MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2017年01月30日

日本の不安100 10相続

相続は何とかなるということで、皆さんお考えがあったと思います。私もそうでした。実際なくなってみると大変ということなります。ご両親も家を手放さなければならないということが一般的。一つの提案として、生前にご子息に借地として土地の権利を分けておくという方法はいかがでしょうか。亡くなられた場合、土地の評価が半分になるということで相続しやすくなります。定期借地法という法律があり、地主側は相続税が少なく済み、購入側も相続税が少なくて済むと考えております。良い方法だと思い、30年前定期借地委員会なるものをつくり、現在早稲田大学の鎌田総長他が法律家を交え勉強し実現しました。ご活用ください。

2017年01月27日

日本の不安100 9住宅の耐久性20年で0評価

昨年、日経ビジネスで日本の家耐久性20年500兆円が消えたと16ページの特集が組まれました。そこには不動産流通の問題、お客様の家のメンテナンスの問題が書かれておりましたが、ではどうするか、という答えはありませんでした。
日本の家の耐久性は26年、アメリカ45年、イギリスは75年であるといわれています。日本はきわめて短く、住宅ローンが終わらない内に家の価値がなくなってしまう現実があります。大手住宅会社、ディベロッパーの責任は重いわけですが、全住宅会社が同じようなことをしており、10年前反省し、私は福田総理に200年住宅を提案し、長期優良制度なるものが出来上がりました。現在の建築の1/3くらいは長期優良住宅の対象でメンテナンスを行えば100年、200年使えるということになっています。さらに、土地の環境問題が大きく関係しています。交通環境、教育環境、医療環境、ショッピング環境、自然環境など5つの環境についてどのように関係していくかは今後大きな課題です。

2017年01月26日

日本の不安100 8持ち家の価値が下がっている

毎年固定資産が下がっている中で持ち家の価格は下がっているとお困りだと思います。家を求める時に6年経ったらどのくらい値上がりするか、12年経ったらどれくらい値上がりするかと明確に考えるべきだと思います。マイホームを作る夢が一杯で若い時の考え方で自由設計で作ってしまうのだと思います。その為、その家を売却するとき、次の買い手が付かないという現実があります。将来家を買い換えることを考えれば家を標準的に作り、次の人が購入しやすいように作ることがベストだと考えます。年をとって家の一部を賃貸住宅として貸し出すとすれば尚のこと計画的にしておくべきだと思います。家の手入れをしっかり行い、不動産評価を得なければならない。そういう共通の考えを持っているご近所、(向こう三軒両隣り)住民協定をしてこなかったのが日本の現実でこれからの日本の課題の一つです。

2017年01月25日

日本の不安100 7定年後仕事が無い

若い人と同じように仕事するのが難しいので資産を運用するという考え方がよい。よくあるのが、アパート経営で、作るのにも資金が必要なので、誰でも出来る訳ではない。自宅を将来賃貸に変えられるように2世帯、3世帯、シェアハウス、B&Bホテルなど当初から設計に組み込んでおくということが出来る方法を近く提案したい。

2017年01月24日

日本の不安100 6老人ホーム

老人ホームは一杯でなかなか入れないという話をよく聞きます。老人ホームが見つかっても費用が高すぎて払えないという現実も多い。老人ホームに入らなくて済むように健康に気をつけて自宅で収入のあることを考えなければならない、そんな時代になった。さて何が出来るか。以前、住宅の1階で趣味を生かした仕事をするスペースを付けた住宅を発売したがうまくいかなかった。今回は新たな提案をしたい。

2017年01月20日

日本の不安100 4親子は理解し合えない

親は子供が社会のことがわかっていないといい、子供は親は今のことがわかっていないと思っている。価値観の相違があるのは当たり前で、必ずしも悪い話ではないのではと思っています。道徳とか、正義とか時代を超えて変わらないものと変わっていくものがあって話が合わなくなるのは当然です。

2017年01月19日

日本の不安100 3働く若者が減る

子供さんが少なくなり、出生率が下がっていることから今も若者が減り、若い人達が年配者の生活を支えるのは大変だという。その為に少子化対策として休日を増やす、育児休暇を増やすという内容を政府は進めておりますが、根本的な対策にはなっていない。半分は臨時雇用で忙しくなれば雇用し、そうでないときは減らせる社会になってしまった。会社にとっては誠に都合のいい話であるが、働く若者にとっては不安定な生活が続く訳ですから、精神的、経済的余裕がない。これが少子化の理由であります。派遣会社があり、大臣が会社の会長を引き受けている情けない状態であります。大企業は人材派遣会社があり、人材を雇用し、そこでテストをしながら本採用する。アメリカのやり方を取り入れている少子化の根本にあり大問題です。

2017年01月18日

日本の不安100 2年金では生活できない

年金はご承知の通り、日本の年金では生活費程度にもならないという現実があります。蓄えたお金を使い、やりくりしているというのが現実の姿でしょう。年をとって改めて資産を作っておけば良かったと思うことと思います。資産で長期に渡って努力をすれば増やすことが出来るのが不動産、住宅であります。後でしっかり説明させていただきます。住宅は資産形成の手法として考えて住宅を移転する都度資産形成を行っていき、生涯給与並みのキャピタルゲインを得ているという社会があります。日本もそのようにしなければならないと考えます。

2017年01月17日

日本の不安 100 1 80~100歳へ

日本人は経験の無い社会に向き合おうとしています。定年から30年、40年生きがいを見つけなければならない。生きがいだけでなく、経済的に成り立つにはどうしたらいいか、健康のこと、考えれば限りなく不安はあります。私は住宅を提供している立場から様々な提案をさせていただきたいと思います。

2017年01月16日

我が国の借金10000兆円

1. 赤ちゃんも1000万円の借金
2. 税収では赤字解消は無理
3. 国債は海外で売れ残り
4. 消費税は10%、20%
5. 財団の整理
6. 学校経営の整理
7. 宗教法人の空き家
8. 行政改革による小さい政府
9. 国の資産900兆円の売却
10. タンス預金の活用

国債の発行により、途方も無い借金の国になっている。根本的に片付けるには国が保有している900兆円の売却をするしかないだろう。本格的な活用が必要であり、様々な分野での活用を検討するべきである。

2017年01月13日

地球温暖化の不安

1. 南極北極の夏は雪がない
2. 海面が上昇している
3. 日本で風速100m/s
4. 異常気象 冬寒く夏暑い
5. 川、土の汚染
6. 森を切ると戻るのに100年かかる
7. 地球人口は増え続ける
8. 残った資源1/3
9. 日本人の寿命20年に
10. パリ協定

温暖化は南極、北極で水が解け海面上昇している。銀座、丸の内は海抜1mでやがてこのままだと水没する。異常気象は九州に風速100mの風を起こしており、100m/sの風が東京に吹けば設計基準を超えビルは倒壊する。地球は年々汚染されており、地球の資源は少なくなってきた。ある学会では日本人寿命が20年になってしまうので早い段階で手段を講じる必要があると報告されている。

2017年01月12日

原発の不安

1. 原発の最終処理方法は無い
2. 福島の実態
3. 福島の土壌汚染、水の汚染、空気の汚染
4. 見えない保証総額
5. 原発がなくてもやれる
6. 自然エネルギーは人類を救えるか
7. 原発輸出
8. 原発は原子爆弾になる
9. 古きよき時代に戻れば

産業界、経済界は原子力発電を強行に推し進めてきた結果、事故を招いた。福島の事故は土壌汚染が課題となっていますが、実態はさらに恐ろしく、森林の放射能がダムに蓄積され、水道水として家庭用水として供給されている。ガソリンスタンドの洗車場のピットには大変な放射能を蓄えることになっている。大気中に撒き散らされた放射能は家庭の冷暖房器、自動販売機、自動車のラジエーターに放射能が蓄積されており、やがて大きな問題になる。最終処理の決まっていない原発はトイレの無いマンションと言われ、良くないことでありながら、発展途上国への輸出はさらなる問題を引き起こす。原子力の技術は原子力爆弾に移行出来る技術と移行できない技術があり、日本では議論されないまま原子爆弾ができる技術が採用になっている。原発問題は大きな不安を抱えている。

2017年01月11日

失業の不安

1. 失業率 3.4%(2015年度)(総務省HP参照) 
2. 潜在的失業者
3. 主婦的失業者
4. 各社社会
5. 転職は必ずやってくる
6. 資格は何も無い
7. 定年後30年どうするか
8. 生涯給与を考えてみる
9. 死ぬことも出来ない
10. 人間は怠け、楽な方へ

日本では専業主婦という考えをし、    に入っており計算しておりますが、先進国では主婦は失業者という数え方をしている。したがって日本の実質的失業者率は高いことになる。資本主義の矛盾は格差社会を広げており、欧米で問題になっていることはご承知の通りですが、日本でも同じ道をたどっているように思う。一般サラリーマンの生涯賃金はおよそ2億円とされており、その内から年金を積み立て老後の生活を組み立てる形になっている。アメリカでは年金と平行して住宅の資産価値を増やすことにより生涯給与並みの資産形成をする大変な努力を重ねている。日本も改めて資産価値の方法を考えなければならないところに立たされている。

2017年01月10日

住まいが不安

1. 住まいの耐久性20年
2. 住宅ローンは終わらないうちに家が無くなる
3. 価値が下がる
4. 高層住宅はどうなるか
5. 新耐震構造はどうなるか
6. 住まいの安全
7. 二世帯住宅の住み心地
8. 収益物件を持つか
9. 資産価値をめぐる5つの環境
10. 相続

日本の家の耐久性は20年と言われ、アメリカ45年、イギリス70年に比べて非常に短いのが問題。国は長期優良制度を10年前より施行している。この耐久性の短いことから日本国は500兆円の資産が消えたと日経ビジネスは解析している。価格が下がり続けるのは住環境を真剣に捉えていないことが問題で、交通環境、教育環境、ショッピングの環境、医療環境、自然環境、日本では交通環境だけが不動産取引の目安とされており、他の技術については重要事項に義務付けられていない。欧米とはここに雲泥の差がある。家賃を稼ぐ収益物件においても同じことが言える。最後に子供に相続させる場合、子供に相続税により財産を失うと言うことが一般的になっており、生前に借地法を活用し、土地を活用することを考えなければならない。

2017年01月06日

第五章 地震の不安

1. 東日本地震で津波、原発事故
2. 東京直下型地震 30年内に70%の確立
3. 南海トラスト 中部規模広く
4. 神戸淡路地震 木造火災
5. 九州熊本地震は広範囲に群発
6. 発生時は何処に逃げればいいか、連絡はどうすればいいか
7. 谷、川、水、池などはダメ
8. 住まいの不安
9. 都会には住めないか


地震は周期的に必ずやってくるものと皆理解している。忘れた時にやってくる。日本列島は地震が何処で起こってもおかしくない国。世界で一番火山の多い国はインドネシア、2番目はアメリカ、3番目に日本で、世界でまれに見る火山の多い地域で地震がいつ発生してもおかしくない場所である。万が一通勤、通学中にどこに逃げるか避難場所が明確でない。また、瓦礫の下敷きになった場合、携帯電話は使えなくなるのであるが、新たな技術で自分の存在を呼び出すことが出来るようになる技術はある。いつ地震が起こっても避難が出来るデータベースを全国民に届けなければならない。災害に遭った場合に避難するかが現在議論されていない。現在の技術で解明すれば難しいことは無く、莫大は費用がかかるわけでもなく、かねてより行政学会に問いかけているが、一考に進む様子がない。

2017年01月05日

第4章 不況の不安

1. 世界は自国第一主義に向かう
2. 他国の事は構わない
3. TPPの不発
4. 2020年後のミッション
5. 相手に何を
6. 財政出動は無理
7. 消費税10から20パーセントもある
8. ゼロ金利はどうなる
9. 狭い日本で農業立国はあるか
10. 観光立国はあるか

米国新大統領の出現、英国のEU離脱などよその国の事は二の次として、保護主義の考えが蔓延するようになった。日本もグローバル化により発展してきて、途中で思わぬ予想しないことが起こり、次の方法に戸惑っている現実がある。TPPは理想に近い一つのビジョンとして理念が先行し、足並みが揃わず、日本は頑張らなければならない。
今後どのようになるか皆不安を持っており、答えが見つかっていない。国債が1000兆円になっており、これ以上借金を増やすことは出来なくなっており、海外で国債が売れないとの話も聞く。専門家の方の話を聞くことにしますが、ゼロ金利、日本の立場はどのようになっているのか。

2017年01月04日

第3章 企業

1. 10年成長期
2. 10年安定期
3. 10年衰退期
4. 次の産業が見えない
5. 優れた人は恵まれないのか?
6. 世渡り・転職
7. 革新はあるか
8. 古い正しいことを新しい方法でやる
9. 役人、官僚は安定しているか
10. 昇進、昇格は保証されていない

私は従前より企業30年説を感じています。10年は新しい産業として大いに発展し、その後10年安定、そして20年過ぎると衰退が始まる。ここで問題は大学を卒業して40年仕事をするとして、優秀な学生さんは皆安定した企業に就職する。そうすると20代、30代まで安定した企業ですので待遇もよく、何の心配も無く過ごす。しかし、斜陽産業に向かうので企業はだんだん苦しくなり、やがて無くなる運命にある。あまり学業成績の良くない学生さんは安定企業に就職できないので、ご苦労の多い成長産業に就職することになる。20代、30代に苦労するのだが、やがて企業は安定期に入るので30代後半からは安定した仕事が出来る。神様はうまく世の中を作っており、前半楽をした人は後半苦労し、前半苦労下人は後半楽になるようになっているようだ。

日本はめまぐるしく産業が活性化し、戦争で軍艦、戦車を作り、鉄を加工することで重工業が発展した。30年代は海外から化学の技術を導入し、化学工業が発展した。40年代はエレクトロニクス産業で、3Cと言われた。50年代は組み立て工業といい、重工業工業と科学工業とエレクトロニクスをあわせて車やプレハブ住宅が出来た。60年代はITで、コンピューターの発達によりITの革新に繋がった。平成10年まではそれで良かったが、それ以降20年は新しい産業が生まれていない。失われた20年とも言われ先が見えていない。
私は次はバイオテクノロジーではないかと思っている。増え続けている世界人口を養っていく為には高い生産性が必要である。自然の植物、動物のように優れた機能をどう人間が取り込んでいけるか注目していく必要がある。人間が健康でさらに長生きするためにバイオの発展が期待されている。

2017年01月03日

第二章 子供の教育への不安

1. 教育方法がわからない
2. 育費・格差社会
3. いじめ
4. どのようにして才能を見つけるか
5. 子供は親がわからない 親は子供がわからない
6. 大学卒か高校卒か
7. 高学歴は幸せか 競争社会は
8. 孟母三遷の教え
9. 一生に7.5回引っ越している
10. 子供の世話になりたくない


子供に何をしてあげられるか一生に関わる。アドバイスすることが大切と思うのですが。私は5歳の頃、父親に石鹸入れに水がたまらないように穴を開けて来いといわれ、私は穴を開けて父親のところに持って行きました。それを見て父親が上手に出来ている、この子(私)は器用な人間ではないかと思ったと、私は後でこの話を聞いて、今の仕事を始めることに繋がっている。私自身は子供の才能を見つけることができず反省しており、孫の才能を見つけられるよう努力中でありますが、なかなかわからない。今社会問題になっているのは、有名校にはお金持ちのお子さんが増えている。塾に通って良い学校に入れる。親に経済力が無ければ希望した学校に入れないという嫌な社会に陥っている。では、優れた学校に行ったものが成功するという保証は無い。官庁、民間共に、優れたもの同士の仲でも競争社会があり、勝ち得るのはごく一部の人間に限る。早い時期に子供さんの才能を見つけて挙げられれば何より大切なものとなる。

孟母三遷の教え
母親が孟子のためになる場所に住まいを3回変わったという話で、今で言えば幼稚園は安全な場所、小学校6年の基本的なことを見につけるに優れた場所、中学、高校の6年間は優れた先生の下、勉強をすることになる。アメリカでは6年に一度子供の成長に合わせて良い学校のある場所へ転居する。その際大きなキャピタルゲインを得ている。つまり資産形成をしている。平均7回引越しし、年金以上のものを手にしている。日本人の転居も平均7.5と意外と多い。転勤は仕事の都合で引っ越す訳ですが、その際にどのような環境に引越し、どのように財産が増えているかということを考えなければならない。生涯給与2億円程度うまく住宅で資産形成ができればと考えている。

2017年01月02日

第一章 長寿社会への不安

1. 80歳から100歳へ
2. 年金では生活できない
3. 働く若者が減る
4. 親子が理解し合えない
5. 病気の心配
6. 老人ホームに入れない
7. 定年後の仕事がない
8. 持ち家の価格が下落
9. 住宅の耐久性20年でゼロ評価
10. 相続

私共は経験のしたことの無い社会を迎えようとしています。定年が65歳として、それから30年、40年と生きなければならない。何を生きがいにして明確に決めている方は少ないと思います。資産が多少有り、年金で食いつないでいくという人生がほとんどでしょう。資産が無い方はどのようにしていけば良いのか?住宅を扱っているものとして、提案があります。海外では資産形成の方法として生涯給与2億円程度に匹敵する資産形成を住宅で行っている。また、戦後核家族化した行き過ぎが、色々な不幸を招いている訳ですが、多世代住宅にしたり、シェアハウス、ホテル経営を考えなければならないと思っています。

2017年01月01日

日本の不安100

第一章 長寿社会への不安
第二章 子供の教育の不安
第三章 企業30年説の不安
第四章 不況
第五章 地震の不安
第六章 住まいの不安
第七章 地球温暖化の不安
第八章 原発の不安
第九章 失業の不安
第十章 わが国100兆円の借金の不安

10章までについて10の内容を明日からお知らせします。住まいに関わる仕事をしていることからどのように対応できるか提案します。国内で成功している事例、海外で成功している事例など含めご紹介したいと思います。
私の至らないところは専門の先生方のお力をお借りしてご紹介していきます。

三澤ブログを検索:
アーカイブ