MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2016年01月28日

同年の社長

同年の社長で以前より地味な社長、ここ2、3度お会いし意気投合している。社長がおっしゃるには人間は良いところと悪いところがある。どんな人でもかならずある。私も良いところと悪いところがある。三澤さんも良いところと悪いところがある。2人で良いところだけ出し合って仕事をしたいと考えている。1+1は3になる。私は橋をたたいて歩いてきた。三澤さんは橋をたたかないで渡ってしまう人だと言っておられた。私のことをフォローして新しい発想が出来るのですねと言ってくださった。意気投合して新しい仕事をすることになった。昨日から良い話がつづく。


2016年01月27日

40年来の友人

友人が東京でベンチャーで仕事を始めた折、社員も増えたので講演を頼まれ2度ほど訪れたことがあった。その後ジャスダックに上場、2部に上場。現在1部に上場されている。住宅もおやりになっているので一緒に仕事が出来ればとお訪ねした。超高層ビルのエレベーターを降りたら目の前に数名の女性が立っておられ、赤で歓迎、黒で名前を書いた大きな紙をもっておられた。大変なご招待を受けて感激して社長室に入った。昔からの友人なので話はとんとん拍子に進み、是非仕事を一緒にしようということになった。一緒に進めていきたい。

2016年01月23日

地下付き一戸建て

都内で土地を購入して住宅を建てるのは至難のわざとなっている。最近のマンションの不評から一戸建てが見直されている。そこで工夫されているのが地下を活用し、3階建てとし、地下は地面に顔を出しているので光、空気に問題はない。東京都内で一億円を超えない一戸建て住宅が注目されるだろう。できれば向こう3軒両隣と統一して完成されればなお結構な住宅街となる。ランドプランニング、住民協定、管理組合を整えれば値上がりも期待できる。

2016年01月20日

東京で高層住宅が不振

基礎工事の問題からマンションの全戸数建替えの話をニュースでもよく聞く。他にも青山のマンションが耐震基準に合わないということで建替えすることになったそうだ。東京直下型地震の事もあり、マンションを問題視する風潮が生まれている。日本ではマンションの価格は高層階が高く、中層、下層が安くなっているがそれはおかしい。災害になった場合、高層では階段で降りなくてはいけない。亡くなられたお年寄りもいる。高層は電気、水道、下水等のインフラが途絶えた場合、地獄と化す。

2016年01月18日

まさかはある

人生は良い時と悪い時があって良い時を上り坂といい、悪い時を下り坂という。今は上り坂だからどんどん行こうとか、悪い時だからちょっと足踏みをするか、と言われている。上り坂、下り坂ともう一つの坂、「まさか」というのがある。私はまさかに何度か助けられた経験がある。

2016年01月16日

初釜

毎年東京では裏千家の初釜が始まる早朝より50名程の方々と家元のお茶を頂き、上等な食事を頂き、お土産までいただける。滅多にお目にかかれない茶道具を見せていただける。行き届いた庭は心を打たれる。16日、17日、18日、19日4日間で2500人の方が訪れる。楽しみにして毎年出かけているが、総理大臣を始め、政治家、実業家、文化人など直接話が出来る。10年前、福田総理にお会いして200年住宅の話をしたら、それは良い、国民が豊かになるのだからということで長期優良住宅がスタートした。今年は家をつくって財産とする話をしたが、今一つ受けなかった。日本もまだこれからということだろう。

2016年01月15日

住宅が財産に

日本の住宅が財産になること、お時間頂いて仕組みをご理解いただきたいと思います。
生活が豊かになることは確実です。美しい街は人の心を豊かにしてくれます。日本もただ住むだけの街から、豊かな社会を作り上げ新しい豊かさを生み出す街にしたいと思っています。杜の都仙台の隣の富谷町では700戸の住宅、3つのリビングとしてGS、カフェ、コンビニ、食品スペースが計画され、幼稚園、小学校、運動場、老人ホームがつくられます。街全体は自然の森を40%生かした各住宅に家より高いシンボルツリーを植えています。ガレージがセットバックした無電柱化の街。ランドプランニングの実現です。これから10年かかります。

2016年01月14日

家と樹

家は人間を作ったもの、樹木は神から創ったもの。住宅地で樹木が小さく家が大きく目立つ街は落ち着かない。神様が創った樹木がそびえ立ち、その中に家が納まっているのが正しい。神より人間が高いというのはおかしい。カナダでは樹木より高い家は常識として建て直すことになっている。建築基準法がなくても、美しい街が出来ている。法律より常識がまずあるということだろう。人間は自然に謙虚でなければ住み心地の良い街はできない。

2016年01月13日

四季の写真

お見せしたいものに春・夏・秋・冬、四季を同じアングルから取っている写真がある。日本に生まれ育って良かったと思える写真だ。一度考えてみてください。花は春と秋に咲くと思っている人は多いのだが、実は春・夏・秋・冬も少ないだけで必ず花は咲きます。計画的に育てればお花畑に暮らせることになります。新築直後の写真と10年後の写真を用意し、自然がどのように育てば良いかわかると思います。但し、樹木を多く植えすぎて失敗している例が多い。

2016年01月12日

3種の神器 3管理組合

街には個人で所有しない公園、道路、サインボード等がある。公共任せにせず、街の住民がお金を出しあっていつも気を使うようにしたい。マンションの共有部分は管理組合が成立しているので、一戸建てでもやれるはず。もう一歩進めば、共有のバーベキューパーティができる庭、共有のプール、共有のゲスト用駐車場等、生活をエンジョイする方法はいくらでもある。

2016年01月11日

三種の神器 2住居協定

街を美しく豊かにする為住む方が約束するのが住民協定です。どこのお宅も芝の庭を作り、いつも綺麗に芝刈りをする。塀は必ず生垣とし、交通事故がない街とする。生垣にすると車と塀に人が挟まれない。交差点で車が見える。また生垣は火災の時、隣の家に火が移らない。泥棒が入りにくい等、特色がある。勿論皆綺麗に刈り込みを行わなければならない。
家の位置、カーポートの配置は街並みを考えて計画的に行い、街並みを整える。勿論、地下ケーブル電柱埋設とする。また建物の形、屋根の形を考える。色は同色系として全体をまとめる。海外に行くとため息の出るような街がある。私は日本でも是非実現し、皆様に見ていただきたいと思っている。

2016年01月10日

三種の神器 1ランドプランニング

住宅地をつくる場合、災害が起こらない場所がいいに決まっています。沼、谷、窪などは水害の恐れがあるので宅地に向かない場所となります。また、絶景という場所は台風が直撃するので宅地に向かない場所となります。自然界の動物、特に鳥は今あげたような場所には巣をかけておりません。いつかは大災害に遭ってしまうからです。ランドプランニングに相応しい土地は緩やかな場所で、相応しい場所でありますが、日本では難しい。山を削った造成工事が多い訳ですが、その場合自然に戻すということで植林を試みければならないと考えています。

2016年01月09日

三種の神器

一戸建て住宅の街づくりにあたって、3つの街づくりの要因があります。1つ目は自然を生かしたランドプランニング、2つ目は街を美しく見せる為の住民が協力していかなければなりません。そのためには住民協定が必要となります。3つ目は管理組合。道路、公園を初め公共施設の維持管理は住民が協力して行っていくという考えが必要です。アメリカで高級住宅と言われる日本では見られない快適な豊かな街づくりは三種の神器がきちんと運営されているということになります。

2016年01月08日

住宅が値上がりする条件

5つあります。1つ目2つ目に日本でよく言われているのは交通環境だけですが、良い学校があるかどうかということは教育環境が重要です。病院であるといってもやぶ医者では困ります。医療関係が3つ目の条件です。4つ目はコンビニ、スーパーがあるのは当然として楽しくショッピングができるかどうかということも大切です。5つ目は自然に恵まれた住環境かどうかということです。5つが住宅の大きな目安になりますが、日本では交通の利便施設だけが重要視されており、その他が忘れがちとなっています。今後はこの課題をどう進めていくかが重要となってきます。不動産の重要事項の中に5つの項目が無いということは極めてレベルの低いことを繰り返しているということになります。日本人の意識の改善が望まれます。

2016年01月07日

不動産が値上がりするものを供給する会社が一流の会社

日本でも一生で7回半引越ししている、賃貸住宅から持ち家に引越しをして値上がりすることを考えれば資産の形成になるということと思います。

2016年01月06日

値上がりしない日本の不動産、住宅

諸外国、特にアメリカでは6年間住んで自宅を売却すると平均500万円ほどの値上がりをしている。上手に家のメンテナンスを行えば1000万円値上がりすることも例外ではない。一生に7回平均引越しをしているので、老後の貯えがこれだけでも3000万、4000万になるからうらやましい。建てる、売り逃げる業界ではお客さんに迷惑をかけるばかりである。高層住宅、戸建て住宅は反省して仕組みを変える必要がある時期に来ていると思っている。新築のマンションを購入したとたん20%下がるといわれており、残念なことで仕方がありません。それではどのようにすれば値上がりするかということについては今後お話します。

2016年01月05日

日本一の木材大国

オリンピック主会場が全国の木材を集める。オリンピック会場が集成材大断面で行われることは日本の林業の振興に大きな役割を果たすことになると思います。日本は現在、フィンランドを越えて世界一の木材保有国であります。伐採、搬出の整備を来なかった為外材に頼っている現状から木造建築は日本の木を使うことにしなければならないと思います。木材で大きなものができるようになっており、耐火ビルが木造で出来ております。少し古い話になりますが、世界一大きな飛行機はハワードヒューズ社が木製で作っています。皆さんご存知のジャンボ機より大きなものになります。

2016年01月04日

あけましておめでとうございます

2020年に開催される東京オリンピックの会場となる国立競技場が決定し、今年から開始されることになる。特色は木材でつくられること。集成材でつくられるので、こういった規模でも可能だということ。HABITAでは大断面でここ10年積み重ねており、北海道、北陸、奈良、九州等にありこれまでの経験を活用いただきたいと思っている。大型建築の実績を各工場でも持っておられる。日本では木材の保有国としてフィンランドを越えて隈研吾さんの提案はそういう意味では相応しい提案ではなかろうかと思う。時間が十分あるので関係者とゆっくり勉強会を開いて進める予定です。

三澤ブログを検索:
アーカイブ