MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2015年10月30日

東北土地調査

街づくりをするため、該当地の調査を行っている。

2015年10月25日

リース会社さん来社

リース会社さんが今後の打合せについて今後の事業展開について早朝より打合せさせていただいた。新しい仕事なのでリスクもありますが何とか奨めていく予定。

拓殖設計さん来社

15年前北海道の大きな宅地開発をきめ細かく設計を見てもらった拓殖設計さんが今後の仕事に協力したいということで社長が見えられた。日本の宅地造成はゼネコン、特に土木工事が中心に進められ住んでからの不具合が多いところを拓殖設計さんは具体的に解決されておられる。

2015年10月24日

太陽光発電

愛知県にある会社で全国展開しており、既存住宅にソーラー発電の取り付けの仕事を行っている。年間1000件の事業実績を持っており、成功している。近い将来4倍の発電効率となる企業との業務提携が行われることとなった。ソーラーパネルを屋根に取り付ける業界は今までに無く、屋根屋さん、電気屋さんの仕事ではなく、新しい業態が必要だと思っていた折、今回の新しい分野で切り開き、来年、再来年大きな仕事となると伺った。

2015年10月23日

業界講習会

住宅業界の方が勉強会を開いており、日ごろお世話になっている立川先生のご紹介で呼ばれており、業界の今後のあり方についてお話を聞いていただいた。若い経営者が多くこれからも住宅産業が必要ということで真剣に聞いていただいた。

2015年10月22日

地主さんと会う

街づくりをするため、復興に役立つ仕事をするため地主さんの協力が必要なので現地に来ている。長いお付き合いになっており、感謝しております。進展したいと考えている次第です。

2015年10月20日

管理組合

敷地内の庭、樹木はそれぞれが管理するとして、歩道、公園の整備は町全体として出費をして作り上げなければならないことになる。マンションで管理組合が積み立てをしているのと同じ方式なので日本で根付くのも早いかも知れない。

2015年10月19日

街並みに共通のものがあれば綺麗に見える

1.大きな大木がある。出来れば巨木が良い。
2.住民は生垣を生かして街並みを揃えると評価が上がる。生垣は塀に比べて交通事故が少ない、防犯になる、火災防止になるなど特典があります。
3.車を駐車する場所を最初から用意し、セットバックして建物の位置を揃えると街並は綺麗になる。
4.屋根の材料などを統一すると街並みが揃う。
5.電柱を地下埋設し電柱の無い街を作る。その他の細かいところについては信号や標識など、住民のセンスが生かされるとなお良い。

2015年10月16日

ランドプランニング

ランドプランニングで地形を生かして、山、丘を削る事無く、樹木と樹木の間に家を建てる手法があります。樹木が家の位置と重なる場合樹木を移動させ、何十年かかっても樹木を生かすことを心がける。日本は高度経済成長で急いだ為、ランドプランニング手法をとらなかったこと、急勾配でランドプランニングに合わなかったことなどからこの手法が進んでこなかったことがあります。また地名に川、河、窪、沼などがつく地名は水害に会う可能性が高いので人が住むところとしては難があるかと思っています。

2015年10月15日

長期優良住宅

当社が進めている200年住宅は長期優良住宅であり、長期優良住宅は政府が進めている為だいぶ普及している。個人的には長期優良住宅をさらに耐久性を長くするため、1.家は標準的でなければならない。2.屋根の形は切妻で雨はけがよくする。3.基礎は高くする。などのいくつかの方法を考えている。

2015年10月14日

年々値上がりする住まいを作りたい

日本では住宅の購入をし、鍵を渡されたとたんに価格が下がると言われている。最近のマンションの事例を見ても責任ある体制が確実視されていないことが透けて見える。良い企業というのは規模が大きく、信用のある企業ということではなく、毎年値上がり率の高いことを実行している企業ではなかろうか。住宅の三種の神器はランドプランニング、住民協定、管理組合である。日本でも実行しなければいけないことだと思っている。

2015年10月13日

宮城県に

被害の大きかった石巻市に来ている。意欲的に復興が進んでいる現状の中、必ずしも住みやすい状態かは疑問。木を生かした住まいが望ましいのでどのように進めるか地元先生方と打合せをしているものの、話はかみ合わない。現実としてどう詰めて行くか今後の課題です。

2015年10月10日

ミサワホームOB

開発案件を紹介してもらって、案内をしてもらった。投資家が一緒に事業をやりたいということで、当社とのすり合わせを行った。

2015年10月09日

太陽光メガソーラー

買取り価格の下落と共に、先行きの見通しを失った45件ほど案件がある。その内現実的に完成するのは1割程度と思われるが、条件のいいものは実現に向かって進めたい。

2015年10月08日

再び仙台

宅地候補地を探しに仙台をまわっている。新しく始める宅地なので、緑の高木がある場所で小高い丘を探している。生活利便施設として当然、医療、食料、ショッピング、交通環境が無ければならないのでなかなか難しい。

2015年10月07日

住宅アフターサービス企業

色々な希望がありメンテナンスもあり、住宅を進めている企業の悩みである。建て直す方法を50年前創業時に東急不動産さんと実験的に同じ住宅地で東急250戸、ミサワホームで250戸やってみた。5.6年やってみた結果、売上の3%もかかり、事業にならないのではないかということであった。3%の費用は毎年の売上の中から捻出されるので大変ですが、売上も永続的に費用が発生するので会社が行き詰ることがない。3%は非常に大きいというより、重たい金額ではありますが、これを乗り切らないと一流企業になれないということであります。今日住宅産業から撤退したという企業の社長さんが見えられて、これからのメンテナンスについてどういう風にするべきかと相談があったが、これからはメンテナンス事業、リフォームする企業が受け継げばいいのではないかとアドバイスをした。

2015年10月06日

200年住宅の延長線でやりたいこと

200年住宅は私共の提案で世の中に定着してきたと自負がある。長期優良住宅というと大手住宅でもほとんど取り上げているし、地方の工務店でも取り上げているようになった。さらに街づくりをしたいと考えており、かねてよりランドプランニングと住民協定、管理組合の充実を図るべく東北の大きな需要に合わせて適地を検討中。

2015年10月05日

WWB 2社を紹介

太陽光は低迷している中近い将来4倍の効率で発電が出来、1w10円以下の原発以下の発電が可能なものを奨めている。こういう企業が成功していただきたいと思い、今日は電気設備会社で太陽光発電事業を行っている優良企業をご紹介した。今後の中部圏の拡大に双方で協力していけば良いと思っている。埼玉県でも急成長している企業があるので、またご紹介し販路拡大につなげたい。

2015年10月03日

仙台宅地開発用地

引き続き仙台周辺の宅地開発用地を見て回っている。
仙台周辺は東北の人口が集まっており、優良な宅地がほとんどない状況で、新しい供給が期待されている。仙台周辺で、前年度対比20%伸びているところもある。

2015年10月02日

東北地区の開発案件探し

東北に理想的なコミュニティを作りたいということで数箇所見てまわった。これから作り上げる以前に、住宅地に適していないとならないので、見つけるのがなかなか難しい。3.11以降ずっと見て回っているが、やはり適地が見つかっていない現状。

2015年10月01日

監査法人

監査法人から毎年MISAWA international、HABITA CRAFTの審査を受け、改善中です。本日代表から会社の活力を持って進めるにはどのような人材が必要かという意見を頂いて大変貴重な意見だった。

三澤ブログを検索:
アーカイブ