MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« ヨットの帆は倒れている方が早く走る | メイン | 世界標準仕様 »

01

中国の取引

私が中国の取引で成功したのは北京に100戸の戸建て賃貸住宅を30年前に作り、現在も優良なコミュニティとして残されているものである。隣に同じスケールのものを自社で建設し運用したところ家賃の回収が難しく事業としては失敗した。世界最大の企業万科でHABITAの大規模な教会を建設し成功した。中国に工場を作ったM WOODを上海に建設したところ労務管理、品質管理以前の問題で工場は稼動することが出来なかった。現在中国国内の資本と住宅産業の資本で新たな住宅事業を模索している。日本の住宅は耐用年数が短いとあまり評価されていない。今後は100年使える建築でなければならないと考えている。原材料が少なく、技術社が少ない国なのでどのように取組むか検討中。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ