MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 60万坪 | メイン | プレスリリース打ち合わせ »

01

日経より新聞取材

株式会社エコスタイルと当社との取材がありました。太陽光発電は収益が安定しているので、太陽光発電のソーラーローンも普及し、容易に対応できるものとなりました。
日経さんの質問は20年後買取契約が終了した後どうなるかということでした。
太陽光パネルの状態によっては10年程度発電が見込めますので、20年目以降に発電した電力も、その時点での電力取引の市場価格で、引き続き、電力会社やエコスタイルとの契約を新たに交わすことで売電することが可能です。FIT契約終了後はどうなりますか?
太陽光発電パネルの技術革新が進んでおり、現在太陽光のエネルギーを15%の効率で変換している訳ですが、近く30%の変換効率になるものと見通しを立てております。価格は1/2となるよう検討しており、したがって価格あたり4倍の効率になるので、国の援助がなくなった後も競争力のあるエネルギーとして、有望と考えています。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ