MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー



01

2017年08月09日

中国から資材の売り込み

エコスタイルさんとHABITAで「太陽光と家」のキャンペーンを見て、当社の製品を使ってくれないかとのお話をいただいた。民営化1号の会社でヨーロッパ、アメリカに実績が多く、これから日本に進出したいということであった。中国の仕事は難しく、私は4回挑戦し、2勝2敗であったので、勝ち越しになるならやってみるつもり。

2017年08月08日

山本専務33回忌

ミサワホームのOB120名が集まり33回忌が京王プラザであった。それぞれの思いを語ってもらい、今後のミサワホームに協力し、仕事になることは仕事としてやっていこうとの話であった。私は住宅業界で自慢にしている逸材がOBに中に何人かおられ今後活躍されることを祈念している。新しい良い会合であった。

2017年08月07日

茨城県町長来社

茨城県で積極的に街づくりを25年行っている町長が「太陽光と家」日経新聞を見ていただいて、ご当地で東京から通勤が可能なので色々生活に便利な施設も多いことから薦めてみたいとの話であった。住民参加の街づくり、新たな産業のお手伝いをしたい。

2017年08月06日

北島設計打ち合わせ

新しいモデルの最終打ち合わせをした。集成材工場と打ち合わせを行った。

2017年08月04日

消えた500兆円

日本の戦後建った家が耐久性が20年しかなく、住環境が劣悪なことから資産形成につながらなかった。家を買った方は土地だけが資産として評価され、家が0円となっている。失われた500兆円というタイトルで日経ビジネス雑誌に16ページ特集となっている。どのように資産形成するかその第1歩が長期優良住宅であり、次に5つの住環境、5つの街づくりの要因が大切となっている。新しい不動産評価の方法が進むことになるだろう。

2017年08月03日

韓国・中国で

木造住宅が韓国中国で人気が高まっている。日本の上足文化が健康的であると評価され、あわせて木造が五感、嗅覚、味覚、視覚、触覚、聴覚に訴えるということで感性を育てることが評価されつつある。韓国の会社から問い合わせがあり打ち合わせ中。日本の住文化は世界一と思っている。私としては嬉しい。

2017年08月02日

電鉄新規事業

沿線の空き家が増えて賃貸に斡旋しているが、なかなかふさがらない。今後一層増える予定なので、お客様に建築費のかからない太陽光と家をご紹介し、新しく大きな敷地に2棟建て、賃貸で経営するか2棟を売却するか薦めてみたいとのことであった。

千葉県借家

28坪のHABITAの借家を建て、太陽光の売電による収益により建築費を払う計画をお客様とした。駅から近いので借家としての収入と太陽光発電売電で良い投資になればとお奨めした。

2017年08月01日

太陽光と家 4棟受付

東京のお客様で以前お世話になった借家をお持ちのお客様がこのたび太陽光の家4棟を建て替えていただくこととなり、早速現場を見せていただき、地方の太陽光発電の用地を斡旋することとなった。

BOSS取材「太陽光と家」について

太陽光発電に投資することにより住宅を建設することができるという記事を見て取材に来られた。マスコミに話が広がっているようだ。

三澤ブログを検索:
アーカイブ