MISAWA international

HABITAは、MISAWA internationalの大断面木構造住宅の新ブランドです。新しい200年住宅の時代を作ります。



メインメニュー


« 韓国・中国で | メイン | 北島設計打ち合わせ »

01

消えた500兆円

日本の戦後建った家が耐久性が20年しかなく、住環境が劣悪なことから資産形成につながらなかった。家を買った方は土地だけが資産として評価され、家が0円となっている。失われた500兆円というタイトルで日経ビジネス雑誌に16ページ特集となっている。どのように資産形成するかその第1歩が長期優良住宅であり、次に5つの住環境、5つの街づくりの要因が大切となっている。新しい不動産評価の方法が進むことになるだろう。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




三澤ブログを検索:
アーカイブ