MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2016年02月29日

今後の事業協力者と勉強会

3月以降業務提携をして一緒に事業を進めていく方々と打合せを進めている。今建設業は東北復興とオリンピックのことで建設費が大きく値上がりしており、これをどう乗り越えるか各社頭を悩まして様々な工夫をしている。当社も同じ悩みがあり成果を上げたいと考えている。

2016年02月27日

ベトナムODA協会スタート

ベトナムの最大の事業家小田さんと大塚さんの発案でホテルで70社ほどが集まって協会がスタートした。ベトナム紹介する大使を初めとしてコンサル担当の発展途上にある需要がよくわかり、参加者は皆勉強になったといっておられた。
小田さんはベトナム人のご両親で日本に難民として来日、小田さんは日本で生まれ大学を卒業。日本の企業に勤めた経験を生かし、ベトナムで最大のゼネコンとしてファッションなど多方面で活躍されている。 同級生ということで今回の話がスタートできた。ご発展をお祈りいたします。

2016年02月26日

監査法人、証券会社打合せ

HABITA CRAFTの今年度業績を回復する具体的な案を3月中に実施したいと考え、説明をした。

2016年02月23日

ライフステージ(佇まい)

ライフステージは8段階あり、先ず1番、就職して20代は節約してマンションを購入する頭金を得る為、住宅については節約の時代が続く。シェアハウスもその一つ。2番目、結婚して子供がいなければ手入れが楽なマンションライフが新婚さんにはおススメ。値上がりしたら売却。3番目、子供ができたら日当たりの良い戸建て住宅をおススメしたい。子供の成長に関わるので気にすることが増える。4番目、子供が大学を出て社会的地位が上がり客間が欲しい。和風の部屋がある邸宅をおススメする。5番目、定年を迎えて長いことやりたかった趣味と実益を生かして収入付き住宅というライフスタイル。7番目、仕事がもう出来なくなり、孫と暮らす3世帯住宅が良いのではなかろうか。年寄りにも孫にも良い。8番目は医療施設が完備された老人ホーム。住み替える折、財産の形成にならなければならない。日経ビジネス2月22日号、『家の寿命は20年、消えた50兆円の訳』の特集にならないように住まいが財産形成になるよう工夫が必要。

2016年02月22日

断熱ガラスの新しい技術

窓の改善によってエネルギー効率を挙げるということからペアガラス、あるいはトリプルガラスがあり、ガラス自身に塗装をし、ペアガラス同等以上の成果を上げている。既存の建物住宅のみならず、オフィス等にも普及していくだろう。新商品に取り上げたいと思っている。

2016年02月20日

ホテル80箇所建設

有料企業が先を見越して80箇所のホテル計画をしている。土地の手当ての相談、建設の相談を頂いている。積極的に協力していきたいと思っている。

2016年02月19日

大断面木質ラーメン構造

服部先生の集成材の大断面によるラーメン構造の提案。HABITAの構造をさらに発展させ大空間ができるものであり、魅力的なものなので今後取り入れてやっていく。モデルをつくりたい。

ホテル・有料老人ホーム

建築費が値上がりしてホテル、有料老人ホームの採算が厳しくなっている。木構造で出来ないかという引き合いが名古屋からあった。ホテルというと日本では鉄筋コンクリートが多いが、アメリカでは2×4あるいは2×6のホテルが結構多い。日本でも合理的な考え方から普及するだろう。

2016年02月18日

共同事業

土地開発のプロジェクトに当社だけでは限界があるので、共同事業者として商社をはじめ事業会社と検討を始めている。運営会社、大手ゼネコンが入っての検討となっている。

2016年02月17日

投資家訪問

当社の開発案件について関心のある企業と検討を進めている。長いお付き合いになればと期待している。

2016年02月16日

HABITA CRAFT 役員会

群馬伊勢崎で役員会を開き、意見交換をした。

2016年02月15日

訪問

訪問先にてアパートの事業の他に住宅、高級住宅を手掛けたということでどのような仕事を進めているのか話を伺った。頭のよい子が育つ四十万さんと一緒に訪問し関心を持たれたよう。

2016年02月14日

プライベートで松本へ

松本に行く必要があって往復した。地方都市も町並みが年々きれいに整備されて良い経済が順調に進んでいることを感じた。

2016年02月13日

相模社長来社

古くから知り合いで大和証券出身神戸証券の社長を歴任された。神戸証券は野村証券出身の豊田社長が急成長させた会社で会長には大変お世話になった。相模社長は多方面に顔が広く、今後仕事の上で大変お世話になることになった。

2016年02月11日

マンションディベロッパー

HABITACRAFTで高層住宅の建築が仕事に慣れてきたということで、ディベロッパーに私どもの仕事を紹介して今後の受注につなげるべく、オーナーと仕事をしている。高層住宅だけでなく、郊外のホテルを計画をしているが建築費が高く採算が厳しい。木質の構造で出来ないかという課題を頂いた。約1/2で出来るかもしれない。オーナーは大変関心をもち、現地の調査を終え、設計に取組んでいる。

顧問来社

投資家を連れてきていただいて、今後の意見交換をした。古い友人は有難い。

2016年02月10日

楽しい話

建設会社2社、設計事務所2社、環境開発、など多面的に企業を取り組んで進んでいる企業グループがる。学校経営も行っており、学生さんが社会にできることについて自分の経験を生かしてどのように仕事に取り組むか大きな問題を解決しようと都内に約1万坪の建物ができる準備を進めておられる。今日お会いしているのはミャンマーに行って土地を買ってきたということであったので、どのような計画を進めたいのか計画を聞きながら食事を頂いて楽しい話を聞くことができた。

2016年02月08日

ASJ

2500人の建築家集団で多面的な活動をしており、株式公開になっている企業。建築家の半数が登録しており、操業時より親しくしており、この度市街地開発の案件のランドプランニングについてASJに依頼して50名近い方が検討していただいたチームを組んで仕事をしたいと考えている。ランドプランニングの経験については日本は少ないので、期待している。ランドプランニングの開発が進んだのちは、各住戸の設計を100名ほどの建築家からご提案いただいて、大手住宅会社の商品化した住宅とは別にもう一歩進めた高級住宅を100戸ほど建設して町のレベルを上げたいと考えいる。その為に優れた建築家の人とアライアンスをと考えている。今日は開発地の模型の説明をした。

2016年02月06日

高層住宅建設

HABITA CRAFTは昨年より工事をしており現場が10ヵ所ある。2月で5ヵ所が引渡しになる。ディベロッパーとしてはいずれも好評に売れている。コストをどう下げるかが課題。

2016年02月05日

WWB 立野氏 大断面構造提案

WWBは太陽光発電の先端技術を開発する会社で、立野氏は建築部門についていろいろな提案をして活躍されている。今日は新しい提案を持って会社に立ち寄っていただいた。大断面目構造をさらに発展させ、大空間が取れる構造であった。話を伺うと大変優れた工法であるので大型建築に採用させていただいて進めたいと思っている。具体的な新商品も発表していきたい。

京都のホテル

ホテルは全国的でフル稼働で不足している。海外のお客様のおかげでオリンピックまで続くと言われている。観光立国日本になるのかもしれない。当社にも引き合いがあり、大きな案件が持ち込まれ、今後どのように進めるか検討している。

2016年02月03日

マイナス金利でどうなる

マイナス金利で土地は上がるだろうということになった。住宅ローンの金利も下がり、着工件数は増えるのでは。

2016年02月02日

意見交換

二木はお菓子の会社で有名であられますが、二木ブランドでゴルフ用具を販売されているトップ企業で古くからのお付き合いである企業。土地についての意見交換をした。UR出身の方も同席した。

2016年02月01日

頭のよい子が育つ家

東京大学大学院で研究スタート。子供は将来有能な人材として育つには住まいの影響が大きいと以前よりの定説であるが、具体的にどのような住まいを作ればよいかという事について追及され、成果を上げている方がいる。慶應大学発のベンチャー企業である。東京大学が注目し、研究に取り組むことになった。現在、30項目に及ぶ住宅が提案されており中身が充実したものとなっている。私は子育て住宅に取り入れて進めたいと考えており、できれば街全体として取り入れることができればなお効果的と考えている。

三澤ブログを検索:
アーカイブ