MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2015年04月30日

公認会計士事務所

MISAWA・internationalが7月決算、HABITA CRAFTは6月決算、エムケーが6月決算。

2015年04月29日

バイオテクノロジー

ヨーロッパ中国から家具を輸入しておられる企業で薔薇の栽培を家庭で行うと主婦としては大きな収入になるという仕組みを始めておられる企業がある。1年に12回バイオテクノロジーの一つと認識しておる。どのように住宅に取り入れられるか研究をしているところ。

優れたドア

ドアは毎日何度も開け閉めするので住まいの中で必要な存在です。今日説明を受けているのは日曜日何度も使える優れもので関東に工場もあり工場より直接購入できる仕組みになっている。ドアの窓枠は非常にシンプルに出来ている。ドアの素材は素晴らしい。ドアの品質がよく私が今まで見た中で一番の出来です。今後HABITAでドアを使う時様に検討を進めている。

2015年04月28日

東北の除染

除染には土、水、空気の除染の3通りあり、一般的には土の表面をかき集めて除染とされているが、実際に怖いのは水であって飲み水がどうなっているのか、農作物のため池の水がどうなっているか手が付いていないのが現状です。空気についても深刻で車のラジエター、家庭の空調機、自動販売機の熱交換器が汚染されているのをどうするか手が付いていない。当社では環境省から選ばれている技術システムを活用し、事業化に向けて進める訳ですが、福島県で約3000ヶ所、宮城県で約6000ヶ所のため池を復活させて将来の再生につなげたい。プラントの完成を急いでいる。

2015年04月27日

神奈川県のコミュニティ

コミュニティの建設が落ち込まれ、戸建て住宅150戸タウンハウス100戸の事業化ができるか現地調査をしている。提携店と協力して実現した。

都内再開発

土地の取りまとめが最終段階に入ったので設計事務所と打合せ。採算は限界に近く、建設費の合理化、容積緩和などが無ければ事業化は難しいことなる。東京の土地の値上がりも限界に達している現状。

2015年04月26日

世界標準仕様

自宅で新商品世界標準仕様を検討した。

2015年04月25日

中国の取引

私が中国の取引で成功したのは北京に100戸の戸建て賃貸住宅を30年前に作り、現在も優良なコミュニティとして残されているものである。隣に同じスケールのものを自社で建設し運用したところ家賃の回収が難しく事業としては失敗した。世界最大の企業万科でHABITAの大規模な教会を建設し成功した。中国に工場を作ったM WOODを上海に建設したところ労務管理、品質管理以前の問題で工場は稼動することが出来なかった。現在中国国内の資本と住宅産業の資本で新たな住宅事業を模索している。日本の住宅は耐用年数が短いとあまり評価されていない。今後は100年使える建築でなければならないと考えている。原材料が少なく、技術社が少ない国なのでどのように取組むか検討中。

2015年04月24日

頭の良い子が育つ家(商標)

新たに提案が持ち込まれ、子供の成長に合わせ家をどのように変えていけば脳にいい発達をもたらすかということで、様々な工夫をされている。私は「住まいは巣まい」で子供の為に住まいがあるということを奨めているので同じ考えであった。大学6校と協力し進めている。子供服のメーカーも提案している。お客様がそれぞれ対応すると金額も大きくなり実現性がない。当社で活用させていただき、お客様の負担が少なく出来るのはどうかと考えている。近く内容をお知らせします。

ヨットの帆は倒れている方が早く走る

ヨットの帆が海面に届くほど倒れている場合ヨットが着水するのではないかという風に見えるのだがヨットには錘がついておりそのようなことにはならない。最高なスピードを出しているのだ。会社の経営も第三者からみると危なげに見えるが対策を講じていれば安全ということ。以前ダイアモンド社でミサワホーム危機説を記事したいという申し出があり私と岩佐編集長とのやり取りはヨットの話しでまとまり、記事としてそのまま掲載されたことがあった。その岩佐さんがHABITAに役に立つ話を持ってきていただいた。ありがたい話である。

2015年04月23日

バイオテクノロジーで薔薇

自宅の庭に14坪の温室を作り薔薇を植えると月間16万円の所得になる。投資は300万円かかりますが3ヶ月から毎月16万円の収入になる。22年間の売上は2880万円となり、住宅の値段を上回る金額となる。手入れは毎日1時間程度水を与えることで収穫が出来る。原料は長期契約で買い上げていただくことになっている。花を咲かせることも楽しいのだが、花になる蕾の段階で製品の原料にする。薔薇はオイル、パウダー、スパ、化粧品会社、ホテルでの原料として供給される。毎月16万円は1時間程度の時間で家で行えるので、良い仕事ではなかろうか。2倍の規模で行えば当然2倍の利益になる。バイオテクノロジーはかねてより注目しておりましたが、家庭でのビジネスになろうとしている。ご関心のある方は資料差し上げます。私もやってみたいと思っている。

2015年04月22日

内田建設さん

ミサワで一番古い工務店である内田工務店さんにお邪魔している。新潟の出身で50年のお付き合いになる。発展されてミサワホームとは関係の無い仕事を独立して行っており会長、社長共に元気だ。

2015年04月21日

大阪オーナーズ倶楽部

ミサワホームOBで元近畿ミサワ社長の笹田さんが退職後異業種交流の場所としてオーナーズ倶楽部を立ち上げており、今回50回目ということで呼んでいただいた。私は1回目より時折伺わせて頂いている。異業種で色々な方と合うことができビジネスチャンスがあると気付かれた方を中心に参加されている。退職後暇をもて余す人が多い中、忙しく人脈をつくられておる笹田さんに敬意を表したい。

何かやろう

東京ミサワの社長坂本さんが退社されてMRDのOBと活性化してきた東京の市場で新しいことをしようと打合せをしている。

HABITA 京都リヴさん一流に

京都リヴさんは不動産仲介から始まりフランチャイズのセンチュリー21に参加しており、子会社を多数店舗展開している。本業は不動産としているが、住宅部門に参加され展示場にも挑戦された。この3年色々な経験をされている。一方学生さん向けの住宅コンペも始められ3年になる。この度京都長岡京に写真のような素晴らしいロケーションにモデルを建てられた。一流の設計士、一流の施工、監理、一流の職人に恵まれ素晴らしい建物が出来上がった。これだけ洗練された建物は珍しくリヴさんが一流の住宅会社になり私としては大変嬉しい。益々の発展を祈念いたします。

2015年04月20日

東証説明会

東京プロマーケットに上場している企業が投資家に説明する機会があり、現状と今後について話をさせていただいた。住宅はもちろん、高層住宅もやっていること、エネルギーの関連事業として地熱発電と太陽光発電の将来についても話をさせていただいた。

大阪にて荒井取締役と打合せ

大企業のリゾートの開発が持ち込まれどのように推進していくか専門家に同席いただいて打合せをした。

2015年04月19日

東京電力

東京電力、東北の3.11について収束はいまだ見えていない。東北災害の全体像が見えないのと同様の状態にある。東京電力はどのような形で進むのか色々検討されているようだ。大企業ゆえにその方向によってエネルギー事業の様相が一変するかもわからない。東京は何といっても最大の消費地域なのでその動向が注目されている。

2015年04月18日

HABITA CRAFT東京支店

HABITA CRAFTの役員が2名と今年度の売上、事業計画について打合せを行った。

2015年04月17日

ダイキアクシス来社

東北復興のプラント建設を相談している。実施設計にあたって説明を受けた。
2トン車3台で機材を積み、ため池の放射性物質を除去する。実物は6月末に出来上がるので東北でお披露目をしたい。

東京都内再開発

当社の弁護士のご紹介でファンドが取組みたいということで大きな案件の調査検討を進めている。3案件。

2015年04月16日

高山市に

外国人向け紹介のギネスブックに岐阜県は高山市と白川郷と飛騨高山美術館の3つが載っている。時間があったので3つの名所を訪ねている。

2015年04月15日

電力会社来社

自然エネルギーの開発に意欲的に取り組まれている会社に来社頂いている。時間のかかる地熱発電について力に慣れればという話でした。

時折話し合い

第一生命、三菱商事、ミサワホームOBの方々が時折尋ねられ事業のお手伝いになることがあればということで意見交換を行っている。住宅産業は色々な方の協力が無いとできないので大変ありあがたい。

2015年04月14日

住宅設備ユニット

台所、キッチン、風呂、洗面所、トイレ、洗濯機、湯沸し機、冷蔵庫、冷暖房機など設備機器を一括したまとめたユニットが出来ないかと進めており、試作品が出来たということでHABITA提携企業と共に来ている。まだまだこれからというところ。

2015年04月13日

HABITA CRAFT役員会

東京支店が出来たこともあって、役員会を東京で開いた。今期3ヶ月の見通し、来年の打合せを行った。東京に2名東北に2名を社員の増員をすることになった。

2015年04月12日

東京都内再開発案件

山手線に接した再開発案件が持ち込まれ当社の役割を検討し現場視察中。

2015年04月11日

飛騨高山

飛騨高山美術館はギネスブックに三ツ星で毎年紹介されている。海外からの観光者向けに国内100箇所ほどの名所と共に紹介されており、美術館のオーナーはバウハウスに関心を持たれていることもあり、訪問をして意見交換を行った。歴史を超えてうったえる巨匠の作品を見せていただいて私も仕事をしなければという気持ちになった。途中高山市の高層住宅物件2件、工場建設用地1件を見て帰京。

2015年04月10日

ミサワOB坂本さん友人と来社

宅地建物主任を紹介していただくために来社いただいた。HABITAの関係会社でお願いしたいと思っている。

WWB 龍社長と会食

東北大学の開発の4倍効率上がる太陽光について福島で実現したいということで当社で出来ることを打合せした。大きな技術開発が生産技術があいまって優良な商品が市場に出回り圧倒的な強さを示すことになるだろう。

2015年04月09日

シェアハウス伸びる

若い人が個室を確保しながら水廻りは共通して利用するシェアハウスが普及している。非正規社員が1030万人となり正規社員を今年上回った。非正規社員は待遇が悪く保証金が払えないので割高でもシェアハウスを選択することが広がっている。主として仕事のある東京が中心で、若者が多く集まっている。シェアハウスを事業化した企業が急成長しており、建物を建てて投資家に売る。投資家は1000万円程度の利益になる。ローンを組んで1億円前後で購入。利回り10%で不動産としては高利回りとなる。シェアハウスを進める会社は入居者を付け、入居者を対象に就業サポート、稽古、出会い、結婚、旅行、食事、買い物、ポイントサービスなど入居者にメリットのあるサービスをしている。
入居者も良く、投資家も良く事業推進するものもいいという事業を東京で意欲的に進めている。

2015年04月08日

大伏社長来社

太陽光の20KW搭載のスマートハウス建設がきっかけでヨーロッパに太陽光発電メーカーの招待で行かれるということで、立ち寄られた。お若いので金沢進出など色々な事業計画をもっておられる。

夕方、東京都市開発

長きに渡ってお世話になっている弁護士に再開発案件に地主と共に打合せしている。

2015年04月07日

東京都内の産業廃棄物

比較的大規模の土地を入手する予定があり、産業廃棄物をどう処理するかということで、元ミサワOBの会社のアラックスで打合せを行っている。

2015年04月06日

HABITA CRAFT東京支店

麹町の事務所に東京支店があり、数名在籍の予定で高層住宅の現場を4箇所進めている。今日は工事会社と打合せを行っている。

2015年04月05日

新商品の開発

前々から設備関係についてある思いがあり、この様な日曜日が一番嬉しい。自宅であれこれ古くからの考えを取りまとめて新商品に出来ればと考えている。

2015年04月04日

北青山会計事務所

HABITAの提携店で人手不足で総務経理が充分でない会社が何社かあり、会社の状況を改善すべくお手伝いしていただくこととなった。訪問したところ、30名ほどの30代の若い方々が全員起立して挨拶していただいた。今時珍しい会社でやる気があることが理解できた。

2015年04月03日

住宅産業研修財団、CP、大工志

住宅財団の草分け的存在で、最近力を入れているCP会員は500社を超え、毎月財務省、経産省、国交省の方針発表の場となっている。熱心な会社が500社参加している。もう一つ大工育成塾は一人前になるのに10年かかるといわれるところを3年で一人前になる大工育成を達成している。座学を含めた実務経験を550名卒業されておられ、約半数が大学卒。約半数が高卒。今期で13期になり、今後住宅産業の経営者が生まれる可能性が高く注目されている。大工志は意気軒高の方が多い。

2015年04月02日

エムケーさん来社

専務さんは群馬で一戸建て、賃貸住宅建設を行っており、業績をあげておられる。デザイン、コストが優れているので、HABITA CRAFTが出資して現在連結会社となっている。
今後の計画を見せていただき、さらに優れたデザインとコストダウンを目指すため、新しい技術の導入をお奨めした。今後が楽しみの会社。

新東京グループ来社

当社の計画している東京の建物の土壌処理について専門的なアドバイスをしたいということで来社され、意見交換をした。

2015年04月01日

宮城県県庁挨拶

宮城県で開発案件があり、県庁の挨拶周りに来ている。既に受け付けていただいているので手続きが順調に進んでいる。

地熱勉強会

電力会社と地熱開発の勉強会をした。時間がかかること、コンサルが重要ということで以前から考えていたことと同意見であった。大手住宅会社が特別目的会社を作って行うのがいいのではないかとアドバイスを頂いた。国も同じ考えだと頂いた。ディベロッパーとしての立場を進めたい。

三澤ブログを検索:
アーカイブ