MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 日本の不安100 | メイン

01

第一章 長寿社会への不安

1. 80歳から100歳へ
2. 年金では生活できない
3. 働く若者が減る
4. 親子が理解し合えない
5. 病気の心配
6. 老人ホームに入れない
7. 定年後の仕事がない
8. 持ち家の価格が下落
9. 住宅の耐久性20年でゼロ評価
10. 相続

私共は経験のしたことの無い社会を迎えようとしています。定年が65歳として、それから30年、40年と生きなければならない。何を生きがいにして明確に決めている方は少ないと思います。資産が多少有り、年金で食いつないでいくという人生がほとんどでしょう。資産が無い方はどのようにしていけば良いのか?住宅を扱っているものとして、提案があります。海外では資産形成の方法として生涯給与2億円程度に匹敵する資産形成を住宅で行っている。また、戦後核家族化した行き過ぎが、色々な不幸を招いている訳ですが、多世代住宅にしたり、シェアハウス、ホテル経営を考えなければならないと思っています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ