MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 自己修正 | メイン | 社内打合せ »

01

M&A

会社が既存の会社に出資して、協力関係を作り上げるM&Aの手法は会社の拡大していく場合、時間が短縮できる魅力的な方法です。もちろん先方の現経営者との十分な理解があって成果が上がることは言うまでも無い。日本でM&Aという言葉が出来る前、40年ほど前にアメリカのプリッツカー兄弟と親しくしていた。プリッツカー兄弟はロシアから5ドル持ってアメリカに渡ったということは有名でありますが、バンクオブアメリカ、アメリカエアラインを初め異業種の株主となり、一代で大企業グループを成功させた。大手企業はどうやって買収するかということを私が30代の時アメリカでプリッツカー氏より学び、いずれ日本で実践したいと思いミサワホームでM&Aした。上場会社は8社あり、一部上場のエタニットパイプは、ミサワリゾートになった。二部上場鈴木鉄鋼はミサワバン、二部上場アマノ工業はミサワセラミックとなった。石井精密工業は買収後売却した。皆さんミサワホームの事業となり貢献していただいた。色々な企業と提携して目的を共有することが出来れば成功だ。買収側はいかに実力をつけるか経営手腕が問われ、私は再びM&Aに取組みたいとも思っており、日本でもっともM&Aの成功した会社はエアウォーターの青木会長で同じ考えで親しくさせていただいている。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ