MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 第3章 企業 | メイン | 第五章 地震の不安 »

01

第4章 不況の不安

1. 世界は自国第一主義に向かう
2. 他国の事は構わない
3. TPPの不発
4. 2020年後のミッション
5. 相手に何を
6. 財政出動は無理
7. 消費税10から20パーセントもある
8. ゼロ金利はどうなる
9. 狭い日本で農業立国はあるか
10. 観光立国はあるか

米国新大統領の出現、英国のEU離脱などよその国の事は二の次として、保護主義の考えが蔓延するようになった。日本もグローバル化により発展してきて、途中で思わぬ予想しないことが起こり、次の方法に戸惑っている現実がある。TPPは理想に近い一つのビジョンとして理念が先行し、足並みが揃わず、日本は頑張らなければならない。
今後どのようになるか皆不安を持っており、答えが見つかっていない。国債が1000兆円になっており、これ以上借金を増やすことは出来なくなっており、海外で国債が売れないとの話も聞く。専門家の方の話を聞くことにしますが、ゼロ金利、日本の立場はどのようになっているのか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ