01月06日

高層住宅・事務所調査 

朝より都内物件を見てまわっている。都内の工事費が大幅に上がったので、事業が成立するには土地代金を圧縮しないと成立しない。土地代も上がっているので難しいところにきている。

2015年01月05日

財団、銀行まわり

財団には役所の方も見えられておるので、財団の新年会に参加し、昨年お世話になったこと、今年おせわになることを申し上げて新年の挨拶としました。銀行には今年から始まる5ヵ年計画を住宅の仕事を中心に幅広い仕事をするので理解していただくよう資料持参説明をしてまわった。前向きに取組んでいただける意向であった。

2015年01月04日

東北で開発事業

東北では除染の仕事を本格的に取組んでいる。水の浄化、土の浄化、空気の浄化と進めるべく、研究を進めております。長きに渡るものなので、多くの方にご参加いただきたいと思っている。開発事業は東北に土砂が大量に必要ということで、生産をどうするか検討を始めました。土砂を活用した後の土地は何に活用するかを現在検討中。今年度中に決めたい。
一日早く出社して、HABITA CRAFTのメンバーと東京で東北復興の策を1日行っている。

2015年01月03日

これから10年景気はいい

アベノミクス効果により景気が良くなっていると報じられている。東北の復興で大きな資金が投じられているので景気が良くなっているのだと思います。神戸淡路地震の2年後、日本は大変な景気でした。東北の復興はこれから10年をかけて莫大な投資が続くわけで、景気を大きく伸ばす結果になると考えております。除染の仕事だけでも30年間で100兆円国家予算と同じ投資が行われます。東北の復興は何百兆になるのか、正確な数字はない訳ですが、国としては大変な投資を余儀なくされ国債が大量に発行されるわけです。国債は国民が買っているわけで、いわば国に貯金をしているようなものですから国の財政が悪くなるとは言いがたい。復興によって投資されたお金が回るので景気は順調に進むものと新年にあたり思っております。仕事がやりやすくなるということでしょう。

三澤ブログを検索:
アーカイブ