MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 家相の科学 | メイン | 人材でなく人財にする »

01

孟子三選の教え

孟子を育てたお母さんが子供の成長に合わせて3回住まいを変えたというのは有名な話でありますが、優れた人材を育てるには現代社会でも考えなければならないと思います。
良い幼稚園がある、交通にも安全なことが小さな子供さんに良い環境といえるでしょう。次に小学生の6年間はどうするか、次に中学高校の6年間はどのように考えるか、が課題であります。人生に影響のある場所を考えることになるでしょう。アメリカでは住みやすい環境を6年ごと平均7回で住み替えています。日本の住宅事情では難しいものがあり、理想を追うには難しいですが、子供さんの環境に相応しい環境をどうつくっていくか、また住まいを手放す時、財産として住宅がどうなるかを考えておかなければと思います。私は次のように考えます。独身時代は安い単身用アパート、シェアハウスでも良いのではないでしょうか。新婚時代は子供が居ないので通勤に便利なマンションライフとし、子供が出来たら環境の良い郊外に住まう、子供も家を出て行く時期にはお客様を迎えられる住まいを考えていかなければならないと思います。定年後、趣味を生かして1Fを事務所、店舗にして収入付き店舗にする。働けなくなったら3世代住居にすることをご提案します。最後はケアハウスをということでしょうか。以上で7回になります。住むときに計画を明確にし、財産として資産が増えるように考えて、間取りが個性的でなく次の方に譲れる家にしたほうが良いです。庭、塀は育てて付加価値を増やすことを考えてください。地域住民と共に住民協定をつくることは良いことです。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ